ダイソーの木材と家にあったタイルで目地なしの鍋敷きを簡単DIY

ダイソーの木材と家にあったタイルで目地のない鍋敷きを作ってみました。

  • 15294
  • 89
  • 0
  • クリップ

今回ご紹介するのは、こちら。

タイルの鍋敷きです。

作り方

ダイソーの木材と家にあったタイルを使います。

木材は、

この2種類です。

ます最初に、

板の上にタイルを乗せて細い木材の幅だけあけて線を引きます。



そして のこぎりでカットします。

鍋敷きのベースになる板がカットできました。

細い木材も、

4本カットしておきます。

そして

カットしたところをやすりがけしたら、四角い板の側面と細い木材4本をペイントします。



ペンキが乾いたら板の表面にボンドをつけます。

ボンドは厚紙などを使って、

隅々まで伸ばすのがコツです(*^^*)

そしてここに、

タイルと細い木材を乗せます。

ボンドが はみ出したところは濡れ布巾で拭いておきます。

横から見ると、こんな感じです。

時間が経つとボンドだけでは細い木材が反ってくることもあるので、

細い木材の両端に小さな釘を打っておきます。

小さい釘を打つ時はペンチで挟みながら打つと打ちやすいですよ。

仕上げに合皮の端切れを折り曲げたものを小さなネジで固定すれば、もう完成です!

私は電動ドリルを使いましたが、ドライバーを使って手でネジを閉めても全然オッケーです。


完成!

面倒な目地入れの作業をしなくても、本物のタイルというのはやっぱり ずっしりとした重みがあって可愛いです♪

鍋敷きとしてはもちろん使えますが、

こんな使い方をしても可愛いかと思います(*^^*)

ちなみにこのカッティングボードもダイソーの木材で作ったものでして。

気になった方はこちらのハウツーも見てみて下さい(*^^*)

合皮の部分を引っ掛ければ見せる収納としてもオシャレですよね♪

今回は家にあったタイルを使いましたが、ダイソーにもかわいいタイルが売っているので良かったら作ってみて下さい(*^^*)

  • 15294
  • 89
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード