【DIY】ベニヤ板とペイント技で海外みたいな爽やかフレンチ風ドアにリメイク

海外にあるようなフレンチ風扉を目指して、クローゼット扉に薄いベニヤ板を貼り付けてからシャビーなペイントを施してリメイクしてみました。

ペイントすると反りやすくなってしまう薄いベニヤ板を反りにくくする技や、エイジング塗装など、なにかの参考になれば幸いです。

今回リメイクする扉は、こちら。

テレビ左横のグレーの扉です。

これはクローゼット扉を観音開きの扉のようにリメイクしたものなんですが、今回はさらに、海外風のアンティークな扉にリメイクしてみました。


それが、こちら。

どうでしょうか。

厚さ2.5mmの薄いベニヤ板で凹凸感を出してエイジング塗装をすることで、爽やかな海外風の扉になったかと思います。


決して特別難しいことはしてないので、是非最後まで読んでみてください。

1.扉にベニヤ板を貼る

まずは扉を外して『こんな風にしたいな』というデザインを扉に直接 鉛筆で書いてみます。

こうすることで結構イメージが定まるんです。


イメージが決まったら、

厚さ2.5mmの薄いベニヤ板の上に線を引いて、これをカッターでカットしていきます。

そしてカットした切り口を やすったら、

扉の下書きに合わせて、ひとまずベニヤ板を配置してみます。

で、薄いベニヤ板って、

カットするだけも結構 反るんです。ベニヤ板が浮いているのが分かるでしょうか。

さらにここにペンキを塗ると、もっと反りがひどくなるので、その対策として、

ベニヤ板の片面に、何色でもいいのでペンキを塗ります。

1回塗りでオッケーです。


で、

ペンキが乾いたら、今塗った面を裏に向けて扉に貼っていきます。

私は、長さ10mmの短い釘を使って打ちつけていくことにしましたが、マステ+両面テープでも大丈夫かと思います。

短い釘を打つ時はペンチで釘を挟んで打つと、手を金づちで打って『イタ!』となることなく打てます。


周囲から順番に打ち付けていって、


はい、全部 打ち終わりました。

次は塗装編です!

2.エイジング塗装する

まず塗るのは、黒。使ったのはグラフィティーペイントの黒です。

ペンキに少し水を足してシャバシャバな状態にして扉全部に塗っていきます。


すると こんな感じになりました。

ざっくりと1回塗りだけでオッケーです。


そしたら次に、

白のペンキを、これまたザックリと1回塗りします。

この時、下地の黒がつぶれてしまわないように、黒を残しつつ塗っていくような感じで。


すると、

こんな感じになりました。

これでジャンク塗装のベースは完成です。


この上から、本当に塗りたい色を塗っていきます。

今回は白と黒を混ぜて作った薄いグレーを塗っていくことにします。


この時の塗り方も、

下地に塗った色を潰さないように塗っていくのがコツです。

要は、1番最初に塗った黒も、次に塗った白も、DIYの工程上で必要だったというわけではなくて、仕上げの色を塗った時にチラっと見えるためだけに塗ったというわけです。

一見 必要なさそうに見える下塗りですが、これがあるのと無いのとでは、仕上がりに結構 差が出てくるんです。


はい、全体を塗り終えました。



ちょっとずつですが、下地の黒や白が見えるのが分かるでしょうか。

ではペンキが乾いたら、この扉を元の場所に戻します。

いい感じになったかと思います♪

さらに、ちょっとだけステンシルを入れてみます。

ステンシルシートをマステでとめて、スポンジにグラフィティーペイントをつけて、カレンダーの裏などのツルツルな面の上でペンキをかなり落とした状態でトントンと叩いていけば、上手くステンシルできるかと思います。

ステンシルにペンキを使うと結構滲んでしまうことがあるので あまりお勧めできないんですが、グラフィティーペイントなら滲むことなく上手く文字が出るんです♪


ステンシルシートを剥がす瞬間は何度やっても楽しいですね。

さて、上手くいったでしょうか。

はい、オッケー!

このままでもいいんですが、私はステンシル特有の隙間を埋めるほうが好きなので、

絵の具の細い筆にペンキをちょっとずつ付けて隙間を埋めていきます。


すると、

こうなりました。

これで完成です(^^*)

はい、完成!

どうでしょか。

アンティークな海外風の扉のように見えるでしょうか。


もう少し近くで見ると、

うん、いい感じになったかと思います(^^*)


引きで見ても、

扉が変わると部屋全体の雰囲気も変わるものです。


この角度から見る感じが すごく気に入ってます(^^*)

あ、ちなみに、扉の向こうに見えるアンバーのライトは、セリアの食器をリメイクして作ったフェイクのライトなんですが、これもまたすごく気に入ってまして。
ハウツーが気になった方は下の記事も併せて見てみて下さい。

オールセリア400円の可愛いライト!アンバー食器がシンデレラフィットで簡単リメイク!

セリアのアンバーの食器を組み合わせて、とっても可愛いペンダントライトを作ってみました♪ 今回私が作ったものは、ディスプレイ用のフェイクのライトなんですが、ちょっと工程を加えれば本物のライトのシェードとしても応用できるかと思います。 とっても簡単なリメイクで、まるでアンバーのガラスのようなペンダントライトができてしまいます(^^*)

maca home
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー