人や環境に優しい自然塗料のナチュラルウッドを使ってみました

いつも家具や雑貨を作る際には、油性のオイルステインを使っていましたが、1本で簡単に塗装ができ、人や環境に優しいアサヒペンのナチュラルウッドを使ってみました。

  • 48723
  • 59
  • いいね
  • クリップ

お家で作った家具には小さな子供達にも安心な水性塗料のミルクペイントを使うことが多かったのですが、木目を生かした着色仕上げができるアサヒペンのナチュラルウッドを使ってみることにしました。
ナチュラルウッドは、天然ワックスの配合と植物油脂で浸透性と撥水性があり、野外ではウッドデッキやガーデン用品の塗装、室内では子供が使う木製玩具の塗装にも安心して使える塗料です。
アサヒペンの塗料は薄め液がいらないので原液のまま塗るだけでとても簡単に塗装ができ、ワックスなどの強い匂いはなく低臭溶剤を使用しているので、塗装作業も気にならないのが特徴です。

今回は簡単に卓上テーブルの天板に塗装してみました。
塗装用具は、専用の薄め液か、ペイント薄め液を使って洗うのですが、使い捨てできる100均ショップのカップやハケ、汚れた雑巾などを使うと使用後の作業もなく行えます。塗料が皮膚や洋服につかないようにしっかりとゴム手袋や汚れてもよい服装で使いましょう。

着色にはウォルナットを使ってみました。木目が活かされかなり古い木目の色合いがでています。

乾いてくると同時にワックスのツヤ感もでてきました。冬場は乾くまで1日かかりますが、夏場は12時間から24時間ほどで乾燥できます。
乾燥した後も、塗料が擦れて衣服につかないように乾いた布でしっかりと拭き取ります。

一日置いてから二度塗りをして仕上げました。撥水性があるので無垢なテーブルの塗装におすすめです。塗膜がある家具はサンドペーパーや皮すきで完全に取り除いてから使用になります。子供達にも安心して使える塗料なのでDIYにおすすめです。これからはじめるDIYの参考になれば嬉しいです。

  • 48723
  • 59
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード