溢れた子供服と和室の整理収納★ビフォーアフター事例

子供2人、共働き家庭の友人宅。あとでやろうと思いながらも後回しになり、どんどん買ったモノなどで増えてしまう...。そんなモヤモヤの塊でもある和室と、山になった子供服を中心に整理収納しました。本当にどうにかしたい!という気持ちが、もったいないなぁを上回ったとき、人ってすごい力を発揮します\(^o^)/

  • 221733
  • 591
  • 16
  • いいね
  • クリップ

使えていない和室事情

やらせではないです(笑)
押し入れ

子供が2人共、保育園なので、毎日着ていく洋服や下着は、いちいち畳まずしまわず、洗濯物から取ってます、というのがワーママ(友人)の現状です(。・´д`・。)
休みの日に上に積んであるものから選んで着させる、というのが精一杯。
和室にあるモノはほとんどが溢れ返った子供の服や荷物。
押し入れもいまいちうまく使えてない...。

とにかく、部屋をスッキリさせて、子供達が遊べるようなスペースへと生まれ変わらせる!と目標をたて実行しました\(^o^)/

どんどん出てくる服、服、服...

売る&譲る洋服

もともと洋服が好きなこともあり、買ったもの、貰ったもの、とにかく沢山の洋服が2人分!
全ての引き出しから、要不要の区別をしてもらいました。

分類カテゴリーはこちら

●今着てる
●これから必ず着る
●処分する
●売る
●譲る

さらにもうひとつ、裁縫の上手な実家のおばあちゃんが、沢山の洋服やバッグを作ってくれるので、それは捨てることはせず、実家行きというカテゴリーを作って、ボタンやファスナーなどを再利用してもらうことにしました♪

ベビーベッドの上は、放り込み状態...

もうベッドとしては使っておらず、モノをどんどん放り込む場所になってます。

形からして放り込みたくなりますよね(笑)

ここは、相談の結果、よく使うおむつやバッグなどを置く場所にしました。

押し入れの全部出し

収納用品があちこちに点在してたり、引っ張り出さなければ開けることができなかったり、とても使い勝手が悪かった押し入れ。

ここには、子供のモノ以外にもモノがありましたが、全て要不要を分けました!

全部出しすると、掃除もできます(*´∀`)

休憩しながら作戦タイム

売るものがとにかく多かった今回。
安くなってしまうけど、お店に持っていくか、手間はかかるけどフリマアプリで売るか、はたまた、フリーマーケット出展?!など方法を考えました。
実際に、このブーツと同じ状態のモノがいくらで出品されているよ、というようにリサーチをしていくと、手間隙考えたら割りにあわないかな、ということになり(ワーママですしね)、すべてお店へ持っていくことになりました。

友人のなかで、もったいないなぁという気持ちが多少なりともあったはずなんです。
でも、でも、持っていても使えないモノですし、現実的にフリマアプリでやりとりをする時間はない、とにかくスッキリさせるために家から出してしまいたい!という思いが勝ったんです。

そして、もうこんなもったいない思いをしないように、これからあんまり買いすぎないようにする、と言っていました( ´∀`)

その気づきこそが、やった人にしかわからない醍醐味♡

ここまで8割、ラストスパート!

必要なモノだけになったら、あとはそれをいかに使いやすく収めるか、です( ´∀`)

私が一番好きな仕事です!

友人の性格や生活スタイル、頻度や使いやすさ、子供のできるできないレベル、などなど考慮しながら全て収めていきます。

押し入れのように左右から開けるタイプの収納は、開けてすぐ取れる位置によく使うものを置くのが鉄則です。
従って、半間分を全て開けないと取り出せない中央付近は、頻度の少ない、シーズン装飾品などを配置。
子供達の製作品は、ここに入らなくなったら見直す、という決まりで右奥のピンクのキャリコの中にポンポン入れることにしました。

ベビーベッドの上は、一目見て何がどのくらいあるかわかるように収納

まとめ

ビフォーアフターで見ると単なるお片付け、と思われてしまうのが残念なのですが、作業を通して芽生える意識というのはさまざまあります。
要不要の区別をしている間の判断力や集中力、そして、反省や気づき、形が見えてきたときの興奮、そして何と言っても終わったときの達成感!

決してゴールではなく、またここから使いやすいように自分自身で工夫をしたり修正したりできるようになります。

以前ならば、どんどん突っ込む、放り込む、積み上げるだけだった和室を『部屋として』機能できるようになったので、日常の片付けのレベルが確実に上がるのです。

整理収納は、ワーママの強い味方だと思います( ´∀`)

片付く仕組み作りをしてしまえば、日々の生活が快適になります♪

所要時間:5時間半
書い足し費用:0円
人数:2人


皆様のご参考になれば嬉しいです!


  • 221733
  • 591
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード