不要になった折りたたみテーブルを男前にリメイクDIY!

不要になったよくある折りたたみテーブルをリメイクしてお気に入りにDIY!
簡単なDIYで天板を好みにリメイクできました♪

  • 47115
  • 309
  • 1
  • クリップ

不要になり、しまいこんでいた折りたたみテーブルをリメイク

もうデザインが好みではないけれど、壊れたわけではないし捨てることもできない・・・なんてことよくありますよね!

私もよくあります。
このテーブルは友人宅にあったもので、リメイクしてほしいとオーダーしていただきました♪

早速リメイクDIYしていきましょう~

ホームセンターで木材を選ぶ

今回はもともとの天板に木材を打ち付けていくリメイクにします。
もっとも簡単なリメイク方法だと思います。

なので比較的軽い杉材を使用。
カットはホームセンターでしてもらいました。
私がよく利用するホームセンターは会員になると5%割引き、さらに10カットまでサービスしてくれます。
ホームセンターの特典をフルに活用しましょう!

杉材は水分を多く含んでいますので十分に乾燥させます。

脚部分を外します。

見えない場所ではありますが少し汚れていたのでミルクペイントでざっとペイントしました。

天板となる杉材に塗装

初めにワトコオイルを塗装して十分に乾燥してからお好きな色でペイントします。
薄くさささっと塗るのがポイントです。べた塗するとむらが目立ってしまいます。
今回は水性ペンキを使用しました。

脚部分もアイアン風にペイントしました。
黒や茶色のカラースプレーをしたあとに、スポンジなどで茶色、黄土色、金色などの色をたたいて、エイジング加工を施します。

もともとの天板の裏側からしっかりとビス止めします。

形になってきました。
あと一息です♪

天板の端に廻縁をつける

ホワイトウッドを使用しました。
こちらもホームセンターでカットしてもらいました。
ワトコオイルで塗装。

木工用ボンドと釘で天板に固定しました。

天板にステンシルや消しゴムハンコで装飾

ステンシルシートはワードで作り、デザインカッターで切り取り作成します。
ステンシルのハウツーはまた追々記事にしたいと思います♪

消しゴムハンコを捺す場合、ペイントなしのステインやワックス仕上げならワックスを塗る前に捺します。

ニスで仕上げます。

世界に一つだけのテーブルの出来上がり

いかがでしょうか?
応用すれば鉄脚などを取り寄せて自分好みの
サイズやデザインでテーブルが作れますね。

まずは紹介させて頂いた方法でテーブルのリメイクから始めてみると
少し自信が付きますよ◎
ぜひお試しください。

  • 47115
  • 309
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード