子どもの自立を助ける「ごほうびシール」のススメ

我が子のおこづかいは完全出来高制。親が子供をほめる機会を増やし、子供の達成感、満足感、その先にある「やる気」の創出につながる「ごほうびシール帳」の紹介です。

  • 95088
  • 321
  • 0
  • いいね
  • クリップ

お手伝いや約束事を守るとシールget!

我が家は
あらかじめ子供と相談して決めた
いろいろな約束事やお手伝いメニューに沿って
ミッションをクリアしていき
寝る前に一日を振り返り
シール帳にシールを貼っています。

貯めたシールは換金できます。
要するにポイント制のおこづかいなんです。

はじめは
「歯磨きができた」とか
「お片付けできた」とか
できることから始めて
「お米を研いだ」とか
「洗濯物をたたんだ」とか
最終的には ごく自然に
家事の一翼を担ってもらえるようになる
下心ありありの壮大なプロジェクト。

もし私に何かあっても
とりあえずは生きていけるように。
そして近い将来、私が楽をするために(笑)

直径15ミリのポイントシールが大活躍!

100均にある
15ミリのポイントシールを活用しています。
デザインが豊富なうえに
たくさん入っているのが助かる!

15ミリの方眼罫ノートを使う

ポイントシールと15ミリ方眼罫の
シンデレラフィットに感動しました。
(考えてみれば当たり前だけど)

初めは
すごろく的なシール台紙をダウンロードして
壁に貼っていたんですが

成長するにつれ
貼るシールの量が増えていき
すごろくでは足りなくなってきたので
今はこのノートに貼っています。

B5の半分(B6横)ノートが
テーブルの引き出しに入れておくのに
ちょうどいいサイズでした。

頑張りを「見える化」するメリット

一日の終わりにシールを貼ることで
親子で一日の振り返りができて
「きょうは何個貼れた」
「あしたは○○をがんばろう」
達成感と満足感とやる気を増進してくれます。

私も「がんばったね」などの声かけができ
自然と褒める機会がふえるので
日中に叱ったりイライラすることがあっても
寝るときには褒めて終われるのがいいです。

「もう少し頑張れば3日でこれだけ貼れるよ」
「あと○○個で500円だね」
これまでの実績をシールで見て
ほんの少し先の未来を想像させてあげる。

そんなポイント制度に欠かせないシールです。

見た目もかわいいしね^^

おこづかい制度がまだ定まっていないご家庭に

ご家庭それぞれに
おこづかい制度があると思いますが
ただ定期的に定額を与えるだけより
おこづかいに意味を持たせたいですね。

まぁ私は生粋のドケチなので
意味なくお金を渡したくないだけですけど(笑)

自分のことを自分でできる子
今日を見直して明日に生かせる子
計画的にお金を運用できる数字に強い子へ。
自然に目指していけたらいいですよね。

子供の生きる力になるおこづかい制度に
ごほうびシール帳はいかがでしょうか。

  • 95088
  • 321
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ホッとする生活感を残しながら、イラッとする生活感を消すような、ズボラだからこそ思いつくインテリアのアイデアを載せていきます。みんながおうちをもっと好きになるヒン…

おすすめのアイデア

話題のキーワード