【賃貸DIY】古いキッチン・付近の壁・むき出しダクトをぷちリフォーム

キッチンの色が飽きたので木目にチェンジ。その周りの壁やダクトも木目に似合うレンガやアイアン風にぷちリフォームしてみました。

  • 67490
  • 315
  • 2
  • いいね
  • クリップ

まずはキッチン本体のリフォームとざくっと工程

我が家は築40年の古いマンションのため、キッチンは古いものになぜか赤のカッティングシートで色替えしたものが元々設置されてました。

なので、さらに上からアンティーク木目のカッティングシートを貼ってみました。

▼施工前

↓こんな感じに♪↓

▼施工後

ではちょいとだけ工程を♪

カッティングシートは貼って剥がせるタイプのもの。
あと、キッチンなので、防水にもなるやつを選びました。

このシートをキッチンの貼りたいところのサイズを測り、カットして、裏紙を少しずつ剥がしてはスキージーで空気を抜きながら貼っていきます。

扉は外して貼った方がキレイに貼れましたヽ( ・∀・)ノ

空気を抜くのは真ん中から外へ向かって抜きます。

貼るときに欠かせない道具がこのスキージー(壁紙へら)なんですが、このカッティングシートは結構薄手なので、そのままだと破れる事があるので、ヘラの先に100均で売ってるフェルトを両面テープで貼って保護しています。

ここからはひたすら貼る!貼る!貼る!(笑)

戸袋の底部分も、意外と目立つので貼ります。

ここは結構難しくて、たくさん空気入ったりしてしまいました。

しかし木目なのであまり目立たない(安堵)


そして、戸袋の引き戸は、裏側に木目を貼り、その上から真鍮に黒塗装がしてある取っ手をつけました。(ホムセンで1個200円程度)

木目を貼っていくうちに、配線とか電気のカバーの色が気に入らなくなってきたので、素人DIYにありがちな、後から追加でペイント作業(笑)

これは本来は先に塗っておくほうがいいです。

扉の持ち手が、古いキッチンのためか、ビス穴のピッチが今の規格商品に合わず(涙)

なので、ビス穴を一つだけ使えば済む、ツマミのような取っ手に変更しました。

これはアイアン製で1つ600円程度。

キッチンは完成ヽ( ・∀・)ノ♡

なんだけど、今度は奥の壁とダクトのアイボリーが気に入らなくなってきたのでこれもリフォーム。

壁紙とダクトのリフォーム

ダクトをアイアンペイントを塗ってインダストリアルな感じに。

周りの壁は、アンティークレンガの壁紙を今の壁紙の上から貼りました。

この壁紙は賃貸OKなやつです。
レンガのつなぎ目がところどころ模様が合ってないところは見なかったことにします(笑)

おまけ♡

おっと、まて。

奥のカーテン、ダサい。。。

てことで、友人が経営する珈琲焙煎所から頂いたコーヒー豆の麻袋を切って、カーテンの変わりにしました。

最後までご覧頂きありがとうございます♡

  • 67490
  • 315
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

築40年の賃貸マンションをDIY。家具を作ったり、壁紙変えたり、戦車サビ塗装で家具や雑貨をリメイクしたり。基本的に実用性と見た目のかっこよさが折り合う事を重視し…

48tomoさんの他のアイデア

DIY・工具のデイリーランキング

おすすめのアイデア