寒さ対策は窓に注目!断熱と冷気対策にオススメの1枚

気温が下がってくると暖房が恋しくなりますね。
どんなに室温を上げても寒い場合は、窓から暖気が逃げて行っているかもしれません。
温度の逃げ道をシャットアウトして、寒さ対策をしましょう。
光熱費の節約にもなって一石二鳥です

  • 108777
  • 1933
  • 11
  • いいね
  • クリップ

窓から熱が逃げている!

窓が大きいと開放感があっていいのですが
その分、部屋の暖気も逃げていく率が高まります。

暖気は逃げて、外からの冷気が入ってくるのも窓です。

窓を開けていなくても、なんとなく室内が冷える
というときは、ガラスが影響しているかもしれません。

ベランダへの出入り用の掃き出し窓は
床まであるので、余計寒さ対策が必要ですね。

ビニールハウス計画

我が家では、もう10年以上前から窓から侵入してくる冷気対策をしています。

ベランダに通じる窓が多いので
その分暖気が流れ、冷気の侵入が大きいのです。

内窓サッシが入っている二重窓なので
まだ空気の層がある分、幾分かはしのげますが
この冷気を少しでも遮断しようと思い立ち
ビニールハウス計画を考えました。

窓にビニールカーテンを付けました。

断熱カーテンライナー

ホームセンターで売っている
断熱カーテンライナーです。

窓の高さ別に種類があり
1セット1000円~というお値段。
いろんなデザインのものが出ています。

私はクリアタイプを使って、外からの採光ができるようにしています。

さらに、プラスして

冷気は足元から。
ということで
このシートだけではなく、断熱ボードも併用しています。

これは、断熱ボードに100均のリメイクシートを張ったものです。

無機質な銀色や、白い発泡が出ているよりも
おしゃれです。

暖房費も節約できた!

このライナーを付ける前は、冬だから寒いのは仕方がないと思い
暖房の温度を上げていました。

窓から冷気が漂ってきているとわかってからは
ビニールシートで対策しました。

室内がほんわか暖かくなり
そんなに温度を上げなくてもよくなり
光熱費の節約にもなりました。





いかがでしたか?

室内の冷えは、健康にも影響を及ぼします。

快適に過ごせる室温を保つための工夫として
窓の断熱は見逃せません。

夏と冬のカーテン地の厚さを変えてみるのも
ひと工夫ですね。


寒くて暖房温度を上げる前に
窓の対策をオススメします。

  • 108777
  • 1933
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

おすすめ

話題のキーワード