セリアのかごを合わせてペンダントライトを簡単リメイク

災害時でも使えるようにセリアの乾電池式LEDペンダントライトを玄関と洗面所の2か所に設置しました。
材料は全てセリアで揃えました。リメイクも取り付けも簡単です。

  • 12166
  • 80
  • クリップ

材料

セリア

ペンダントライト 
乾電池単4 3本 
芒草かご
パームリーフバスケット
ループエンド (6つセット)

セリアのSMD電球ペンダントライトは、乾電池式なのでぶら下げるだけで、どこにでも簡単にペンダントライトを取り付けることができるので、災害時の備えとしてもオススメです。

本体に単4の乾電池を3本セットして電池カバーを元に戻します。

吊り下げたい場所に合わせてロープを切ります。ロープは115cmと充分な長さがあるので、巻きつけて吊るしたりすることもできます。

ペンダントライトに合わせるシェードに、セリアの芒草かごを使いました。
最初から中央に穴があいている商品なので、この穴にロープを通してペンダントライトを穴に合わせるとぴったり収まりました。

芒草かごを合わせたら、ロープの先を輪にしてからしっかりと結びます。

ロープの結び目にひも留め用のループエンドを通して結び目を強化しました。(ループエンドは手芸コーナーにあります)

ペンダントライトのリメイクはこれで完成です。
取り付ける場所の天井の強度を確認し、Sフックを取り付けて、ペンダントライトをぶら下げました。

ペンダントライトを1つ点灯するだけで、充分な明るさを感じることができます。

同じようにセリアのパームリーフバスケットをシェードにして玄関にぶら下げてみました。こちらのバスケットも中央にロープを通せる穴があるので、簡単にシェードにすることができます。

どちらのシェードも傘が浅く、電球本体に近い深さがあるシェードではないので熱が溜まることはありません。ペンダントライトの本体も電球に高熱が溜まる商品ではないのですが、より安全に使う為にシェードのリメイクは深さのないものがおススメです。

我が家は玄関にも洗面所にも窓がないので、ライトがないと真っ暗です。
災害時にも使えるように、備えとして取り付けました。セリアのペンダントライトはお安く、インテリアにも馴染むオシャレなライトの備えができます。
今回は、セリアで買える材料でリメイクしてみました。
皆さんの参考になれば嬉しいです。

  • 12166
  • 80
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード