おうちでサクサク♪手作りで、お店みたいな本格クロワッサン

おうちでも、パン屋さんレベルのさくさく~♪なクロワッサンが作れますよ!

  • 30643
  • 874
  • 4
  • いいね
  • クリップ

フランスのパリジェンヌ(パリジャン)のように、おしゃれな朝食にしてみませんか??


手作りのさくさく【クロワッサン】で♡



層がしっかり開いて、さくさく美味しいクロワッサン。

「お店で買うしかない」…なんて思っていませんか?


パン屋さんレベルのクロワッサン、実はおうちでも作れちゃうんです。



クロワッサン作りは冬にオススメ!

融点の低いバターをパン生地で折り込む作り方は、実は寒い冬にオススメなのです^^


バターは30℃付近で溶け始めるので、気温の高い夏は不向き。

手の体温でも長く触っていると溶け出してきます。


そんな冬に作りやすい【クロワッサン】


時間はかかるけれど、おうちでもお店のような本格的なサクサク♪クロワッサンが作れますよ。


では早速、作り方をご紹介しますね!

おうちでサクサク♪手作りでお店みたいな本格クロワッサン

材料(6~7個分)

【生地】
準強力粉 200g
塩 4g
砂糖 10g
イースト 2.5g
水 110g
無塩バター 6g

【折り込み用】
無塩バター 100g

作り方

生地作り

①準強力粉、塩、上白糖、脱脂粉乳、イーストをボウル内でよく混ぜておく。

②①に水、無塩バターを加えてひとまとまりにし、台の上に出して捏ねる。

一次発酵~冷蔵

③一次発酵をとり、バットに平らに伸ばして翌日まで冷蔵する。 (乾燥しないようにすること)

折り込みバターの準備

④折り込み用バターの準備をする。
無塩バターはめん棒などでたたくなどして平らに伸ばす。
(常温に戻したりはしません。冷えた状態で行ってください)

折り込み~成形

⑤生地を④のバターが包めるくらいの大きさに伸ばし、折り込みバターを包む。

⑥90度向きを変えてめん棒で伸ばす。

⑦3つ折りをする。

⑧これでまたバットにのせ、冷蔵庫で50分ほど休ませる。
(冷蔵温度が高く生地の発酵が進んでしまうような場合は、冷凍やチルドに入れたりして調整する)

⑨⑥~⑧をもう2回繰り返す。
(3つ折りを計3回した状態になる)

⑩3つ折り3回した生地を、厚さは3mm~4mm程度、大きさ34×19㎝くらいにめん棒で伸ばす。

⑪⑩の生地を横長の状態に置き、上下の端生地をカットして整え、底辺8㎝×高さ18㎝の二等辺三角形が出来るようにカットする。
(写真のように、二等辺三角形が上下交互にできるようにカット)

⑫カットした生地を成形する。
底辺から先端に向かってくるくると巻く。(引っ張らない)

⑬天板に均等間隔に並べる。

二次発酵~焼成

⑭二次発酵をとる。
温度は28℃くらいが目安。(30℃前後で折り込みバターが溶け始めるので)

写真は二次発酵完了後。

⑮溶き卵(分量外)を刷毛で表面にぬり、あらかじめ220℃に予熱しておいたオーブンに入れる。
200℃に下げて13分~焼成。

断面も蜂の巣状でサクサク♪

おいしくて美しいクロワッサンが焼きあがりますよ^^

生地を冷蔵したり、折り込みごとに休ませたりと、なかなか手間と時間のかかるパンですが・・・

出来上がったときの感動とおいしさは格別ですよ♪


こんなクロワッサンがおうちの朝食に出てきたら…

ご主人さまにもお子さまにも、感動&絶賛されること間違いなし^^


ぜひ作ってみてくださいね!


【パン屋さんレベルのパンがおうちで焼けるようになる!】

元パン職人講師によるパン教室*開講中です

元パン職人の講師が教える♪

【パン屋さんレベルのパンが、おうちで焼けるようになるパン教室】を、

東京都杉並区高円寺にて開講しています。


クロワッサンレッスンも、来冬あたりに開催したいと思っていますので、ぜひブログチェックしてみてくださいね^^

  • 30643
  • 874
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

元大手ベーカリーのパン職人で、1歳の男の子のママです。得意なパンは、パン生地自体をおいしく作り、小麦の味をストレートに楽しめるシンプルなパンです。(デコパン、キ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード