レースカーテンの代わりに!マクラメ・タペストリー

マクラメ編みは、麻ひもやロープを結んでいくことで、植物を吊るすプラントハンガーや、壁に飾るタペストリーになる、夏っぽい海っぽいアイテムです。飾るだけではなく機能性も持たせたいので、今回はタペストリーを応用して、カーテンとしての活用法を紹介します!単純な結び方の積み重ねなので、初心者でも何となーくでできちゃいました。

  • 27614
  • 149
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カーテンがピンとこない

娘の誕生日のリクエストで
部屋のコーディネートを頼まれた母は
娘のキャラクターにあわせて
ブルーを基調にした
夏!海!的なファブリックにかえました。

かえたのは冬だったけど。
そして海、ないけど。

そしたら
インテリアに合うカーテンが見つからなくて。

マクラメタペストリーの応用で

海っぽいインテリアに合うカーテンが
なかなか見つからなかったので
ブラインドも候補の一つでしたが
私に似てズボラなうちの娘
カーテンの開け閉めさえしない子なのに
ブラインドなんて絶対触らないわと思いまして。

くもりガラスフィルムを窓に貼るとともに
マクラメ編みで暖簾のようなものをつくって
カーテンの代わりにしてみようと思いました。

開け閉めをしないなら
する必要がないくらいの遮光性のないやつがいい。

用意するもの

耐荷重のある突っ張り棒と
綿金剛打っていうロープ。
ねじねじになっていないタイプです。

ねじねじしている綿ロープでも
そこはお好みで。

私調べでは
カインズさんが一番安かったありがとう!

太さは絶対3ミリ。

ズボラ心で6ミリを買ってみたら
とんでもないことになりましたので
ここは3ミリで。

そしてマクラメ編み初心者の強い味方!
こちらの本を参考にしました。

結び方を1種類でも知っていれば
デザインやサイズの自由度がとても高いので
気軽に始めやすいです。

具体的な方法は
こちらの本を見るか
動画などを検索していただければと思います。
(このページでは紹介していませんすみません!)

応用のポイント

タペストリーの場合は
流木などをベースにしますが
窓枠にはめ込むために
突っ張り棒をベースにします。

地味に重くなるので
強力なタイプの突っ張り棒を選んでね!

窓の横幅にはロープの本数を調整し
長さにはロープの長さを加減します。

編み図はサイズにあわせて思いつきで。

左右対称にしたい場合は
ロープの本数は4の倍数を目安に。

取りつけてみました

作業工程はさらっと飛ばしまして。

特殊なサイズの窓だからこそ
カーテンじゃないほうがいいですね。

いかがでしょうか。

カーテンレールを外す勇気は
まだありません(笑)

初心者がいきなり大物にトライしましたが
ちょっとした算数と
単純な作業の積み重ねなので
見た目ほどハードルは高くなかったです。

まあ
まだ窓があともう一枚分残っていますけどね。

カフェカーテンをつけるような飾り窓から
まずはチャレンジしてみませんか。

これからの季節に
ちょうどいいインテリアです^^

  • 27614
  • 149
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ホッとする生活感を残しながら、イラッとする生活感を消すような、ズボラだからこそ思いつくインテリアのアイデアを載せていきます。みんながおうちをもっと好きになるヒン…

おすすめのアイデア

話題のキーワード