桐タンスが無くても大丈夫!ミニマリストの着物収納

梅雨のシーズンを目前に控えて家にある着物をちゃんとしまわなければ!と考えている方も多いかと思います。

本日は着物が大好きなミニマリストが、桐タンスがなくても家のクローゼットに着物を収納するポイントをお伝えします。

  • 38747
  • 259
  • 0
  • いいね
  • クリップ

着物の保管に大切なこと

着物の保管。
まず真っ先に頭に思い浮かぶのは桐箪笥ではないでしょうか。
確かに桐ダンスは着物の収納に適しています。

ただマンションやアパートなど、場所によってはスペースに余裕がないということもよくあります。

1、湿気から守る

1、着物は湿気から守りましょう。

そこでクローゼットなら上段、押入れなら天袋といった、地面からなるべく離れた場所に置くようにしましょう。
置くときに底にすのこを敷くなどして、なるべく着物が地面と接しないようにすると、より湿気の吸収から守ることになりますね。

2、虫から守る

続いて虫から守ることを考えましょう。

たとう紙は色が変色していたら交換するようにしましょう。

そして、防虫シート。

こちらは1年に一度取り替えるようにしましょう。

3、年に2回は空気に触れさせる

さらに年に2回は必ず空気に触れさせるようにしましょう。

晴れた日に日陰で数時間干します。
ブラッシングの代わりに、ハンカチで軽くなでてチリやほこりを取り除くようにします。

1番大切なことは

上記1~3を行えば、着物はクローゼットでもじゅうぶんに管理できます。

でも、一枚一枚にそんなこと・・・正直大変だと思います。

だからこそ管理をする前に、
「自分が管理できる量だけを持つ」ということに目を向けて欲しいのです。

着ないけど捨てられない

とりあえず桐タンスに入れる 

という流れにするのではなく、自分が本当に大切にしておいておきたいと思う着物を厳選することから始めてみてください。

着物の管理で悩んでいる方、参考になれば幸いです。


LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 38747
  • 259
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

香村薫(こうむらかおる)モノを減らして時間を生み出す片づけのプロ家事研究家・ライフオーガナイザー株式会社ミニマライフ代表取締役1978年大阪生まれ幼いころから「…

おすすめのアイデア

話題のキーワード