注文住宅

マイホームは一生のうちで一番高い買い物だからこそ、失敗したくはないですよね。とはいえ、戸建かマンションか、新築か中古か、選択肢はさまざまです。ここでは、注文住宅の購入を検討するときに知っておきたいポイントについてまとめます。ハウスメーカーの選び方や土地探しの進め方など、注文住宅を購入するうえでの基本的な段取り、必要な予算や相場、住宅ローンといった気になる費用面についてなど、役に立つ情報が満載です。また、家族構成やライフスタイルに応じた間取りの考え方、こだわりを詰め込んだ思い通りの外観や内装を実現させるためのポイントなどもご紹介。実際の施工例も参考にしながら、理想の住まいを注文住宅で叶えてみませんか?

  1. メリット多!【すのこベッド】のすすめ◎防カビ・布団干し・掃除の面倒な手間を省いて

    子どものベッドからの転落 寝室の湿気によるカビ 布団干しや掃除の手間 そんなことを感じたことはありませんか? 我が家はすのこベッドを敷きっぱなして使っています。 その結果、子どもに安心な上、干すのも掃除もとてもラク!メリットがたくさんありました。

    kn_h
    • 133530
    • 1487
  2. 忙しい家事の動線を最短に!【洗面所に収納スペースを】おすすめは無印良品&ニトリの収納グッズ

    洗濯機の反対の面にある洗面所収納。 ここには二階まで行き来しなくてもいいよう、毎日の衣類を収納しています。 我が家は稼働棚を造作していますが、これから突っ張り棒や、チェストやラックを使って収納スペースを作っても◎ 日々の動線が最短になる、【洗面所収納】はいかがですか?

    kn_h
    • 185178
    • 1390
  3. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 55310
    • 1275
  4. 家づくりの盲点!キッチンカウンターやキッチン裏収納がリビングダイニングを狭くする

    家づくりを計画中の方必見! キッチンカウンターは本当に必要ですか? キッチン裏収納は本当に必要ですか? 家具屋目線かもしれませんが、キッチンカウンターやキッチン裏収納を取り付けたことでダイニングテーブルが狭くなったり、ソファが小さくなってしまうことがあるのです。 キッチンカウンターやキッチン裏収納はたかが30㎝~40㎝ でもその30㎝~40㎝があれば もう少し大きなテーブルが置けるのに・・・ 毎日食事をするテーブルが大きくできるのに・・・ もう少し大きなソファが置けるのに・・・ 家族みんなで寛ぐソファなのでもう少し大きなものがいいなぁ・・・ ということにならないようアドバイスをさせて頂きます。

    INTERIOR SHOP BIGJOY
    • 23909
    • 163
  5. お風呂時間を充実させる強い味方!〔ミスティ〕でこんなに生活が快適になる♪

    毎日の疲れを癒やしてくれるお風呂タイムは、至福の時間。時間に余裕のあるときは、お気に入りのバスグッズをそろえて、ゆっくり楽しみたいですよね。でも、どうせなら浴室自体をもっと快適な空間にする方法を知りたくありませんか? 特に持ち家だったら、お風呂にはとことんこだわりたいところ。そんなお風呂時間を充実させる〔MiSTY(ミスティ)〕で叶う、快適生活をご紹介します!

    LIMIA編集部
    • 135830
    • 129
  6. 2階南面のサンルームに、『アイアンパイプの物干しかけ』を取付してみた事例。

    脱衣室の隣やフリールーム、南側の日当たりがいい場所などに『室内物干し専用のお部屋』を計画される案件が増えています。 室内物干しのお部屋を作る時の ポイントや物干しかけにみえない『アイアンパイプ』の物干しアイテムの実例などをまとめてみました。 新築だけではなくて、リフォーム、リノベーションされる際も参考になると思うので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 3816
    • 36
  7. 「ワークスペースは何のためにあるの?」部屋別の実例5タイプ

    新築に限らず、リフォームや大型リノベーションでもよく聞かれる【ワークスペース】はほしいけれどどんなものがいいのだろう問題。 今日は、『ワークスペース(カウンター、机)』のお話をまとめました。わたしが暮らし提案する際は、以下5タイプのいずれかが多いです。 ①リビング脇で[パソコン置きや子どもの勉強机かわり]になるもの。 ②ダイニングテーブル付近にある[食事の補助テーブルのかわり]になるもの。 ③キッチン背面にある[キッチン作業台かわり]になるもの。 ④家事室にある[収納棚やメモを書き留める机]になるもの。 ⑤和室、書斎、寝室にある[PC置きや持ち帰りしごと机]になるもの。 『なんのため?』がこうやって具体的であるほど「物置化しにくい」ので、ぜひ計画される際の参考になれば嬉しいです。リフォームされる際も参考になるので、よろしければ記事の続きも読んでいただければと思います。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 8661
    • 91
  8. 室内物干し部屋を作る時に注意することと、人気アイテムのお話。

    『室内物干し』の需要が高まってきていますね。 脱衣室の隣やフリールーム、南側の日当たりがいい場所などに『室内物干し専用のお部屋』を計画される案件が増えています。 室内物干しのお部屋を作る時の ポイントや人気物干しワイヤーアイテムの使用方法などもまとめてみました。 新築だけではなくて、リフォーム、リノベーションされる際も参考になると思うので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

    暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
    • 15043
    • 68
  9. 【特集】トイレのインテリア~トイレなんか...ではなくトイレだからこそ??~

    タイコーの施工事例の中からトイレのインテリアをいくつかピックアップしてご紹介します! トイレなんてそんなにこだわらなくても...という方もいらっしゃるかもしれませんが、トイレだからこそ、少し遊び心を出してみたり、面白い空間にするもの良いかもしれません。

    タイコーアーキテクト
    • 15415
    • 94
  10. 建築家が考える収納と動線にこだわった約35坪の家族4人で住むモダンな家

    約200坪の広大な土地に家族4人で住む約35坪のお家を建築させていただきました。 一番にこだわったのは収納。お家のテイストを壊さず収納力にこだわりました。夫婦別々の趣味を持つお施主様。お互い緩衝しあいたくはないけれど、どこか存在を感じていたい。 そんなお施主様の声を建築家の先生が拾い取り、アイデアと設計でシンプルながらも使いやすい、家族の夢を詰め込んだお家が完成しました。

    R+houseさいたま東
    • 3447
    • 22

884件中 1 - 20 件を表示