ジャンパーを自宅で洗濯する方法!頻度や手洗い方法も紹介

ジャンパーは自宅の洗濯機で洗える製品もあります。洗濯機洗いと手洗いの方法を詳しく紹介します。洗濯できるジャンパーの見分け方や、洗濯の頻度も解説しますよ。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 45009
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ジャンパーを洗濯する前に確認すること

ジャンパーを自分で洗濯する前には、洗濯マークや使える洗剤を確認しましょう。正しく洗濯しないとジャンパーが傷む原因になります。ここでは、洗濯が可能な洗濯マークと使える洗剤について詳しく解説します。

ジャンパーの洗濯マークをチェック

ジャンパーのタグに画像のようなマークがあれば、洗濯機洗いが可能です。おけのようなマークの下に線が1本ある場合は弱い洗濯が可能で、線が2本ある場合は非常に弱い洗濯ができることを示しています。

また、おけの中に書かれた数字は水温を示しています。この画像を例にすると、水温30℃で洗濯機で洗えることになります。

洗濯機で洗う以外にも上記のようなマークは、自宅で手洗いができることを示しています。

反対に自分で洗濯できないジャンパーには、上記のマークがあります。PやWと書かれている場合には、専門店でのドライまたはウェットクリーニングをお願いできます

▼洗濯表示はこちらもチェック

ジャンパーに使用できる洗剤をチェック

ジャンパーに使える洗剤は、おしゃれ着用洗剤のような衣類用中性洗剤です。反対に塩素系漂白剤は使用できません。ジャンパーの生地を傷めたり、劣化する可能性があるためです。

洗濯機でジャンパーを洗う方法

ナイロンやポリエステルのジャンパーを洗濯機で洗う方法を紹介します。洗濯機で洗うときには、ジャンパーを畳んだときにぴったり収まる洗濯ネットが必要なので、自宅にない場合は買っておくと良いでしょう。

チャックを閉めて洗濯ネットに入れる

ジャンパーを洗濯機に入れる前に、チャックやボタンを全て閉めてから、洗濯ネットの大きさとぴったりになるようにジャンパーを畳んで洗濯ネットに入れます。汚れが気になる部分を外側にしておくと汚れが落ちやすくなります。

おしゃれ着コースを選択

ジャンパーを洗濯機で洗うときには、おしゃれ着コースで洗いましょう。おしゃれ着コースはメーカーや機種によって呼び名が異なります。ドライや手洗いコース、おうちクリーニングなどといった呼び方をされている場合もあるので、取扱説明書を確認してみましょう。

手洗いでジャンパーを洗う方法

洗濯機で洗濯できないジャンパーでも手洗いで洗える製品もあります。洗濯マークを確認して、手洗いしてみましょう。ここでは、手洗いの手順を解説します。

洗濯液を作る

まずはぬるま湯で洗剤を薄めた洗濯液を作ります。洗剤を薄める目安量は、洗剤によって異なるので、洗剤メーカーの公式ホームページやボトルの裏に書かれた表示などを参考にしてみましょう。

やさしく手洗いする

洗濯液が作れたら、ジャンパーを畳んでやさしく沈めて、力を抜いて浮かせるを20〜30回繰り返します。汚れをしっかり落とそうと、揉んだり、擦り合わせるとジャンパーの生地が傷む原因になります。

洗濯機で軽く脱水

手洗いができたら、洗濯機で軽く脱水をかけます。脱水時間はナイロンが15〜30秒(※)、ポリエステルが5〜10秒(※)を目安にしましょう。長く脱水にかけるのも生地を傷める原因になります。

※参考:ナイロンジャケット(花王株式会社)
※参考:大切な衣類の セルフクリーニング洗剤(サンスター)

水ですすぐ

脱水後、キレイな水で2回すすぎを行います。手洗いするときと同様に沈めて、浮かせてを10〜15回繰り返します。柔軟剤を使いたいときには、2回目のすすぎで入れましょう。

もう一度脱水をする

水ですすぎ終わったら、もう一度洗濯機で脱水にかけます。時間は先ほどと同じで、ナイロンで15〜30秒、ポリエステルで5〜10秒が目安です。

▼ダウンジャンパーにおすすめの宅配クリーニングはこちら

ジャンパーの干し方

ジャンパーの洗濯が終わったら、乾燥機にかけずにシワにならないように早めに風通しのいい、直接日光が当たらない場所に干すようにしましょう。シワを予防するためにも、ジャンパーを上下に何度か振り、シワができている部分を軽く引っ張り形を整えるのがおすすめです。

ジャンパーの洗濯を依頼できるサービスを活用してみよう!

出典:リネット

自宅で洗濯できない製品や自分で洗濯するのが面倒なときには、宅配クリーニングサービスを利用してみましょう。

「リネット」は自宅から衣類を預け、洗濯完了後には自宅まで届けてくれる便利な宅配クリーニングです。24時間受け付けており、スマホからサクッと依頼できます

ジャンパーのクリーニングは、1,980円(税込)から依頼できます。裏地のないナイロンやポリエステルのジャンパーはウィンドブレーカーの扱いになり、金額も1,155円(税込)となります。

ジャンパーの洗濯頻度

ジャンパーはどれくらいの頻度で洗濯するのがいいのかについて解説します。

汚れが目立ってきたら洗濯する

ジャンパーの洗濯頻度はきっちり決まっているわけではありません。汚れやニオイが気になるようになってきたら、洗濯すると良いでしょう。

洗濯しないときには、日の当たらない室内で風通しのいい場所にかけておくのも良いでしょう。

ジャンパーの洗濯に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

Q1. ジャンパーを洗濯する前に注意すべきことは?

A. 洗濯表示と使用する洗剤に注意する

ジャンパーを自宅で洗濯するときには、洗濯表示を確認して自分で洗えるか確認しておきましょう。また洗剤は衣類用の中性洗剤を使用するのがおすすめです。塩素系漂白剤は素材を傷めるので、使用しないようにしましょう。

Q2. ジャンパーの洗濯方法は?

A. 洗濯機か手洗いで洗濯できる

ジャンパーは洗濯機か手洗いで洗うことができます。洗濯方法は以下の通りです。

▼洗濯機洗い

  • ジャンパーのチャックを閉める
  • ジャンパーを畳んで洗濯ネットに入れる
  • おしゃれ着コースで洗う
  • 直射日光が当たらない風通しのいい場所に干す

▼手洗い

  • ぬるま湯で洗剤を薄める
  • ジャンパーのチャックを閉める
  • やさしく沈めて浮かせてを繰り返す
  • 洗濯機で脱水する(5〜10秒が目安)
  • キレイな水で2回すすぐ
  • もう一度脱水する
  • 直射日光が当たらない風通しのいい場所に干す

Q3. ジャンパーの乾かし方は?

A. 直射日光の当たらない風通しのいい場所で干す

ジャンパーのシワを予防するために、早めに日光の当たらない風通しのいい場所に干すようにしましょう。また、干すときに軽くシワを伸ばしておくのがおすすめです。

衣類の洗濯に関連する記事もチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2024年4月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 45009
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア