枠を作ってはめるだけ簡単な格子付き窓枠DIYで部屋の印象がピリッとしまる!

リビングの窓をグリーンがもっと映えるようイメージチェンジ♪
簡単DIYでガラッと印象が変わりました。
ホームセンターで比較的リーズナブルなお値段で手に入る木材ばかりを使用しています。

  • 35328
  • 271
  • 0
  • いいね
  • クリップ

準備するもの

木材
水性塗料
ワックス
木ねじ
ボンド

作り方

作り方はいたってシンプルです。
枠をつけたい窓のサイズを測って、ぴったりはまるように作るだけです。

ちょうどいい幅の木材が枠は赤松、格子は杉があったのでそちらを使います。

内寸も測って木材をカットします。

赤松の外側部分に穴を開けます。
外枠から組んでいきます。

格子の横にわたる木材を斜め打ちしてつけます。

横の板を取り付け完了~!

縦も完了!
同じく斜め打ちでビス止めします。

はまるかどうか確認作業~!
確認は大事ですね( *´艸`)

ダボ埋め作業をする

ペイントしてからダボ埋めしましたが、本来はペイント前にします。
ボンドを多めに注入します。

ダイソーの40㎜のダボです。
詰めて金づちなどで上から叩きます。
はみ出したボンドはしっかり拭き取ります。

ボンドがしっかり乾いたら出てるダボをのこぎりでカットします。
滑らかになるようやすりも掛けます。

はい、これを2度手間と言います。
ペイントをまたしなおしました。

ダボ径ドリルいうのがあってそちらを使えばもっとぴったりサイズでダボ埋めできますが、
まあ、よしとします。

全体にサンダーを掛けます。

アンティークワックスを塗布して仕上げます。

完成!

枠の一番上の板と壁の間にマットの下に敷く滑り止めなどを入れるといいですよ。
特にがたつきがなくても安心ですね。
今回はちょうど以前ソファーを購入したときについていた滑り止め付きのシールがあったので
そちらを貼っておきました。

完成しました!
このように割と大きなものを作る時に一番難しいのがペイント後のイメージができるかどうか。
完成してみたらイメージとはちょっと違う・・・なんてことも少なくないのですが
今回はワックスで仕上げるか黒色でペイントするか迷っていました。
周りがすべてワックス仕上げなので、ワックスで仕上げれば統一感は出るけど、黒色でペイントしてちょっと全体を締めたいな、という思いが勝って
ペイントしましたが結果オーライで黒にすることで、ほかの場所がさらに明るく感じるようになった気がします!

まあ、私の性格上、ワックスで仕上げることを選んだとしても「統一感出てよかった~~」と言ってると思いますが。

大きいので大変な作業もありますが工程は簡単なのでぜひ挑戦してみてください♪

  • 35328
  • 271
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

【お願い】過去のアイデアへのコメントは気づけないことが多いです。工程の写真を撮り忘れたり、説明不足でわかりにくい箇所がありましたら、質問などお気軽に【相談】より…

おすすめのアイデア

話題のキーワード