手すりが揺れない階段の秘密【すぐに設計の現場で使える技を紹介します】

スチール階段はもう珍しくはない中、
問題があるとすれば手すりの揺れではないでしょうか。
ここでは手すりの揺れを最小限に抑えた設計のポイントを実例写真と
データを交えて解説していきます。
すぐに設計の現場で使える技です。

必ず役に立つスチール(鉄骨)階段の設計ポイントとは【設計データ公開】

スチール階段はもう珍しくはありませんが、

実際施工するとなると
細かな部分の加工の仕方が分からないと
作ることも難しいものです。


スチール階段の作り方は
確かにこれといったものはないので
独自の判断によるものが大半だというところです。


ここで紹介するスチール階段の図面は
全体の雰囲気がわかる程度なので
数字が潰れてしまっていますので
PDFのデータをダウンロードして見てください。

ではこの階段の設計ポイントを説明します

はじめに

38という数字がポイントとなります。


それはなぜか?

手すりとなるスチールバーの幅の寸法が38mmだからで、
その手すりに木(モク)を乗せる場合には、スチールと同じ幅が
何かと都合が良いからです。

この写真を見ればピンとくるはずです。


ではよく見かけるストレート階段の解説を詳しくしていきます

この写真を見てください。
ササラと手すりが一体になっていることが分かります。
(段板を設置したあとに手すりを付けたのではありません。)

ですからブレなどは発生しません。

スチールバーの寸法

次に
スチールバーの寸法ですが
手すりは厚さ9mm、幅38mmとしています。

手すり子部分は38mmで、壁からの離れの分だけ
折り返したものとしていることが分かるでしょうか、

この折り返し部分に段差が生じないように
段板の厚さも38mmとしているわけです。

段板は通常30mmの集成材をそのまま使うものが多いのですが、
ここはあえて38mmにこだわります。


ササラから段板をはみ出す形とした時には
手すり子の厚さ9mm分のスキマができますので
その部分はあとで木を埋めると良いのです。

段板にベースを付けるよりもスッキリと納まります。


ベースを付ける場合は

ベースを付ける場合は
せめて埋め込んで段板とフラットとすればスッキリ見えます。

最後に気になるのは予算です

最後に気になるのは予算です。

ですが
見たとおり使っているスチール金物の全体量も少なく
サイズも小さなスチールバーとアングル金物、
丸鋼だけとなっていますので全部合わせたとしても
安価におさまります。

なによりも
手すりとササラが一体となっているので
施工が容易いところが一番です。


ここで紹介した仕様の階段の事例とともに
さらなる設計例を紹介していますので
階段設計に興味のある方は引き続き以下のページもごらん下さい。


blog.livedoor.jp/

家のインテリアは階段デザインから【設計図公開】

インテリアと言うと リビングやダイニングの家具を どのようにしようかと考えるものですが、 設計においては階段のデザインから始まっているものです。 ですが そういった意識を持ってはいても階段の設計図というのは 家具以上に少なく、参考になる図面も見つからないものです。 そこで ここでは、 その階段、特にスチール階段の施工例と施工図面を公開することに しました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

LINE@始めました【友だち登録特典を用意しました:知らなきゃ損する家づくり ほか】

LINE@友だち登録特典 1.知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識  【家の打ち合わせの時にこのファイルをお持ちください】 2.フロート式TVボード価格表 3.システムキッチン、洗面化粧台、TVボード設計例多数公開 4.TVボード製作・設計ポイント動画集

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始(条件付き)】

「TVボードに脚なんて必要ない」 と常日頃から感じ続け、なければ自分で作るしかないと思ったことが このフロート式(浮いている)TVボード開発のきっかけでした。 2004年に開発し、ハウスメーカーのモデルハウスで発表して以来 多くの家に設置されてきたk-design開発のフロート式TVボードですが、 いままでごく限られたエリアのお客様しか実現ができないものでしたが、 ご依頼主の家の工事を請負うハウスメーカーや建築会社のご協力のもと 全国への展開が可能となったことで踏み切ることができました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
  • 968
  • 6
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト