100均で作るキッズチェア!

100均にあるものでキッズチェアができないかと考え作ってみました!!
ホームセンターにある木材よりも100均にある木は柔らかく扱いやすいので初心者さんにも
扱いやすいのでオススメです!
この機会にDIY初めてさんも作ってみてくださいね。

  • 240363
  • 3256
  • 30
  • いいね
  • クリップ

まずは出来上がったキッズチェア

材料
ダイソー
杭角 80cm✕3本
板材 B-7✕4枚
丸棒 ダボの大きさに合うもの 1本
水性ニス ウォルナット
水性ペイント ホワイト

※デコに使うものや釘

作り方

まず初めに杭の下の部分を切ります!!
真っすぐになるように切りたいのでここではセリアののこぎりガイドを
使います。

ここからが材料カット

平らにした杭を切っていきます。
39.5cm×2
18.5cm×6
19cm×4
これが椅子の土台になります。

座面になる板を切ります

上から順に付ける順番で並んでます

24cmを3枚、1枚は横24cm×7cmにカット!!
24cm×7cmの板は背板になる部分の奥につけるので杭の幅にも
カットします。

はじめに切り取った先をこんな風に使うと便利

組み立て

1番長い角材39.5cm、横の角材は19cm2本、短い角材18.5cm

こんな風にまずはボンドでつけます。
乾いたらこの2つを挟むように18.5cmの木材もボンドで固定!!
ここはあくまで仮止めです。

こんな感じになったらダボ穴をあけてねじで止めていきます。

ダボ穴を作らずねじをそのまま打っていくのもいいですよ!!初心者さんは穴をあけずねじ止めをお勧めします。

ダボの穴あけ
ダボの穴をあけたところにねじ止め

※穴あけとねじ止めは位置をずらしてやらないとねじがぶつかるのでずらしてあけましょう。

すべてねじ止めできたら次はダボの穴を閉じます。
ボンドを流し込み、丸棒を穴にさして刺さったらのこぎりで切ります。

ダボの穴を埋めたらしっかりとやすりをかけるときれいになります。
そのあと色塗りです。
座面、背板は茶色、土台はホワイトで塗ります。

乾いたら土台に座面、背板をくっつけます。
釘の頭を見せたく、わざと釘打ちにしました。

座面になる部分にまずはボンド
板を乗せたらそこを釘打ちします。

背中が当たる部分の木材もボンドを付けて釘止め!!
背板にはダイソーのものを付けてワンポイントのしてます。

出来上がり!!

別の角度から

子どもが座っても大丈夫!!大人も座れました。

最後に…

足の部分にこれを付けると滑り、床などに傷もつきにくいです!!

別の色や、足の長さを変えると好きな高さで作れますよ。
100均だけで子供のかわいい椅子ができました!

ダボをあけてやるときれいな仕上がりですが初心者さんなどはそのままねじ止めするといいですね。
これを応用するとミニベンチも作れそうですね!!
※背板が角材からはみ出していますが危ないと思う方は角材の端から背板を付けてください。

  • 240363
  • 3256
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード