クロワッサンの端っこ生地を再利用!【ほうれん草とベーコンのキッシュ】

クロワッサンを作るときに切り落とす「端っこ生地」

捨てちゃうのはもったいないですよ~!

端っこ生地を再利用で、こんなオシャレな本格キッシュが作れますよ^^

  • 6620
  • 215
  • 0
  • いいね
  • クリップ

バターをたくさん折りこむ【クロワッサン】

「気温の低い時期に作りやすいパン」として、冬に作られる方が多いのではないでしょうか^^


そんなクロワッサン、カットしたら端っこの生地が余っちゃいますよね。

切れ端の生地だけど、バターが折りこまれたおいしいクロワッサン生地を捨てちゃうのはもったいないです~(>_<)!!


クロワッサンの切れ端生地は、再利用できます♪

端っこの余り生地をまとめて伸ばし直すと、層の出は悪くなるけれど、パイ生地のようなさくさくのシートが出来ます。

これを2番生地といいます。

お出汁やお茶の2番出し、2番茶みたいな感じです。


そんな2番生地を使って、ランチにもブランチにもぴったりの【さくさくキッシュ】が作れちゃいますよ!


ほうれん草とベーコンを合わせた王道の具材のキッシュ、さっそく作り方をご紹介します。

クロワッサンの端っこ生地を再利用!さくさく♪【ほうれん草とベーコンのキッシュ】

材料(底直径5㎝のマフィン型6個分)

クロワッサンの残生地…クロワッサンレシピの1回分の余り分

【具材】
ほうれん草 1把
ベーコン 15gくらい
じゃがいも 1/2個
塩・こしょう 少々

【キッシュ液】
卵 1個   
生クリーム 30g
牛乳 30g
コンソメ 少々
チーズ 30g
(ピザ用、ダイスチーズなどお好みのもの)

※クロワッサンの残生地は、クロワッサンをこちらのレシピで作った余り分が目安です。

作り方

2番生地のシートを作る

①クロワッサンの残生地は、まとめてめん棒をかけて3つ折り2回して一旦冷蔵庫で60分くらい休ませる。

②①を厚さ2.5~3㎝のシート状に伸ばし、大きめセルクル型などで丸く抜く。

③丸く抜いた生地を型に敷く。
タルトのようにきれいにぴったり敷かなくても、雑な感じがオシャレに見えます^^

④フォークでピケする。
(ピケは型に敷く前にしてもOK)

これで一旦冷蔵庫で休ませておく。

具材の用意

⑤ジャガイモは皮をむいて7mm程度の幅・1.5㎝程度の長さにカットし、水にさらしておく。

⑥ほうれん草は2㎝程度の長さに切って、さっと茹でておく。
(茹でてからカットでもOK)

⑦ベーコンは7mm程度の幅にカットしてフライパンで炒める。
そこにジャガイモ、茹でたほうれん草も加えて、じゃがいもに軽く火が通るまで炒める。
塩・こしょうで味をつける。

具が出来上がったら冷ましておく。

⑧キッシュ液を作る。
ボウルに卵、生クリーム、牛乳、コンソメを入れてよく混ぜる。

これでキッシュ液の出来上がり^^

⑨炒めた具材が冷めたら、型に敷いた生地に均等に入れる。
(16~20gくらいずつ。多いようなら余らせてOK)

⑩具材の上にチーズをのせ、キッシュ液を生地の高さの少し下くらいまで流し入れる。
(多いようなら余らせてOK)

⑪あらかじめ220℃に予熱したオーブンに入れ、200℃に下げて20分焼成。

⑫焼きあがってすぐはまだ中身が柔らかいので型から外さないこと。
あら熱が取れて、生地が固まったら型から外して出来上がり。

クロワッサンの切れ端生地さえあれば、具材やキッシュ液は作るのがとっても簡単です♪

具材は、いろいろお好みのものを組み合わせても楽しいですね。


今回は【ほうれん草・ベーコン・ジャガイモ】で作りましたが、そのほかにも、玉ねぎ・スモークサーモン・きのこ…なんかを入れてみても美味しそうです^^


是非試してみてくださいね!

【パン屋さんレベルのパンがおうちで焼けるようになる!】

元パン職人講師によるパン教室*開講中です

元パン職人の講師が教える♪

【パン屋さんレベルのパンが、おうちで焼けるようになるパン教室】を、

東京都杉並区高円寺にて開講しています。


2番生地の利用方法も交えたクロワッサンレッスンは、来冬あたりに開催したいと思っています^^

ぜひブログチェックしてみてくださいね!

  • 6620
  • 215
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

元大手ベーカリーのパン職人で、1歳の男の子のママです。得意なパンは、パン生地自体をおいしく作り、小麦の味をストレートに楽しめるシンプルなパンです。(デコパン、キ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード