ふすまの大きな扉もべニア板でリメイクDIY♪賃貸でもタッカーを使えば理想に近づけます

大きなふすまのリメイクDIY。小さな扉のリメイクもお手軽でいいですが、慣れてきたら大きな扉にもチャレンジしてみませんか?
ふすまのような大きな戸は部屋のイメージも一気に変えてくれるのでインテリアの模様替えにもお勧めです。賃貸でも工夫すればイメージに近づけるリメイク法を紹介します

大きなふすまをべニア板と壁紙でリメイク♪

yunyuns.exblog.jp/

現在ではアトリエの顔ともいえる大きな押入れのふすま
実はこの引き戸はホームセンターで作ってもらったもので、既にふすまではないのですが
当時は自分でリメイクするなどという考えが浮かばなかったので、今思えば惜しいことをした!という思いですが
押入れの中からの隙間風もひどく、ちょっと厚みのある引き戸になったことでそれもさえぎられることになったので眺めてるだけでもお気に入りの場所です♪

早速リメイクスタート♪

yunyuns.exblog.jp/

ホームセンターで作ってもらった引き戸は、当時はブラウンしかなかったので、部屋のイメージに合わせて真っ白にペイントしていました。
そしてこのマットな質感から好みの雰囲気を変えたくてウズウズ。。。

気になったら、思い付いたら体が勝手にホームセンターへ。。。(笑)

べニア板1枚をサイズにカット♪

yunyuns.exblog.jp/

一枚のべニア板でふすま1枚分。
多少サイズ調節は必要ですがおよその目安です。板壁風にするために少し隙間を作るのも忘れずにしながら1枚の幅サイズを決めています
そしていつものようにホームセンターでカットしてもらってあとは作業するだけなので超ラクチン

べニア板はカッターでも簡単に切れます

yunyuns.exblog.jp/

私は普段「10カットまで無料」のホームセンターを利用していますが、通常はホームセンターでもカット代がかかってしまいますよね
べニア板はその点、カッターでも簡単に切ることが出来るのでお勧めです
ある程度カッターで筋をいれてちょっと折り曲げるとパキッときれいに切れます。この時切った断面で指を汚さないように気を付けてくださいね
カット面をやすりで磨いてあげれば大丈夫です

タッカーで固定

yunyuns.exblog.jp/

タッカーはリメイクで結構活躍するので、DIYにもあると便利です。一番安いものでも十分いいお仕事してくれます

一面綺麗に貼れました♪

yunyuns.exblog.jp/

見た目はふすまサイズに見えますが、実際にはちょっとだけ幅広になってしまいました。でもこれはこれで良しとします。まだ取っ手を付けていないので少しだけ隙間を開けています

yunyuns.exblog.jp/
yunyuns.exblog.jp/

ここであえて下地を塗ってみます。これは板壁風に見せるためのちょっとした裏技?!まぁ適当ですが立体感を出すのにただ真っ白なよりはいいかなーと味を出してみました

白い塗料でペイント♪

yunyuns.exblog.jp/

真っ白に塗るより、下地があるとちょっと使い込んだ風合いに近づけて私好みのフレンチカントリー風なインテリアに♪

取っ手を付けて扉完成♪

yunyuns.exblog.jp/

もともとついていた取っ手は外してしまうので、新たに新しい取っ手を付けました
でもこの後どうも納得いかず、、もっとピッタリなのを付けて変身させました♪取っ手一つでイメージが変わるものです

完成♪

反対側の引き戸は壁紙で♪

yunyuns.exblog.jp/

本当はここにもべニア板1枚に壁紙を貼って引き戸に設置しようと試みたんです。が、引き戸が行き来するときの隙間が十分になくて、直接引き戸に壁紙を貼ることになりました

壁紙は人気のホワイトレンガ♪

yunyuns.exblog.jp/

近くから見たらそりゃー安っぽくも見えますが、遠くから見ればイメージにピッタリな仕上がりに大満足♪
実はまだこの引き戸の取っ手は迷い中でまだこの状態。。。
いいアイディアが生まれてくるまで、このままかな ^^;

ここでようやく完成♪

yunyuns.exblog.jp/

1枚で二度おいしい壁のような引き戸が完成です♪

べニア板はホームセンターでも手軽に手に入るし、例えばボンドを使わずに色を塗った後にタッカーで貼るだけでも十分
その時はふすまの木枠に合わせてはめていくのがお勧めです
賃貸の場合はべニア板に壁紙を貼った状態でタッカーでとめれば、穴は最小限。両面テープなどもお勧めです

どんな使い方をしてるかというと・・・

ここは本職布作家の私のアトリエ。
撮影の時により作品をきれいに見せたり、ちょっとしたスタジオのようなイメージで撮影スポットにしています

yunyuns.exblog.jp/
yunyuns.exblog.jp/
yunyuns.exblog.jp/
yunyuns.exblog.jp/

LIMIAではDIYを紹介していますが、普段は布小物作家として活動していまして
アトリエの扉を撮影の時に使っています

後日フレンチ風なアイアンの取っ手に変えてピッタリな雰囲気でおしゃれに撮影できるのが気に入っています

扉リメイクのいろいろ

玄関の建付けの下駄箱をべニア板でフレンチカントリー風にリメイクDIY!ビフォーアフターは歴然なのです

20年ほど前の建売住宅で建付けの家具も標準的な明るめブラウン。 どうも気に入らなくてキッチンの吊戸棚のリメイク後、もっと簡単な方法を思いつきべニア板でDIY!リメイク扉に再挑戦♪ ホームセンターで500円ほどで手に入るので是非チャレンジしてみてくださいね♪白じゃなくても好きなカラーに塗ってインテリアを楽しめます

neige+手作りのある暮らし

リメイクシートは100均でも簡単に手に入るようになりました

今流行りの100均DIY。手頃なセリアのリメイクシートで扉をイメチェンしてみよう♪

100円ショップに行くと、最近ではおしゃれなリメイクシートがたくさん売ってます。何かに使えるかなーと、とりあえず買っておくのもよし。 家じゅうを見回して、ちょっと見飽きた洗面の小さな扉とか、カラーボックスとか、ほんのちょっとのリメイクでビフォーアフターが楽しめます そうそう、何本か使ってふすまに貼ってもイメチェンが楽しめそう!今回はセリアのリメイクシートを使ったリメイクの紹介です。見つけたら是非トライしてみてくださいね

neige+手作りのある暮らし

DIYでできることはたくさん!既存の扉の色や取っ手が変わるとイメージ一新です

おなじ要領で、余ったべニア板をランダムに色を変えてタッカー貼ったクローゼット扉

クローゼットの扉をリーズナブルなベニア板でスクラップウッド壁風にリメイクDIY

廊下をDIYセルフリノベーションしているときに思いついた方法です 壁紙屋さんで見つけた素敵なスクラップウッド風な壁紙をみて、高くて手が出なかったので自分でなにかできないかと、自宅にあったベニアを見ていて思いつきました ベニア板1枚分で扉1枚分。折れ扉なのでちょっと工夫がいるけど 普通の扉でもタッカーさえあればできちゃいます

neige+手作りのある暮らし

思い切って扉に直接色を塗ってしまうDIYリメイク

DIYで扉をクラック入りのフレンチビンテージ風にペイントリメイク

建売の我が家の扉 壁は漆喰などを塗り始めていましたが、扉は面積が大きく普段目に入ることから ちょっと勇気がいるので抵抗あったけど、この際と思い切ってみました つやもなく下地などを塗らなくってもそのままペイントが出来たので 思っていた以上の仕上がりに今でも大満足です ポイントはクラックをつかったこと ちょと古びれたような質感に仕上がるのもお勧めです

neige+手作りのある暮らし

扉のリメイクも、本当にいろいろです
是非自分にあったリメイク法をみつけてトライしてみてくださいね!う
賃貸の方も、今は貼ってはがせるリメイクシートや、壁紙がネットショップでも買えます
ちょっと割高かもしれませんが、毎日自分が過ごす場所をお気に入りな場所にすると、家で過ごす時間が楽しくなりますよ♪
是非思い切って模様替えを楽しんでみてくださいね♪

yunyuns.exblog.jp/

リメイクシート、べニア板での扉リメイクは新刊著書
2017/3/10発売(現在Amazon予約受付中)
「neige+yunyunの100円アイテムで作る簡単リメイク収納&インテリア」
にもちょこっとだけ紹介しています

本日も最後までご一読いただきありがとうございました!

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト