大人気☆フレッシュロックとレバーキャニスターのメリット・デメリットについて考えてみました!【4】

冷蔵庫やキッチンで食材や調味料を保存するのに大人気の『フレッシュロック』と『レバーキャニスター』。
それぞれのメリット・デメリットについて考えてみました!

  • 26905
  • 123
  • 2
  • いいね
  • クリップ

これまで
『大人気☆フレッシュロックとレバーキャニスターのメリット・デメリットについて考えてみました!【1】【2】【3】』
で、フレッシュロックのメリット・デメリットと、レバーキャニスターのメリットについて述べてきました。

最後になりましたが、レバーキャニスターのデメリットについて考えたいと思います。

●レバーキャニスターのデメリット●

❶完全密閉ではない。

カインズホームもニトリも、レバーキャニスターについてのweb上には完全密閉という文言はありません。
気密性についても記載はありません。

私が今まで5年使っている中では、中身の調味料が湿気たりカビたりする事はありませんでしたが…。

❷蓋が分厚い分、余計な高さが必要。

この赤い矢印の分、中身は入りません。
キャニスターの高さ自体はちょうど良くても、中に入れられる量は少し少ないのです。

❸ゴムパッキンの変色・劣化

このタイプのキャニスターのゴムパッキンは外れないので、パッキンが変色したり劣化すると、本体丸ごと買い替えが必要になります。

❹蓋を洗った際に隙間から水が入り、完全に乾かすのに時間がかかる。

赤い矢印の先に僅かな隙間があるのですが、蓋を洗うとそこから水が入ってしまいます。(蓋を振ると水の音が…)
一度蓋を洗うと、完全に乾かすのに2日間くらい干していたので、その間、本体にはラップをする事になっていました…。

❺蓋の置き場に困る

このタイプのキャニスターは蓋が完全に取れるので、料理中は蓋の置き場に困った事もありました。

❻実店舗数が少なめ?

ニトリはかなり店舗数が多いですが、カインズホームはニトリに比べると店舗数は少なめです。
オンラインでは必要なサイズが売り切れている事もありますし、近くに実店舗が無い場合は不便に感じる事もありますよね。

以上がフレッシュロックとレバーキャニスターのメリット・デメリットです。

キッチンや冷蔵庫のスッキリを目指すからと言って、全ての食材や調味料を入れ替える必要があるとは思いません。

まずは料理を作る人が便利である、という事が大切です。

その上で必要なモノをちょうど収まる容器に保存して、便利かつスッキリすれば、とても良いですよね!!

長々と書きましたが、何かの参考になれば良いなと思います。
読んで下さり、ありがとうございました!

  • 26905
  • 123
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

整理収納が大好きな1男1女の2児の母です!

おすすめのアイデア

話題のキーワード