建築

有名な建築家の建築デザインや空間デザインのほか、日本建築などさまざまな建築物についてもまとめました。見ているだけでも楽しくなるような建築事例を、豊富な写真と記事で紹介していますので、きっと建築の参考になるはず。自分好みの空間を作るために、ぜひ活かしてみてください。

  1. リビングとバルコニーの家

    屋根と壁を設けたバルコニーをリビング、洗面所、お風呂に隣接させ 室内+αの空間として使えるように提案している。 時にはリビングと一体的に使える半外部のデッキスペースとして、 そして時にはご飯を食べるダイニングとして、洗面所からは雨の日も安心な物干しスペースとして、お風呂からはリラックスタイムを演出するバステラスとして。 季節や隣接する部屋により+αの生活ができる多目的なバルコニーを実現した。

    インデコード design office
    • 69162
    • 1586
  2. プライバシーを守り、拡がりを作り出す中庭ある平屋の住まい!!(徳島県)

    敷地は穴吹川に抜ける国道沿いの住宅街。 敷地からは山や川といった自然は見えず交通量の多い通りだったため、内向きに拡がりをつくろうと「コの字型」の平屋を提案する。ひとつの部屋と捉えた大きく開かれた中庭は、どの部屋にも太陽の光をおとしこみ心地よい風の通り道になっている。また、住まい手の要望でもあった家族や知人達が集える中庭は、大きな空をつかみとり様々な表情が味わえる楽しい食事の場となり、どこからでも家族の気配が感じられる「繋がりある住まい」の大切な核となった。

    TTA+A 高橋利明建築設計事務所
    • 67874
    • 1350
  3. 【やさしいハーブガーデン特集】ハーブを沢山植えてナチュラルキュートなガーデンアプローチ

    ハーブガーデンは難しいと思っていませんか? 実は多くのハーブはいわゆる雑草と言われている植物が多く とても丈夫な植物が多いんですよ。かおるガーデンにようこそ!とお客様をお出迎えのアイデア満載 じょうぶだからこそ、育ち過ぎないコントロールが大切。 元気に育ちすぎても素敵な彩りをガーデンいっぱいに香りと共に感じてください。食育もできる「食す庭」果物もたくさん植えました^^

    ティーズガーデンスクエア
    • 110555
    • 1120
  4. まるでキャンプに来ているかのような開放感あふれるアウトドアリビング

    角地のメリットを最大限に活かしたオープンエクステリアは左右どちらからでも駐車可能なので、とても開放的な雰囲気のファサードになりました。2つのカースペースの中心には、自然石と草目地で造作したナチュラルテイストなアプローチがデザインされています。既存の玄関ポーチと同系色の自然石が、エクステリアに一体感を産んでいますね。階段に沿うように造作した門袖壁は、主庭でも使用しているウリン材です。 主庭では、大きなウッドデッキを覆うタープがお庭のナチュラル感をアップさせています。青空のもとウッドデッキの上でお食事をしたりお子様と遊んだりと、気分はまるでキャンプに来たかのようですね。お庭に沢山植えた植栽は常緑と落葉を混在させているので、どの季節でも違った表情が楽しめます。

    Garden:Time
    • 74771
    • 727
  5. 施主自ら仕上げた居心地の良い住まい

    館林駅から徒歩数分、大きな道路から一本入った閑静な場所にご夫婦と2人の娘さん、4人の住まいが求められた。 予算と施主の質感への拘りから面積は100㎡にも満たない計画になる事が想定された。 余分な面積をそぎ落とすため各室は廊下を挟まずダイレクトに繋がる平面とし縦方向に様々な高さで積み重ね、多様な窓や開口を設ける事で拡がりを持たせている。 外部はモルタルに塗装、内部はヘリンボーンを大工による斜め貼りとし、ラワン、壁、スチール等の塗装とタイル工事等吹抜けにする事で工事費がかさむ箇所は全て施主が自ら行った。 仕事の後や休日などを費やし続け完成したこの住まいは家族にとって我々、工務店と一緒に創り上げた居心地の良い最愛の場所となるだろう。

    studio LOOP
    • 34428
    • 476
  6. ワンOneハウス

    千葉市緑区に建つ犬4匹と女性2人(母・娘)が一緒に暮らす住まい。 犬も家族の一員として過ごせる住まいを目指した。リビングの庭側に大きなゲージを設置し、家主が不在でもそこから自由に外部との出入りが可能な開口を設けた。外部にはその開口部の前面に犬用のシャワーユニットがあり、下部に犬しか出入りできない大きさの通路をつくることで防犯対策とした(屋内のゲージと屋外のシャワー流しとセットで「ワンoneユニット」と命名☆)。玄関や小屋裏部屋には犬が外の様子を見られる覗き窓を設け、玄関ホールの緩やかな階段やダイニングカウンター下部の通り抜け穴など、室内でやんちゃな犬達が自由に動けるスペースを設け、各所で犬が自由で活発に暮らせる工夫をした。 室内仕上げでは消臭効果のある材料や傷に強い素材を選定し、コンセント高さにも配慮をし、人も犬も安全で快適に過ごせる住まいとした。

    Miu 建築工房
    • 4707
    • 2

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    3839件中 1 - 20 件を表示