電動工具不要♪JUNKな鉢カバーを簡単DIY

玄関に置いているシュロチクの鉢カバーをDIYで作りたいと思っていましたが、実際に作ろうとすると大きくて時間もかかりそうで、断念していました。。。そこで家にあった段ボールを使い、間に合わせですが、簡単に鉢カバーを作ってみることにしました。電動工具を使わないので、初心者でも楽しく作ることのできる簡単DIYです。

  • 11961
  • 95
  • 5
  • クリップ

段ボールで作るJUNKな鉢カバーはいかが?

こちらの鉢カバー。。。
実は、段ボールで作っています。

玄関に置いているシュロチクの鉢が、おしゃれじゃなくて・・・
ずっと変えたいと思っていました。
しかしながら、木工でしっかりしたものを作ろうと思うと、意外に時間も材料もかかりそうで、しばらくの間、思っているだけでした。

ここで、発想の転換!!
間に合わせでもいいから気分の上がる鉢カバーを簡単に作ってみようと思いました。
そしてできたのが、この写真の鉢カバーです。

BEFORE

ちなみにBEFOREはこちらです。

準備するもの

【材料】
★大きめの段ボール
★クリップ(留めるため)

【道具】(塗料も含む)
★定規
★カッター
★鉛筆などの筆記具
★ラッカースプレー(シルバー、黒)
★ターナーアイアンペイント(黒)
★アクリル絵の具(茶色)
★ターナーミルクペイント(ビンテージワイン)
★ステンシルプレート(自作)
★ステンシル用の筆

作り方

鉢の高さと鉢の円周(一番大きいところ)を測ります。
そのサイズより、少し大きめに段ボールに長方形を描いて、カッターでカットします。

私は、高さは、+5センチくらい、
円周は、+10センチくらい多めに取った長方形をカットしました。

段ボールの元々の内側を外側にして、くるくると巻きます。
後で、巻きやすくするためです。

シルバーのラッカースプレーを良く振って、満遍なく吹き付けます。

立てた状態で、上の方からも吹き付けます。

スプレーを吹いた後は触らないようにして、乾かしておきます。




そのままでは、段ボール感が拭えないので、ステンシルや塗装でおめかししていきましょう。

まずはステンシル。

私は、以前自分が作っていたものを使いましたが、100円ショップやネット等でもステンシルのプレートが市販されているので、自作に自信のない方は購入するのもいいかと思います。

ステンシル用の筆で、トントンと叩くように載せていくと・・・
プレートを外した時に、文字だけ残ります。

少しにじんだりはみ出したりするのも味があっていいですよ。

こんな感じで文字が入りました。

残り僅かなスプレーがあったら、その缶を良く振って吹くと・・・
写真のような薄いスプレー跡が残ります。

私はJUNK感があって好きなので、この技をよく使います。


ペンキ等を飛び散らせてもかっこいいと思います。

今回は、単色でほんのりとしたスプレー跡にしてみました。

ペンキ用の皿に、茶色のアクリル絵の具、ターナーミルクペイントのビンテージワイン色を出して、少し混ぜた状態で、写真のように段ボールの断面に色を載せました。

引き続き錆び風塗装をします。

先ほど作った錆び風の茶色をステンシル用の筆で載せてから・・・

アイアンペイントの黒を重ねました。

このようになりました。

ちょっとやり過ぎたかな~と言うときは、

上から、薄くスプレーすると、やり過ぎな感じを消すことができます。

全部消さずに、薄く吹き付けるのがポイントです。

AFTER

出来上がりです!

鉢に巻き付けて目玉クリップで留めたら、それはもう鉢カバー!!

この鉢カバーに飽きたら、簡単に元の鉢の状態に戻すことができますし、
何種類か作って気分で変えるのもいいですね。


スプレーやペンキ、段ボールが家にあれば、材料費は殆ど掛からないので、ステンシルや塗装の練習がてら小さいもので作ってみるのもいいかと思います。

シルバーのラッカースプレーを使ったリメイクのアイデアもありますので、よかったら参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


ブログでも、このDIYをはじめ、いろんなDIYを画像付きで解説しています。
LIMIAに投稿していないものもありますので、お時間があれば見ていただけると嬉しいです。

インスタグラム、ルームクリップもやっています。

いいねやフォロー、コメントありがとうございます。

いつも励みになっています(__)

  • 11961
  • 95
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード