リビングのキッズコーナー♡【こども目線で遊べるスペースを作ろう】

幼い頃
カーテンの裏や階段の下、
布団の中でかまくらごっこなど
自分の姿をすっぽり隠してしまうような
狭い空間が好きだったりしませんでしたか?

秘密基地のようなこじんまりとした空間で
こどもはワクワクしながら一生懸命遊ぶ工夫をします。


大切なおもちゃを宝箱に詰めたり…
コッソリおやつを隠してみたり…
怒られたときは避難したり…

広い家に住んでいなくても、
こうゆう遊び方をさせてあげたくて
娘専用スペースを作ってきたことを書きます。

  • 20997
  • 182
  • 0
  • クリップ

料理をする時やリビングでくつろぐとき
我が子の気配を感じないと
何をしてるのか気になってしまうので
10帖のリビングにキッズスペースを作ってます。


キッズスペースを作ることで得たメリットは
◾️1人部屋のような特別な場所を感じてもらい、
ごっこ遊び〜お片付けの習慣をつけれるようになる
◾️やたらあちこちにおもちゃが散らからなくなる

などで、我が家では現在も形を変えてキッズスペースを確保しています。

よちよち期【ベビーサークル】

まず初めに与えたスペースは
ベビーサークルというもの!
洗えるメッシュ素材のもので、
現在はこれに類似した色々な商品が出ています(^^)

寝返りをマスターした頃ハイハイ意欲を出してもらうために(中におもちゃを入れておいて入りたい思いをアップさせる)
ベビーサークルを設置し2歳半までは
ここを娘のお部屋にしてました。

その後、ここでおままごとをしては
私達にお料理を運んでくれたり、
「こちらへどうぞ」と招待してくれたり、
時にはこの中でお昼寝してしまったり…

娘にとっても、成長を見守る親としても、
とても大切なスペースとなっていきました。

成長に合わせて遊び方は変わってきますし、
保育園で色々学んでくるのでお片付けをすることも理解してきてくれます。

ちょうどこの頃は、

よく遊んでいる[触るため散らかる]
・おままごとセット
・こどもちゃれんじの付録セット
を分け、自発的に遊んだり片付けれるようにし

あまり遊ばない[触らないため散らからない]は
蓋つきの大人が出し入れしてあげるようなケースにキッチリ片付けてました。

これらも、急に「出して」と言われる事があるので、
よく遊ぶおもちゃのそばに置いておきます。


使っていたストレージケースはどれも角がなく安全なものを使用。
小さな身体ですが、狭い空間でチマチマ遊んでいるので怪我対策です。


やんちゃ期【秘密基地】



遊び方が活発になり、
ジョイントマットなどが滑ったりつまづいたりして危なくなってきたので
いよいよ思い出のベビーサークルを処分。

新たにキッズスペースを作りました。


ここはリビングのチェストの裏側に作った1畳分程のスペース。
まるで秘密基地です。

家具でスペースを仕切り、外側から見ると一見なにもないように見えます。


チェストの背面にはカレンダーを壁紙の様に貼り、
自由にお絵描きやシールを貼って遊べるようにしてます。

また、家具と壁に挟まれてる空間で薄暗いので娘にも使えるライトを設置。

ベビーサークルの頃よりレベルアップさせてます。

このように散らかってても、
リビングからは全く見えません。

良いのか、悪いのかはわかりませんが、
娘に口うるさく『片付けなさい』ということもありません。

ここは、娘のテリトリーです。

もちろん、ここからおもちゃが溢れてもきます。
溢れたおもちゃを出しっ放しでいるようであれば一緒にお片付けします。

まとめ


このスペースにはおもちゃはほとんど収納出来ないので
近くにおもちゃ箱を置いています。
そのおもちゃ収納も以前通り
とても単純で簡単な方法にしてますので、機会があれば書いてみよう思います。


家族が笑顔になれる、
居心地の良い部屋にする方法は無限大です(^^)

大人の目が届く場所で、
好きな時に好きなおもちゃで、
安全に遊ばせてあげられる。

パパの帰りをこの部屋に隠れて「なかなか帰ってこないね…」と待ちわびている。

「ママちょっとこっちきて!」と得意げに部屋に招いてくれる。

愛らしいことが沢山起きます。


小さなお子さんがいらっしゃるお家の方
ぜひやってみてください♡


  • 20997
  • 182
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード