簡単なのに本格的!ザラザラベース+こだわりペイント技で作るグリーンディスプレイDIY☆

最近よく見かける『塗るだけで◯◯風になる』というエフェクト塗料。

ニッペから発売されているザラザラベースを使い、グリーンに似合う容器を二種類リメイクしてみました。

自己流だとなかなか上手くいかないザラザラペイントもこれがあれば簡単に!

ザラザラ+ペイント技、必見です☆

  • 17153
  • 32
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ザラザラベース

塗料メーカー、ニッペから販売されているP-effectorシリーズ。
他に、デコボコベース(漆喰のような凹凸)・パリパリベース(ひび割れ)がありましたが、その2つは似たような塗料を持っているので、ザラザラベースを買ってみました。

約500ml入りで900円位でしたので、特殊塗料にしては少し安い感じがします。

ザラザラベースの右側にあるリメ缶は以前ペンキに石灰を混ぜて作ったものですが、自分でザラザラを表現するのはちょっと難しかったので、ザラザラベースに期待です!

プラスチックカップをリメイク

使用する塗料

まずはプラスチック容器をリメイクします。

◯ザラザラベース
◯水性ペンキ(黒)
◯アクリル絵の具(茶色・ダイソー)

を使います。

ザラザラベースを塗りやすくするために紙やすりをかけて表面に傷をつけてから、刷毛を使ってザラザラベースを塗っていきます。
大きさの違う粒子が入っているので、一度塗りしただけでこのようにザラザラな質感になってくれます。

サビ風ペイント

ザラザラベースは約1時間程度で乾燥するので、乾いたらサビ風ペイントをしていきます。

まずは黒いペンキをザックリと塗っていきます。

黒いペンキを塗り終わってすぐに、ダイソーの茶色の絵の具をたっぷりと筆に取って混ぜるようにしながら色を重ねます。
渇ききる前に他の色を重ねることでほどよく色が混ざってサビっぽい感じになりました。
ダイソーの茶色の絵の具は明るい茶色なので、黒と混ざるとリアルなサビっぽさを簡単に表現できます。

ペイント完成

ザラザラの感触とサビ風の塗装で、ユーズド感たっぷりになりました。

プラスチック製の物だったとは思えない仕上がりに。

ザラザラとして凹凸があるので、手書きの文字を書いて仕上げます。
ネットで『かっこいい英文』を検索して文章を選びました。

シールやステッカーを貼って仕上げるのも良さそうです。

ビンをリメイク

使用する塗料

続いて、ダイソーのビンをリメイクしていきます。

使用する塗料は、
◯ザラザラベース
◯マルチプライマー
◯ミルクペイント(スノーホワイト)
◯グラフィティペイント(DolfinDream)
◯グラフィティペイント(RollingStone)

を使います。

ザラザラベースをビンに直接塗ってみたところ少し塗りにくかったので、ターナーミルクペイントのマルチプライマー(下地用)を塗ってからザラザラベースを塗りました。
ガラスなのにコンクリート風になります。

グラデーションペイント

こちらのビンには簡単な方法でグラデーションペイントをしていきます。

まずはビンの上の方に刷毛を使ってミルクペイントのスノーホワイトを塗ります。
刷毛は洗ったり拭いたりせず、そのまま次に濃い色(この場合DolfinDream)をつけて最初に塗った白に重ねるように塗ります。

刷毛についた白いペンキとグレーのペンキが混ざり合う事によって自然なグラデーションができてきます。

同じ要領でRollingStoneも重ねて塗ります。

3色のペンキを使ってそれを繰り返し、グラデーションペイントができました。

こちらにも同じように手書きで文字をプラスしました。

グリーンをディスプレイ

先日遊びに行った市ヶ谷Lowpのイナフェスで買ってきた、いなざうるす屋さんのフェイクグリーンを飾りました。

それぞれのフェイクグリーンに合わせてリメイクしたので、雰囲気はピッタリ♪

塗るだけでザラザラの質感になる便利な塗料を使うだけでリメイクの出来上がりが格段に上がりました。

今までは凹凸を出すためにペンキに石灰を混ぜたりしていましたが、なかなか上手くいかない事があったりしたので、状況によって使い分けていければすごく便利に使っていけそうです。

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 17153
  • 32
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード