テレビ台(テレビボード)選びの失敗談

テレビ台(テレビボード)選びの失敗の経験は誰もがしていると思い、
失敗談を聞かせて欲しいと呼びかけてみたところこんなに多くの失敗談が寄せられるとは思っても見ませんでした。

テレビボードを開発している身としてはもちろんこれらの貴重な体験を生かしますが、これから新築やリフォーム、引越しなどでテレビボードやほかの家具を選ぶ必要がある方にはぜひ参考にしてもらいたいと思っています。そして家や家具の設計の参考になればと思っています。

テレビボード選びにこんなに苦労しているとは

販売されるテレビ台(テレビボード)の種類は年々増え続けて、選ぶにも迷ってしまいそうです。
そこでこんなに多ければ逆に迷ってしまうと同時に購入してしまってから
「失敗した!」と思うことも少なくないだろうと思い、声を集めてみることにしました。

するとどうでしょう。私の想像をはるかに超えたテレビ台選びの失敗談が多く寄せられたのです。

初めはテレビボード開発のためと軽く考えていたのですが、
この失敗談を読んでいるうちに、これはインテリアに興味を持つかただけではなく住まいやインテリアに関わる仕事をしている方にもぜひ見てもらいたいと思うようになりましたのでここで紹介することにしました。

失敗談の例から1=「素材?色?テレビ台選びの意外な落とし穴」

テレビボードのデザインは申し分ないとしても、実際生活空間となると掃除は欠かせません。
特にテレビボードまわりは静電気が起きるためホコリがたまりやすくなるものです。
そうなるとテレビボードを壁から離すなどして掃除機をかけなくてはいけないのですが
この例ではそこに問題を見つけてしまったようです。
以下失敗談から一部引用します。

<引用開始>「このテレビ台の素材はガラスと金属、ちょっとやそっとの力ではうんともすんとも言いません。
おまけにキャスターも何もついてないから、フローリングの我が家は大惨事。どれだけ頑張ってそーっと動かしても、フローリングは傷だらけです。
こうなってはテレビ裏の掃除を諦めるか、フローリングの傷を諦めるかの二者択一、という気分。おまけに黒いガラス製、拭いても拭いてもホコリが落ちて、しかもそれがとっても目立つんです。これじゃぁ家に人も呼べません。」<引用終了>
(引用元:テレビボードおしゃれランキング|北欧、フロート、コーナースタイルなど、「素材?色?テレビ台選びの意外な落とし穴」、k-design、http://tvranking.net/?p=441から引用)


[プロの解決法]

家具が重たくて床に傷がつくということはよくある話です。
特に重量があるオーダー家具についてはそれに備えなくてはいけません。

一番簡単で確実な解決法は「フェルト」を家具の底に貼るのです。ただそれだけです。
「フェルト」は薄いものから厚いもの(1mm程度)までありますが貼ったからといって目につくものではありませんが家具に近い色にするのがコツです。ですからこの例のように重い家具であるならばこのようにすることを試してみてみてください。


失敗談の例から2=「デザインを優先したところ、テレビが見にくい高さに」

テレビやテレビボードを購入するときに気をつけなければならないことは
家具、家電ショップのショールームの広さに惑わされないということです。

実はプロでも難しいんですね。ですから強者のインテリアコーディネーターはカタログを持ち帰って家でダンボールでテレビボードの形を作り、シミュレーションをした例もあるくらいです。

本当に間違いのない家具選びをするのならそこまでしなくてはいけないんだなぁと感じた例でした。

<引用開始>「せっかく新しい部屋に収める家具なので、お気に入りのもので部屋を満たすことができたらなぁ、という思いからでした。
結果、テレビボードという名の付かない棚を購入することにしたのですが、ソファーを始めデザイン重視で家具を集めた結果、ソファーに座っても床に座ってもテレビを見ると首がつかれるという状態になってしまいました。」<引用終了>
(引用元:テレビボードおしゃれランキング|北欧、フロート、コーナースタイルなど、「デザインを優先したところ、テレビが見にくい高さに」、k-design、http://tvranking.net/?p=423から引用)


[プロの解決法]

まよったらダンボールで家具の形を作り、シミュレーションをする。
時には階段まで作った例もあるくらいです。


失敗談の例から3=「最初から店員さんに相談してテレビ台を決めればよかった」

この例にはショックを受けました。
私も家具の開発の時には材料や部品メーカーサイトで仕様を確認してから設計するからです。
その肝心のメーカーサイトで発表されている強度に信用が置けないのだとしたら一大事です。

実は特注家具の世界では希にこのようなことが起きます。ある例では施工後一年ぐらい経ってから
トラブルがおきる可能性があるということが起きました。物を交換しようにもしっかり家具に組み込まれているものなので
一度引き下げてその部分を作り直さなければいけないという大事に至ったことがあります。

<引用開始>「ちなみに、✖✖✖のスーチールラックもテレビを乗せて長年使用しているとだんだん沈んできて、最後には完全に沈み込んでしまうと家具売り場の店員さんがいっていました。また、鉄で出来ているタイプのテレビ台は必ず錆びて行ってしまうということも言っていました。こんなことなら、最初から店員さんに相談してテレビ台を決めればよかったと今でも思っています。私が出した結論は、テレビ台は長年使用するなら金属で出来ているものよりも木で作られているテレビ台が、一番いいものだと思います。」<引用終了>
(引用元:テレビボードおしゃれランキング|北欧、フロート、コーナースタイルなど、「最初から店員さんに相談してテレビ台を決めればよかった」、k-design、http://tvranking.net/?p=565から引用)

[プロの解決法]

メーカー発表が信頼できないということを具体的に示すものを家電ショップに伝え、
クレーム対象にしてもらえるかどうかをまず相談しましょう。
その上で返品が可能になる場合があります。
購入したレシートや説明書も忘れてはいけません。
多くの場合、購入先のショップでそれなりの対応はしてもらえるはずです。


失敗談の例から4=「テレビ台買ったけど、、」

組み立て式は簡単だという方もいますが、個人差があります。
ドライバーを持ったことがない人や力があまりない人が組み立てるとグラつきが生じやすくなったりするものです。

<引用開始>「ゆがんだテレビ台にテレビをのせて斜めのテレビをしばらく見てましたが結局前の机の上に戻し、テレビ台はテレビ台ではなく小物置きとしてその生涯を終えました。」<引用終了>
(引用元:テレビボードおしゃれランキング|北欧、フロート、コーナースタイルなど、「テレビ台買ったけど、、」、k-design、http://tvranking.net/?p=575から引用)

[プロの解決法]

組み立て式の家具の多くは補強材が足りません。ですから自分がこのような家具を買うときには裏面を確認して補強の必要があると思った場合はその材料も自分で見つけて間に合わせますが、一般の方には難しいでしょう。
ですからせめて材料の見分け方だけでも知ることが必要です。
まず、家具の裏側に注目しましょう。すると材料がそのまま見えていると思いますが、その材料の密度が高ければある程度の強度があると言えます。もう一つわかりやすいのは家具の重量です。材料の密度が高ければそれだけ重いということです。必ずとは言えませんが参考にしてください。


失敗例だけではなく解決法も示した内容とする予定です

ここで紹介したサイト

「テレビボードおしゃれランキング|北欧、フロート、コーナースタイルなど」
http://tvranking.net/

では失敗例だけではなく解決法も示した内容とする予定です。
それだけではなくインテリアをさらに良くするためのプロのインテリアコーディネーターのアドバイスも載せていく予定ですので時々チェックしてみてください。


テレビ台のデータはどこを探し回っても見つからない

テレビ台選びの失敗談はおかしくもあり示唆に富んだ内容だと思いましたが、
この現実を知ると、家や家具の設計をしている方やインテリアコーディネーターの方に
テレビ台選びをアドバイスしてほしいと求められることが増えるかも知れません。

場合によってはテレビ台を作って欲しいと言われることもあると思います。

私もそうでしたが、そう思いつつテレビ台の設計資料を書店などで探し回ってもついに見つけることができなかったという辛い思いをしたことがあります。

とにかくどこを探し回っても見つからないのです!

それ以来、私はデータをいつか表に出し、私のように設計データを求める方に提供できたらと思いながら設計を続けてきています。


ここで紹介するデータ集はテレビボードだけではありません

家のインテリアはリビングであればテレビボードの出来次第で印象が変わります。
ダイニングではキッチン次第でやはり変わります。
それと意外に思えるかも知れませんが階段のデザインで家自体の印象が変わるということはあまり知られていません。

ではそれぞれをバラバラに取り扱ったとすればやはり家は良くなりません。

ですからイメージの統一化を図るという点でテレビボードの設計データばかりではなくキッチン(アイランドキッチン)や階段のデータもご用意させていただきました。


家具の図面で家の契約までが左右される

これはハウスメーカーのモデルハウスの家具を長年にわたり何度も提案させいただいた経験を持つ上ではっきり言いますが、

ハウスメーカーの上層部と繋がりを持っていたのでモデルハウスの集客の状態とお客様が見学した時にどういうことを尋ねたか、またはつぶやいていたかということを聞かせていただきました。

すると家の構造のことよりも特注で作ったキッチンやテレビボードが素敵でほかのモデルハウスでは見かけなかったというものが多かったのです。

それからはそのハウスメーカーには続いて家具の問合せが入ったということです。

これは自慢話ではありません。事実です。
価格競争が当たり前になった住宅業界も新しい付加価値を見出すことができなければ
この競争から抜け出すことは難しいでしょう。

そしてこのことは設計業務についても同様です。
CADソフトの違いだけで勝負できる時代ではありません。

大切なのはオリジナルのノウハウがあるかどうかということです。

たった一つのデータが家を変えます。



一万円にも満たない価格のデータ集が住まいを変える

ハウスメーカーや建築会社の一番大切な"人以外"の資産はなんだと思いますか?

それはデータです。ほかに譲ったという話はいまだに聞いたことがありません。
ではなぜそのような貴重なデータを低価格で販売できるかといいますとそれは私が一から開発したものであるからです。

当然一つの家具を設計するために書店で雑誌を購入したり、モデルハウスを見学して回ったということも含めれば家具図面の一枚単価ですら1万円から2万円もいただくことが相場となっているのです。

ですからモデルハウスの家具の施工はしなくても家具の設計だけで10万円を超えることも少なくないのです。


このデータ集を公開した理由

家具データを公開した理由はただ一つです。

特定のハウスメーカーや建築会社の顧客以外の人に
このデータを利用して作られる家具を届けたいからです。


特注家具の世界は本当に知られていない

私が感ずるに、いまだに特注家具というのは現場で大工さんが作るものとばかり思われているということです。

そして材質ばかりを取り上げ、大理石を使った家具だから高級だと思われたり、鏡面仕上げのものだから高級というイメージを持たれたりすることにも違和感を覚えています。

ただ残念ながらこういったことはデータでは伝わらないので、今後何らかの方法でお伝えできたらと思っているところです。

私の知っているインテリアコーディネーターはおしゃれな頑固屋さん

インテリアコーディネーターは女性の憧れの職業となっています。 華やかなイメージが先行していますが、職人にも劣らない仕事へのこだわりを持っているスペシャリストであり、周りの人を変えるほどの力を持っています。 長年ディスカッションを続けてきて感じていることはインテリアコーディネーターはおしゃれで頑固な職人さんだということです。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

おしゃれでモダンなTVボード|完全オーダーのフロートタイプTVボードをお届けします【全国対応】

おしゃれなTVボードとは家のインテリアの邪魔にならないことです。 配線コードやコンセントすら見せることなく床も綺麗に見せるためには 浮いている(フロート)形にする必要がありました。 そしてどこにも存在しなかったこのフロートタイプのTVボードは 2004年、とあるハウスメーカーのモデルハウスで世間の目に触れることとなったのです。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

家のインテリアは階段デザインから【設計図公開】

インテリアと言うと リビングやダイニングの家具を どのようにしようかと考えるものですが、 設計においては階段のデザインから始まっているものです。 ですが そういった意識を持ってはいても階段の設計図というのは 家具以上に少なく、参考になる図面も見つからないものです。 そこで ここでは、 その階段、特にスチール階段の施工例と施工図面を公開することに しました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

家具の設計の基本を見てみましょう。(DIYにも使える技)

家具の設計は、かんたんなものから システムキッチンの設計までと範囲がとても広いものです。 それで 最初から高度な設計に走ることなく、 ごく普通の小さな箱が、デザインの仕方で 手洗い台や電話、FAX台にも変わっていく様子をお伝えします。 各設計図のCADデータもダウンロードできますので 詳細を確認してみてください。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

homifyのマガジンで紹介されたデュアルカウンターキッチンとは

homifyから マガジン掲載のお知らせを受けた システムキッチンの施工例をアップしました。 選出された理由は、 デュアル(複合的)なキッチンTOPが材質の選択もいろいろとできる点や、 衛生的にも良いということらしいです。 写真とともにCAD図面をごらんになり寸法を確認して、 キッチンのプランニングの参考にください。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
  • 10260
  • 13
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー