ベッドのマットレスを床に直接置いて使っている方へ。

ベッドって、直接寝る部分の「マットレス」と
マットレスを置くための「フレーム」の2つの部分があるわけです。

そのフレームを使わずにマットレスだけで使っている、という方もいるかと思うんですね。

今回はそんな方へ、ちょっと注意して欲しいことがあるのでお伝えしますね~♪

  • 39498
  • 94
  • 0
  • いいね
  • クリップ

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!


マットレスを直接、床の上に置いてお使いの方へ。

これからの季節に特に気をつけて欲しいことがありますので
今回はそんなお話しをしますね~。

こんな風にマットレスだけを床に置いて使っている方もいらっしゃるかな~と思うのです。

結論から申し上げますね♪


マットレスを床に置いてお使いの場合は…







時々、マットレスを立てて乾燥させてあげましょう!


なんでか、というと。

いつも寝ているマットレスの表面は乾いていても、
マットレスの中や、床についている面に湿気がこもってしまうから、なんですね~。

こんな風にたまにマットレスを乾燥させるために立てて欲しいのです。
床の換気も必要ですしね♪

ちなみにソファー売り場で撮影しております(笑)

特にこれからの季節はご注意。

これからだんだんと暖かくなって、湿度も増えてきますよね~。
そうすると、たまに乾燥させてあげないと

「マットレス」や「床」がカビてしまうことがあるのです!


床がカビてしまってもややこしいですが、
マットレスについた「黒カビ」なども相当ややこしいです(笑)

マットレスがカビて、表面にできてしまった「黒い斑点」を、
表面の繊維を傷めずに取ることは「ほぼムリ」だと言われているんですね。


そうならないために…

マットレスの下に「スノコ」を敷いた図。
フローリングの方は直接置くと傷ついちゃうのでお気をつけください♪

マットレスと床の間に、ホームセンターさんなどで売っている
「スノコ」を敷くことをオススメいたします♪

マットレスと床に隙間を開けてあげて、通気性を確保することが大事なんですね~。


でも、「スノコ」を敷いたからと言って100%安心、というわけではありません(笑)

なので、普段はスノコを敷いてお使いになって、
換気ができる時にはマットレスを立てておくと良いわけなんですね~。


その時はスノコも立てて乾燥させてあげてくださいね♪


あ、スノコを乾燥させる時には、まず「陰干し」をすることをオススメします。
直射日光を当てる「天日干し」もいいんですが…

湿気を多く含んだ状態で、いきなり天日干しをしてしまうと、
スノコの木材の中の水分が一気に蒸発して「変形してしまう恐れ」があるんですね。


なのでスノコを天日干ししたい場合は、まずは陰干しをしてある程度乾かしてから、
天日に当ててあげると良いかと思います。

(それでも変形してしまう場合があるので、
スノコの様子を見ながら乾燥させてあげてね♪)

スノコを使っていても、たまに立ててあげましょう。
この時にスノコをどかして、スノコと床も乾燥させてると良いですよ~。

ベッドをお使いの方もご注意♪

ここまでのお話しは「マットレスを床に置いている方」へ向けて書いてますが…

ベッドのフレームの上にマットレスを置いている方も、
たまにマットレスを立てたり、フレームの上からおろして乾燥させてあげると安心かと思います。


ベッドのフレームを使っていても、湿度が高いとやはりカビてしまう可能性はあるんですね。

ベッドだとこんな感じ。


これからだんだんと湿度が高くなる季節になりますので、
たまに乾燥させてあげて、長く快適にお使いくださいね~♪


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!

こちらの記事も店長オススメです♪

  • 39498
  • 94
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード