人工木材彩木

「人工木材彩木」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「人工木材彩木」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 土台の水切りにもピッタリと施工可能な「〇〇ウッドデッキ」

    ウッドデッキは屋内と庭をつなげる半外・中間スペースとして、暮らしの中に外の心地よさを取り込みやすくしてくれます。 屋内の床と庭の高低差を緩和して両所の間を移動しやすくする役割や、屋内スリッパや素足のままで屋外に出ることができるなど、さまざまなシーンを増やしてくれます。 移動のスムーズさを考えると建物にピッタリとウッドデッキを付けるのが望ましい配置といえるでしょう。しかし、ウッドデッキを取り付ける開口の外側にはサッシの枠や土台の水切りなど、細々とした出っ張りが存在します。それらとの取り合いを考えて設計を進める必要があり、ウッドデッキには加工と施工のしやすさが要求されます。 そこで今回は、土台の水切りと彩木ウッドデッキをピッタリと密接させた施工の実例を紹介します。

    MINO株式会社
    • 922
    • 4
  2. ウッドデッキと縁側どちらが快適?施工の種類から注意点まで解説

    縁側とウッドデッキはどちらも木や人工木材で作られ、庭に面して設置されるため混同されがちですが、どのような違いがあるのでしょうか?素材や大きさは様々な種類がありますが、大がかりなものでなければDIYしたいとお考えの方もいらっしゃいますよね。 本記事では、・縁側とウッドデッキの違い ・DIYと業者の施工方法の違い ・設置前に知りたいリスクや注意点 について詳しく解説いたします。 DIYのコツもご紹介しているので、ご自宅でウッドデッキ設置を検討されている方はぜひ最後までご覧ください。

    MINO株式会社
    • 1491
    • 3
  3. 【ウッドデッキ】夏でも素足で歩ける彩木(白茶色)の秘密

    人工木のウッドデッキはメンテナンスが手軽で長持ちする一方で、金属や樹脂素材を使用するため木材よりも熱くなりやすいという難点があります。 せっかく設置しても、夏は熱すぎたり、冬は冷たすぎたりで快適に使えないとお悩みの声も多く見られます。 そんな方におすすめしたいのが彩木のウッドデッキです。 特殊なウレタン樹脂素材を使用し、各種試験でも優れた結果を残しており季節に関係なく素足で歩けます。 今回は、彩木がなぜ熱くなりにくいのか?その理由について詳しく解説していきます。

    MINO株式会社
    • 1176
    • 2
  4. 【ウッドデッキ】平屋に設置するメリット・デメリットは?

    平屋にウッドデッキを置く際、庭だけでなく屋上に置くなど通常の戸建てとはまた違った設置ができることから高い人気を誇ります。とはいえ、ウッドデッキは場所も費用も必要なので、事前にウッドデッキについて詳しく知ってから設置したいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。 そこで今回は、「平屋にウッドデッキを設置するメリット・デメリット」・「ウッドデッキ設置にかかる費用と設置の流れ」・「手軽にウッドデッキを設置できるおすすめ製品」について詳しくご紹介いたします。

    MINO株式会社
    • 1819
    • 7
  5. 暑い夏でも!水と共に思いっきり楽しめる彩木ウッドデッキ

    夏はウッドデッキが大活躍する季節です。バーベキューや水遊び、夕涼みなど、夏と外の心地よさを感じつつ、さまざまなアウトドアイベントを楽しめます。熱中症が心配される昨今の夏において、家の中で伸び伸び過ごせるウッドデッキは夏の思い出をつくる上でも貴重なスペースになるでしょう。 今回は熱くなりにくく水にも強い彩木ウッドデッキについてのコラムです。ウッドデッキをご検討中の方は是非ご覧下さい。

    MINO株式会社
    • 1341
    • 2
  6. 【目的別】ウッドデッキの使い方5選|設置する際のポイント

    ウッドデッキを設置すると、家全体が広々とした印象に様変わりします。そのため、ウッドデッキを設置してみたいと考える人は多いでしょう。しかし、ウッドデッキを設置する目的や使い方が、よくわからないという人もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、ウッドデッキの使い方やウッドデッキを設置する際のポイントについて、徹底解説します。ウッドデッキの設置を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

    MINO株式会社
    • 2027
    • 3

デイリーランキング

おすすめのアイデア