【幼稚園グッズの収納】廊下に置いてみたら便利だった!! 3つのポイント◎

幼稚園の通園かばんやその他の持ち物を、身支度スペースとして廊下に設置しました。

子どもにも、毎日忙しいママにも、メリットいろいろな廊下収納をぜひご覧くださいませ◎

  • 104564
  • 448
  • クリップ

通園グッズ用 カラーボックス を廊下に設置したらメリットが色々ありました

こんにちは!


断捨離して、家の中のモノを減らすようになったら暮らしが少しずつスッキリ整って快適になってきた、マツと申します!


(断捨離の成果やふだんのくらしを、ブログ「スッキリせいとん」につづっています。)

さて、本記事では「年少さんのための 幼稚園身支度スペース」についてご紹介します^^

ニトリのカラーボックスを置いただけのコーナーですが、廊下に設置してみたら良いことがいろいろありました◎

置いた様子や使い勝手のよさをご紹介させてください!

キッチン開けたら1歩でカラーボックス

▼玄関入ったところから見るとこのようになります。

▼キッチン側から見るとこうです

こちらの棚板の位置を変えられるカラーボックスは、ニトリで購入したもの。

おもちゃ収納

クローゼット内収納 など

いろんな場所で転々としながら我が家で活躍してくれていましたが、今回娘の入園に伴い身支度スペースとして廊下に設置しました。



娘の通っている幼稚園の教室のロッカーのように、上段に通園かばんや帽子を置いてもらっています。

こちらのカラーボックスの使い勝手もさることながら、廊下に配置したところ便利なポイントがありました!

3つ順番にご紹介していきますね◎

①じぶんで帰ってからの片付けができる

お迎えを終えてみんなで「ただいま!」のあと、靴を脱いで必ず通る場所。

手を洗う前に通園かばんと帽子をじぶんで脱いで置けるようになりました。

リビングなどに通園かばんを放置してしまうと、部屋が散らかってしまううえに下の子がいたずらしたりすることもあるので、とても助かっています。

ゆくゆくは、給食セットもじぶんで取り出して、キッチンと洗濯機にそれぞれ出してくれたら完璧◎

②荷物の確認を一緒にしやすい

出かける前は、筆者自身も帽子をかぶったり1歳の弟の世話をしたりと、慌ただしくしています。

そんな中で、玄関からドアの向こうのリビングなど、ほかの部屋で身支度する3歳児に声をかけたり指示を出すのは難しい。

しかもキッチンにベビーガードを設置している筆者宅では、娘が通るためにキッチンで待ってあげないといけません。

でも、家族みんなが必ず通る廊下に設置したことで、玄関で弟の靴を履かせながら3歳娘がちゃんとかばんも帽子も身につけたか、忘れ物がないかを確認ができるようになりました。

③キッチンでの準備物がすぐ置いておける

今のところ、水筒の準備は私の役目、そして給食セットの準備は練習中です。


給食セット(またはお弁当)と水筒を準備して置いておくのに、「キッチンの横」でもある廊下が好立地でした!

朝ごはんの支度の合間に水筒をセットして、廊下を開けてすぐにカラーボックス。

キッチンからたった一歩で、通園かばんの横に置いておけるので、娘も私も忘れることなく出かけられます。

「水筒準備したのにキッチンに置いてたら持って行き忘れた!!」

となると、ガッカリですものね。

お読みいただきありがとうございます^^

我が家の幼稚園身支度スペース、いかがでしたでしょうか。

リビング横にあるキッズスペースに、このスペースも設ける予定だったのを廊下に変更してみたらいいことずくめでした!

トイレのスイッチ用の踏み台もこのカラーボックスに収納していることもありますよ。

子どもたちの成長に応じてこまめな変更は必要かと思いますが、なるべく家にあるものを利用しつつ、うまく工夫して暮らしやすくしていけるといいなぁと感じています^^

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

どなたかの参考になれば、とても嬉しく思います。



筆者、マツのブログ「スッキリせいとん」では、
部屋の写真や断捨離記録、ママのワードローブなどもご紹介しています◎

もしよろしければ見に来てくださいね^^

  • 104564
  • 448
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード