注文住宅

マイホームを購入するときの選択肢はさまざまです。ここでは、注文住宅の購入を検討する際に知っておきたいポイントについてまとめています。予算や相場、間取りの考え方を知り、こだわりを詰め込んだおしゃれなマイホームを実現させることで、理想の住まいを実現させましょう!

  1. メリット多!【すのこベッド】のすすめ◎防カビ・布団干し・掃除の面倒な手間を省いて

    子どものベッドからの転落 寝室の湿気によるカビ 布団干しや掃除の手間 そんなことを感じたことはありませんか? 我が家はすのこベッドを敷きっぱなして使っています。 その結果、子どもに安心な上、干すのも掃除もとてもラク!メリットがたくさんありました。

    kn_h
    • 154359
    • 1663
  2. 忙しい家事の動線を最短に!【洗面所に収納スペースを】おすすめは無印良品&ニトリの収納グッズ

    洗濯機の反対の面にある洗面所収納。 ここには二階まで行き来しなくてもいいよう、毎日の衣類を収納しています。 我が家は稼働棚を造作していますが、これから突っ張り棒や、チェストやラックを使って収納スペースを作っても◎ 日々の動線が最短になる、【洗面所収納】はいかがですか?

    kn_h
    • 198571
    • 1447
  3. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 59032
    • 1311
  4. 家づくりの盲点!キッチンカウンターやキッチン裏収納がリビングダイニングを狭くする

    家づくりを計画中の方必見! キッチンカウンターは本当に必要ですか? キッチン裏収納は本当に必要ですか? 家具屋目線かもしれませんが、キッチンカウンターやキッチン裏収納を取り付けたことでダイニングテーブルが狭くなったり、ソファが小さくなってしまうことがあるのです。 キッチンカウンターやキッチン裏収納はたかが30㎝~40㎝ でもその30㎝~40㎝があれば もう少し大きなテーブルが置けるのに・・・ 毎日食事をするテーブルが大きくできるのに・・・ もう少し大きなソファが置けるのに・・・ 家族みんなで寛ぐソファなのでもう少し大きなものがいいなぁ・・・ ということにならないようアドバイスをさせて頂きます。

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 55062
    • 198
  5. 屋根裏部屋風の2階は総畳敷き。庭と建物の境界を感じさせない「繋がる家」

    見た目はもちろん、長く暮らしていくうえで快適な住環境づくりを実現するため、図面を詳細に至るまで検討し、熱の動きや空気の流れまでを設計することに努めているという「ELEPHANT DESIGN」の門脇さん。周囲の環境に溶け込むデザイン、可能な限り既製品を使わずに、その1軒の建物のためだけにデザインするという姿勢が、家づくりの常識の枠を超えた、Y様邸のような住まい空間を生み出すのだ。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1370
    • 10
  6. お気に入りのアンティーク家具ありきで設計。「自然とともに暮らす」平屋

    施主が理想の家づくりに抱く夢は大きくて、予算は限られている。これは当たり前のこと。だからこそ、設計士もやりがいを感じるというのが、「トミタ建築設計スタジオ」の富田さんの思い。その中で、「建築には“場所性”がある。どこに建てるか、日本だからこそどう建てるか。これが建築の面白さでもあります」という。Y様邸は、そんな富田さんの仕事ぶりが、とことんまで徹底された実例の一つだ。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 485
    • 2
  7. 変形敷地だからこそ。建築家によるプランニングで理想の間取りを実現

    面白い家が建てられそう!土地を購入する際、予算だけではなく様々な理由からあえて選ぶ人も多い「変形敷地」。建築家の上原さんは「せっかくの敷地をフル活用したいなら、建築家がプランニングするのがベター」と言います。自由度の高い設計で、納得の家づくりを。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 301
    • 2
  8. 建物と設備の相乗効果で環境負荷を低減する実験的エコ住宅

    建築環境設備分野の博士が施主だという『松河戸の家』は、建築と設備技術の両面からアプローチしたユニークで新しい実験的エコテクノロジーが導入されている。環境負荷を減らしたエコ住宅は、一歩先をゆくこれからのスタイルの一つ。どのような建築的工夫がなされ、テクノロジーが導入されているのか、笹野さんに詳しく話を伺いました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 1067
    • 5
  9. 施主の想いを理想的な形にした、自然とともに暮らす家

    ミツバツツジが自生する高台に建つS邸。大きな開口部の向こうには山々が広がり、春山に萌える新緑、夏の深い緑、錦秋の山、そして雪景色と、四季の移ろいが楽しめます。多種多様な木々を植樹した広大な庭には鳥たちが集まり、そのさえずりで目を覚まし、高台を抜ける風と射し込む光を肌で感じ、虫たちの声のBGMに耳を傾ける……。そんな「自然とともに暮らしたい」というSさん夫妻の想いを形にしたのは、空間設計aunの宮崎 晋一さん。建築に造詣が深い施主とともに二人三脚で創り上げた理想の住まいをご紹介します。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3373
    • 40
  10. 建てる前に知っておきたい!「本当に快適な家」のつくり方

    家を建てるなら、こんな間取りでこんな床。窓はこうして照明は…。多くの場合、インテリアの延長で家への夢を描きがちだが、長く快適に住むには機能性も大事。天井高約5mの開放的なリビングのある住まいを建てたC様ご一家は、建築家・関太一さんとの出会いで「あること」への意識が高まり、想像をはるかに超える住み心地の良さを実現。プロのアドバイスがなければなかなか気づかない、その「あること」とは?

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2463
    • 27
  11. 【防犯対策】台風24号の最中に起きた『連続侵入窃盗事件』

    From:三原成寛『タメ住まッ!』 先日の台風24号の最中、東京都大田区で『連続侵入窃盗事件』が発生しました。 犯人は、台風という自然を利用しての犯行です。 なぜ、外に立っているだけでも大変な状況の中、犯人は犯行に及んだのか? もうすぐ、台風25号も近づいています。 あなたも同じような被害にあわないためにも、ぜひ一読してくださいm(_ _)m

    『タメ住まッ!』タメになる住まいの情報マガジン
    • 1770
    • 4

おすすめ

話題のキーワード

    1013件中 1 - 20 件を表示