夏の遮熱対策 窓はこんなに暑かった!|窓からの熱と日差しをブロックするオシャレなブラインドがあるんです。

お部屋が暑くなる理由の1つに「窓からの熱」があります。なんと!この熱をブロックするブラインドがあるんです。見た目はオシャレなブラインド。冬場もそのまま使えます。これからの暑い季節、強い西日や窓からの熱をブロックして、快適なお部屋作りのお手伝いをいたします!

  • 8360
  • 39
  • 0
  • いいね
  • クリップ

住み始めて気付く「窓」の想定外!

夢の新築一戸建て、憧れのマンションで新生活を始めてみると、

ん?あれ?
思ってたのとちょっと違う?

って思う事、ありませんか?

特に「窓」に関する事。
窓の事まで考えてなかった、という方は実は多いようです。

この時期、
お客様からいただくご相談で増えるのが、

「部屋が暑くて、なんとかしたい」

どうですか?
お心当たりはありませんか?

最近の窓は、こんなに暑かった!

日本古来の和風住宅には、軒(のき)や庇(ひさし)が多用されていました。
日傘のような役割で、
窓から入る直射日光を遮り、お部屋の温度上昇を防いでいました。


いまどきのスッキリデザインのオシャレな住宅。

窓に直射日光がガンガン当たってます。

いくら遮熱効果の高い最新のガラスを使用したとしても一日中当たり続ける強烈な日差しを完全にブロックする事は出来ません。

窓に直撃する「直射日光」が、室内を高温にする犯人です。

リフレクトで熱の元「近赤外線」を反射してブロック!

採光ブラインド アカリナ「リフレクト」は、
光を98%反射する特殊な樹脂素材を使用しています。

これで熱の元になる「近赤外線」を98%ブロック!
室内に入れません。

窓からの熱気もブロック!
もちろん、有害な紫外線もブロックします!

衝撃の温度差!サーモカメラで温度測定

事務所の中で比較してみました。
5月半ばのある晴れの日です。

外から見ると分かりますが、けっこう直射日光が当たっています。

室内から見ると、こんな配置です。

これをサーモカメラに切り替えてみると・・・

すごい温度差です! 
アルミブラインドのところは、
30度を超えています。
逆に、アカリナ・リフレクトのところは、
全く熱くなっていません。

熱を完全にブロックしているのが分かります。

5月半ばでこの温度ということは
夏場の窓は、どこまで上昇しているのでしょうか。

恐るべし、直射日光!
暑さとの闘いは、すでに始まっています!!

スラット(はね)の角度で、明るさを変えられます。

ブラインドなので、少しスラット(はね)を傾ければ光を室内に入れる事ができます。

左側)スラット(はね)を完全に閉めた状態
右側)スラット(はね)を45度に傾けた状態

西日の強い時間や、暑い季節はスラット(はね)を完全に閉めて使います。
それほどではない時は、少し角度を付けてお使いください。

ミルキーとリフレクトの明るさの違い

採光ブラインド アカリナ ミルキー との見た目の違いはこちら↓

ミルキーがブラインド全体で光を採り込んでいるのに対して、
リフレクトはかなり抑えているのが分かります。

ご覧の通り、真っ暗にはなりません。

せっかくの昼間です。
「強すぎる光」と「暑さ」だけをカットできれば、真っ暗にする必要はないのです。

同じブラインドでも、アルミ製は熱くなります。

アルミ製のブラインドも、光を遮ります。

ところが、
アルミは金属の中でも熱の伝導率が高い素材。
熱くなりやすく、冷めやすいのが特徴です。

つまり、
直射日光ですぐに熱くなり、
温度の低い室内に向かって、熱を放出し続けます。

先ほどのサーモカメラ写真のアルミブラインド。
あの「熱」がどんどん室内に入ってくるので、
近い席の人ほど「暑い~~!」と言っています。

オシャレなブラインドだから、冬もそのまま使えます♪

すだれや遮熱用のアイテムで、毎年、暑さ対策をされていた方には
ちょっと嬉しい情報です♪

もう片付ける必要はありません!!
ブラインドなら、一年中そのままでOKです。(笑)

ぜひ今年の暑さ対策は、
採光ブラインド アカリナ「リフレクト」で!


  • 8360
  • 39
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード