羽毛布団の洗濯方法を解説!自宅で手洗いや洗濯機を使った洗い方と注意点

羽毛布団は自宅で洗濯することができます。しかし、正しい洗い方や干し方をしないと、羽毛が傷んでふわふわ感がなくなる可能性があります。洗濯する際の注意点や正しい洗濯方法を知り、羽毛布団を清潔に保ちましょう。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 30304
  • 80
  • 0
  • いいね
  • クリップ

羽毛布団を洗濯する前に確認したい注意事項

  • 羽毛布団の洗濯表示マークは確認必須
  • キルト加工でないと羽毛が偏る恐れがある
  • 洗濯機は羽毛布団に対して適切な容量か
  • 自宅で洗濯するなら晴れの日を狙って

羽毛布団の洗濯表示マークは確認必須

羽毛布団を洗濯する前に、洗濯表示を確認しましょう。水洗いや手洗い、洗濯機などのマークがあれば洗濯できる羽毛布団ですが、水洗い不可やドライの洗濯表示がある場合は自宅で洗濯できません。

また、羽毛布団のタグの裏などに小さく注意書きが書かれているケースもあるため、注意深く確認しましょう。

キルト加工でないと羽毛が偏る恐れがある

羽毛布団がキルト加工されているかは自分で洗濯するかどうかの判断ポイントです。キルト加工とは、表地と裏地を縫い合わせてマス目を作ることで、中の羽毛が偏らないようにする手法です。

キルト加工されている羽毛布団であれば、洗濯をしても羽毛が偏りづらい特徴があります。反対に、キルト加工されていない場合は羽毛が偏ってしまう恐れがあるため、洗濯は避けた方が良いでしょう。

洗濯機は羽毛布団に対して適切な容量か

自宅やコインランドリーの洗濯機を使用する場合、洗濯機の容量が羽毛布団に対して適切かどうかが大切です。羽毛布団が洗濯機に入らなければ、そもそも洗濯ができません。

洗濯機の最大容量のうち3割くらいの余裕を持った状態が理想となります。自宅やコインランドリーの洗濯機の容量を調べてみましょう。

自宅で洗濯するなら晴れの日を狙って

羽毛布団を完全に乾かす場合、1日半〜2日間くらいはかかるでしょう。最後まで乾燥させないとカビの原因になります。もし、干している間に雨が降ってしまうと洗濯からやり直さなくてはならないため、晴れの日を狙って洗濯するのがおすすめです。

手っ取り早く乾かしたい場合は、コインランドリーの乾燥機を使用するのもひとつの手。ただし、高温で乾燥させる乾燥機は羽毛にダメージを与えるため、短い時間で仕上げ程度にしておきましょう。

羽毛布団を自宅で洗濯する方法【手洗い】

提供:LIMIA編集部
  1. 1.浴槽に水を溜めて中性洗剤を投入する
  2. 2.手で優しく押し洗いする
  3. 3.泡がなくなるまで流して乾燥させる

羽毛布団が洗濯機に入らないサイズの場合は、お風呂の浴槽を使って手洗いする方法がおすすめです。

ここからは、自宅で羽毛布団を手洗いする方法について解説します。

浴槽に水を溜めて中性洗剤を投入する

まずは浴槽の半分くらいまでぬるま湯を溜めます。洗濯表示にお湯の温度が指定されていた場合は、必ず温度を守りましょう。

ぬるま湯が溜まったら、中性洗剤を投入してよくかき混ぜます。

手で優しく押し洗いする

次に羽毛布団を浴槽の中へ入れて、手で押し洗いします。強く押すと羽毛が傷んでしまうため、やさしく洗うのがポイントです。

ある程度押し洗いしたら、水を入れ替えながら2~3回繰り返します

泡がなくなるまで流して乾燥させる

最後に中性洗剤の泡がなくなるまでぬるま湯を流して洗い終わりです。

濡れた羽毛布団は乾くまで時間がかかります。晴れの日に風通しの良い場所へ干してしっかりと乾かしましょう。

羽毛布団を自宅で洗濯する方法【洗濯機】

  1. 1.羽毛布団を巻いて洗濯用ネットに入れる
  2. 2.洗濯機に中性洗剤を投入する
  3. 3.大物洗いコースや毛布コースで洗濯する

羽毛布団が洗濯機に対応している場合は、洗濯機で手軽に洗濯しましょう。ここからは、羽毛布団を洗濯機で洗う方法について解説します。

羽毛布団を巻いて洗濯用ネットに入れる

まずは羽毛布団の汚れている面が外側になるように巻いていきます。

縦に三つ折りしてからロール状になるように横向きで巻き、洗濯用ネットに羽毛布団を入れてください。

洗濯機に中性洗剤を投入する

羽毛布団を洗濯機の中へ入れたら、おしゃれ着用の中性洗剤をセットします。羽毛布団の臭いが気になる場合は、消臭効果がある柔軟剤をあわせて使用するのも効果的です。

また、洗濯槽に水を溜めてから洗濯を一時停止し、羽毛布団に水を染み込ませるように両手で押して沈めるとしっかりと洗濯できます。

大物洗いコースや毛布コースで洗濯する

羽毛布団を入れて洗剤のセットが終わったら、いよいよ洗濯を行います。

洗濯機の「大物洗いコース」または「毛布コース」を選んで、洗濯を開始しましょう。洗濯後は脱水を行い、脱水後は風通しの良い場所で陰干しするとより早く乾きます。

羽毛布団をコインランドリーで洗濯する方法

  1. 1.羽毛布団の布団カバーを外す
  2. 2.羽毛布団を巻いて小さくまとめる
  3. 3.洗濯槽に羽毛布団を入れて洗濯

羽毛布団は、コインランドリーで洗濯する方法もあります。手順は家庭用の洗濯機とほとんど同じです。洗濯槽が大きく乾燥にも対応しているため、家庭用の洗濯機では洗濯できない場合におすすめです。

羽毛布団をコインランドリーで洗濯する方法や注意点については、以下の記事で詳しく解説しています。

羽毛布団は洗濯後の干し方で仕上がりが変わる

提供:LIMIA編集部

羽毛布団のふんわり感をキープするには、最後の仕上げの乾かし方がとても大切です。

羽毛布団は、湿度の低いカラッとよく晴れた日の、10時から15時までの間に、2本の物干し竿にまたがせるようにして干すようにしましょう。朝方や夕方に干すと、湿度が高くなり羽毛が傷んでしまいます。

また、直射日光に当てると羽毛が傷んでしまうため、日陰で干すのがポイントです。ときどき向きを変えたり、ほぐしたりしながら干すと、羽毛の偏りを防ぎながらふかふかに仕上がります。

羽毛布団の洗濯はプロにまかせて時短しよう

出典:しももとクリーニング

羽毛布団を自宅やコインランドリーで洗濯するのは大変そう。でもちゃんと清潔にしたいという方は、布団のクリーニング業者を利用するのがおすすめです。

「しももとクリーニング」は、合成洗剤や漂白剤を使わず、石けんで洗うクリーニング業者です。個別にカルテを作成して布団に合ったコースの完全個別洗いを採用。長年使っていた羽毛布団でも、ふっくらとした仕上がりになります。

クリーニングは宅配となっており、自宅へ届く宅配キットに梱包して集荷依頼をするだけでOK!手軽に羽毛布団を洗濯したい方は利用してみてください。

羽毛布団の洗濯に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

ここからは羽毛布団の洗濯に関する疑問をQ&A形式で答えます。羽毛布団の洗濯で疑問があればチェックしてみてください。

Q1. 羽毛布団は洗濯しても大丈夫?

A. 羽毛布団の洗濯は洗濯表示に従って行いましょう

羽毛布団の洗濯表示を確認してみてください。洗濯に関するマークがついていれば、その羽毛布団は洗濯することができます。

Q2. 羽毛布団を洗濯しないとどうなる?

A. 汗や皮脂が羽毛布団に蓄積して不衛生な状態になります

見た目がきれいな状態でも、雑菌やカビなどが繁殖し、それらを餌とするダニが発生する可能性もあるでしょう。羽毛布団を清潔に保つためにも、定期的な洗濯が必要です。

Q3. 羽毛布団の洗濯の頻度は?

A. 羽毛布団の洗濯の頻度は5~7年に1度がおすすめです

羽毛布団を頻繁に洗濯すると、羽毛のかさが減って保温性が下がったり、側生地が痛むことによって中身が飛び出したりする可能性があります。

布団の洗濯に関するその他の記事はこちら

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2024年1月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 30304
  • 80
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア