セリアのLEDペンダントライトをカフェ風ライトにリメイク

セリアのLEDペンダントライトに100円材料をプラスしてカフェ風ライトにリメイクしました。

  • 47945
  • 765
  • 6
  • クリップ

セリアから本体を持ってロープを引っ張るだけでスイッチになり、点灯、消灯が簡単にできる電池式のペンダントライトがでました。


こちらに100円のじょうごとアイアンチェーンをプラスして部屋に合うペンダントライトにリメイクしてみました。

ペンダントライトに重ねるシェードにダイソーのじょうごの丸型を選んでみました。

こちらを3つアクリル絵具を使って錆び風にペイントしていきます。

使っているのは、ダイソーの茶色とセリアのアンバーの二色を合わせてスポンジでたたいて塗っています。

次にペンダントライトのロープを20cmだけ残し、先についている付属品のカバーもはずしておきます。

ペンダントライトもじょうごに合わせて同じようにペイントしていきます。

ロープは、セリアのローアンバーだけを使って塗っていきます。

ライトの部分は、ダイソーの茶色も合わせて錆び風にペイントしています。

水は使わないで、絵の具だけをスポンジで叩くような感じです。今回は水気を使いませんが、塗装に水気のあるものを使う際は、ライト本体に支障がでないように気をつけてください。

ペンダントライトが乾いたら、ロープに輪ができるように縛ります。

何個か同時に作る場合は、ロープの部分を3つ均等な長さになるように注意しながら縛ります。

この本体を持ってロープの輪を引っ張るとスイッチになります。

縛った部分が隠れるようにじょうごの穴にロープを通すとぴったりはまります。

次に天井に吊るすための引っ掛けシーリングをつけていきます。

ライトをぶら下げるために、天井にはセリアの2p角材を塗装し、2本を接着剤で1本にしています。

左右中心の3箇所に、裏からセリアの三角吊り金具を取り付けて天井にビスで固定しています。

木目のライティングバーをイメージにして取り付けてみました。


チェーンの下はニッパーで広げてロープがひっかけられるようにしています。

固定した角材の左右中心三箇所にO型フックを取り付けてからロングチェーンをぶら下げ、ロープをひっかけてライトを吊るして完成です。

すべて100円の材料だけで作ることができ、
天井にコンセントがない場所にもライトを簡単にぶら下げることができました。

ひとつのペンダントライトには、単4電池が3本使用しますが、簡単にどこにでも取り付けできるので、ぜひ使ってみてほしいアイテムです。

使った材料

セリア
ペンダントライト 3つ
三角吊り金具3つ
2p角棒
アイアンロングチェーン3つ
ローアンバー アクリル絵具

ダイソー
じょうご丸型3つ
O型フック3つ
取り付けのビス3本
アクリル絵具 茶色
スポンジ
単4電池  9本 (1つに3本使用)



  • 47945
  • 765
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー