赤錆風がかっこいいコンテナ風ドアの完成!やってみると簡単・手軽♪ドアをペイントリメイク☆

部屋のドアをペイントリメイクしました。
ドアのリメイクは3回目になりますが、今回目指したのは『コンテナ風のドア』。
ペイントしてステンシルする、という簡単な作業で完成!
今回の赤のように大きな範囲に使うのは躊躇してしまうような色もドアの大きさなら気軽に挑戦できました。
赤錆風&ステンシルのかっこいいドアになりましたのでどうぞご覧ください(^-^)/

  • 14376
  • 47
  • 1
  • いいね
  • クリップ

ペイント前のキッチンドア

キッチン横のドアです。
壁には壁紙屋本舗の木目調壁紙を貼っています。
このドアの裏側は以前のアイデアで紹介した、『洋書に出てきそうな海外風のドア』を目指してリメイクしたドアです。

詳しくはこちらをご覧ください↓↓

そしてもう一枚のドアのリメイクはこちら↓

マルチプライマー

前回ドアをペイントした時と同様に、ターナーの『マルチプライマー』を下地として塗ります。
ドアノブにも塗っておきます。

マルチプライマーは臭いが少ないので、換気をしながら部屋の中で使えます。なので、わざわざドアを外して作業しなくて済むので手軽にできます。

ペイント一度目

ターナーのミルクペイント『ゴールデンレッド』を刷毛で塗っていきます。
かなり刷毛の跡が目立ちます。

写真は塗料を塗りたての時で鮮やかな赤ですが、少し時間が経ったら元々のドアの焦げ茶色が所々強く出て赤がかなり薄く感じました。
やはり二度塗りが必要のようです。

ペイント二度目

2回目のペイントは、スポンジを使って塗ります。
キッチン用のスポンジを適当な大きさにカットして使います。

ペンキをスポンジにつけ、刷毛跡を消すようにたたくように色を塗っていきます。

ドアノブもペイント

ドアノブには、アイアンペイントのアンティークゴールドを塗ります。

ビフォー&アフター

ペンキが乾いて色味が落ち着きました。

ゴールデンレッドの色の間から、元のドアの焦げ茶色がほどよく見えるので自然な感じになりました。

赤錆っぽい感じが、背景の木目調壁紙に合っています。

ステンシルでコンテナ風に

コンテナっぽい感じにステンシルを入れていきます。
ネットでコンテナの画像を検索し、文字の配置などを参考にしてアルファベットと数字を組み合わせます。

ステンシルはにじまないように、ペンキは良く混ぜ、乾いた筆(ダイソーのステンシル用)を使います。
一度筆にペンキを取ってよく落とし、正面からトントンと叩くようにやってみると失敗が少なくできます。

ステンシルプレートを外し、ステンシル独特の文字の切れ目を細い筆で埋めて仕上げます。

完成

イメージは海外のコンテナ風ドア♪

水性塗料を二度塗りして文字を入れるだけの簡単リメイクなので半日ほどで完成させることができます。
ドアを好みのものにまるごと交換するのは費用がかかりますが、今回のようにペイントするだけなら、1000円もかからない位のお手頃価格♪
二度塗りしてミルクペイント200mlの約半分くらいのペンキの量で出来ました。

かっこいいドアになって大満足♪
ドアの色が変わって気分も変わりました(^-^)

  • 14376
  • 47
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード