【布団派必見!】フローリングに布団を引くならニトリの「い草ラグ」を使って!

フローリングに布団を敷く人必見! ニトリの「い草ラグ」を使った使用感、使い終わった後の収納方法などを写真付きで詳しく紹介します。日中は干しているのになぜかカビが生えてしまう……、すのこベッドは便利そうだけど場所を取りそう……などといったことでお悩みの方は、ぜひニトリの「い草ラグ」を使って快適な布団を取り戻しましょう♪

  • 434078
  • 1358
  • 13
  • いいね
  • クリップ

フローリングに布団生活

次男の出産を機に、ベッドを処分して布団生活が始まりました。
フローリングに直接敷くと、大量に汗をかく子供たちもいて布団の下の湿気がすごい。
最初は除湿シートを使用していました。

除湿シートにカビが生える

日中は布団干しにかけていたのですが、黒カビが生えてきました・・・(涙)

除湿シートを買い替えようと思ったのですが他に方法が無いか色々しらべた結果、、、。
「い草ラグ」を敷くことにしました。

い草ラグを選んだ理由

除湿シートを買い替えればまたカビが生える可能性があります。

すのこベッドは便利そうだけど、場所を取りそう。処分する時も粗大ごみになりそうだし・・・。
それに布団干しも持っているのでそれを使いたい。

調べていたら、布団の除湿に「い草」が良いという記事を発見。
確かに、畳の上には直接布団を敷くから良い考えだと思いました。

選んだのはニトリの「い草上敷き」

ニトリに見に行ったところみつけたのが、「い草上敷き」という商品。

一畳のお値段が1,290円(税込)!
表裏使えます。

裏に布が貼ってあるタイプもありましたが、「布があるとまたカビが生えるかも・・・」という心配から、無いタイプにしました。

ニトリさんの商品紹介を引用します

「【商品の特徴】
●伝統的な掛け川織り風のデザイン
●い草を高密度に織り上げ、耐久性とクッション性に優れています。
●防カビ加工:カビの発生を抑制
●防ダニ加工:ダニが寄り付きにくい
●抗菌防臭加工:菌の繁殖を抑え嫌な臭いの発生を防ぎます。
●ひっくり返して両面使えます。

【天然素材「い草」とは…】
■空気をキレイに
い草には、二酸化炭素を吸収し、空気を浄化する特性があります。
■快適な湿度を保つ
湿度の多いときには水分を吸収し、乾燥したときには蓄えた水分を放出する特性があります。
■夏は涼しく、冬あたたか
い草のスポンジのような断面には空気がたくさんふくまれており、空気の保温・断熱特性によって一定の温度を保ちます。
■適度なふんわり感
弾力のあるい草は、適度なクッション性を備え、フローリングに敷くだけで衝撃を吸収します。」

い草って良い仕事するんですねぇ。

い草上敷き(セイリュウ2 1ジョウ) ニトリ 【玄関先迄納品】 〔合計金額7700円以上送料無料対象商品〕
商品情報を楽天で見る

タグの写真貼ります。

裏表使えます。
【表アップ】

【裏アップ】

い草ラグを使ってみました

一畳タイプを2枚購入して、使ってみました。
楽天ニトリにも同じものが取り扱いありました。

毎朝お布団サラサラです。

そして「い草」の香りがすごい。
購入して一か月ほど経ち、だいぶ香りが減ってきました。
最初は寝室のある1階に行くと、畳の香りがフロア中にたち込めるほど。

寝る時もその香りに癒されます。

収納方法

除湿シートの時と同じように、布団干しにかけて風が通る場所に置いています。

夏用のラグにも

日中リビングに運んで、敷いてもいいかなと思います。
夏はラグを取って何もない状態ですが、これがあればゴロ寝も気持ち良さそうです。

ただ、洗えないので汚れたら困りますね。
子供が上で激しく遊んだら切れそうだし・・・(なにせ安いから)

我が家の場合はリビングで使うのは要検討です(笑)

【Before】

【After】

おわりに

いかがでしたか?

最近は布団派も増えていますよね。
布団にカビが生えて丸ごと買い替えなんていうことになったら、処分するにも購入にもお金がかかってしまいます。
何より体への影響が心配ですよね。

場所を取らずに良い香り。湿気も防いでくれる「い草ラグ」おすすめです。

他にも収納や暮らしのアイデアや、おすすめ商品についてブログに書いています。
よろしければのぞいてみてくださいね。

  • 434078
  • 1358
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ブログ「まいCleanLife」ほぼ毎日更新中!夫・男児2人・ワンコと、都内の一戸建てに暮らす整理収納アドバイザー主婦です。3LDK中2部屋が開かずの間だった片…

おすすめのアイデア

話題のキーワード