縁側

「縁側」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「縁側」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 【この秋注目アイテム】ウッドデッキでもなく縁側でもない"ぬれ縁"って知ってる?

    酷暑から解放され、秋の涼しさも日増しに感じられる季節になりました。 窓を開けて外の涼しい風をお家に入れると、気持ち良い季節ですね。 ひと昔前では、縁側や"ぬれ縁"に座り、秋の風を感じていた方も多かったと思います。 昔、おばあちゃんの家に遊びに行った時に「縁側でゆったりとした」方もいるのではないでしょうか。 最近ではあまり見かけなくなった縁側やぬれ縁ですが、昔と比べ質も良くなり、取付も簡単なのはご存知でしょうか。 最近のぬれ縁は、雨に濡れてもさびず、風にも強いです! これから過ごしやすくなる季節に、お庭でのんびりするにはぴったりですよ♪

    セイキ販売株式会社
    • 19812
    • 134
  2. 天井まで続く大きな窓やウッドデッキなど……憧れ空間を実現した開放感たっぷりのおうち

    憧れのおうちは「開放感のある家」という方も多いはず。天井まで続く大きな窓、ウッドデッキや縁側、アウトサイドリビングなど憧れは尽きないもの。今回は、そんな願望を叶えた開放感たっぷりのステキなおうちを特集します♪ お気に入りの一軒をぜひ見つけてみてください♡ 

    LIMIA インテリア部
    • 6719
    • 23
  3. 【DIY】ウッドデッキDIY 小さな窓辺に癒しの空間を作る

    和室の窓から外に出る空間。普通縁側の一つでもあってもいい場所ですが、残念ながら、我が家にはただ地面があるだけです。 和室の窓の前では、ちょっとした空間があり、良くBBQしたり子供達の遊び場になったりして人の出入りが多い場所です。 ですが、縁側なども無いので和室に出入りするのが結構大変で、更に子供がよくそこでこけたりするので、ちょっと危なっかしい場所でした。 なのでいい加減、ここに危なくなく大人も子供も容易に出入り出来るような縁側みたいなものが欲しくてどうしようと思ったところ、寝っ転がれてBBQする時もゆったり座れるくらいのウッドデッキ的なものが欲しいという事で今回決意してDIYで作ってしまえと思い実行しました。 その記録を書いてきます。

    IndOutLife
    • 17926
    • 105
  4. あの徒然草に「家の無駄なスペースっていいよね」と書いてある話

    家は効率的であるほうがいい、無駄なスペースがない方がいいという考えがあるかもしれませんが、あまり使わないような無駄なスペースがあるからこそ豊に暮らせるという一面もあります・・・ってことをあの吉田兼好さんが言ってたそうです。笑

    シノハラ 家づくりのプロ(あめりか屋)
    • 3887
    • 8
  5. NE-CODATE-二世帯住宅+猫部屋、家族が集まる広い縁側

    Kさん一家はお子さんができたタイミングでご両親との同居を考えて、実家の築80年の木造住宅を二世帯住宅にしたいとご相談に来られました。 1階はご両親、2階がKさん一家の住まいです。ご両親の要望は、明るいリビングと畳と神棚、そして“猫部屋”が欲しいとのこと。そこで、リビングの奥に木の格子で囲った4畳ほどの猫部屋を設置しました。2階に住むKさん一家のリクエストは、抜け感のある空間と広いキッチン、そしてやはり猫がいるので猫が遊べるような部屋にしたいということ。そこで、個室は寝室だけにし、リビング、ダイニング&キッチンを一続きにした明るい部屋を作りました。ロフトは収納部屋兼猫部屋にして、ロフトの壁には猫が通れるような穴を開け、天井の梁(はり)へ渡れるような仕掛けを造りました。 今は二家族で玄関を共有していますが、お互いにほどよい距離感で暮らせるよう、玄関を入ってすぐの廊下兼縁側をかなり広くとりました。この縁側から庭が見え日当たりが良いので、家族が集まる楽しいスペースにもなっています。

    ブルースタジオ
    • 3247
    • 8
  6. プライバシーを守れて解放的、2階で土に根を張る木々で「ホッ」

    共働きで、かつ、ふたりともお医者さんというXさんご夫婦は、おばあさまの手も借りながら子育てもする忙しい毎日です。そんな日々のなかでもホッとできる場所がほしいと、庭も一緒に考えてくれるという勝田さんに相談をすることにしました。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 2484
    • 17
  7. 北向きなのにこんなに明るい!日光の力を最大限に引き出した家

    築50年の我が家の耐震補強を、というご希望から始まったリフォームだったが、さまざまな理由からもとの家の半分を残してリノベーション、もう半分は壊して建て替えることに。50年の年月を経て生まれ変わる家と新しく建てられる家。その間には気持ちのよい庭になるであろうスペースがあり、お母様がお住まいになるという新しい家は、北向きにも関わらず光に満ちている。

    建築家ポータルサイト KLASIC(クラシック)
    • 3203
    • 20
  8. Private Dining

    コンクリート現しの梁やヘリンボーン張りの 無垢マホガニーの床でアクセントをプラスした1LDK。 部屋の中で一際目を惹く大きな造作ダイニングテーブルは、 キッチンを囲うように緩やかな曲線を描いています。 週末にはホームパーティーを開き、 ここでご主人が腕を振るった料理をみんなで楽しみます。 ダイニングを中心にお二人の幸せな生活が回る、 プライベート空間が完成しました。

    nuリノベーション
    • 1692
    • 12
  9. house-ST-C 現代性能をもつヴィンテージハウス〈コンバージョン〉

    約90年前より街の風景の一部として存在してきた趣ある歯科医院を居住空間へとコンバージョンした住まいです。 先人達の残した技術や趣をなるべくそのままに、手直しのみで残すことに努力し、アンティークの建具やガラス、備品を取り入れることにも拘りました。新規部分は、主張することの無いよう心掛けながら、断熱性、耐震性、太陽光のあり方、風の通り道など快適な住環境に必要な工事を行いました。house-ST-Cは、現代の性能を持つヴィンテージハウスです。 ヴィンテージハウス・リノベーション・コンバージョン・栃木市住宅・造作木製サッシ・自然素材・無垢材・柿渋・漆喰・耐震改修・断熱改修・縁側・造作キッチン・アンティーク・パッシブデザイン

    創右衛門一級建築士事務所
    • 1290
    • 18
  10. MOKU×LIBRARY

    横長のLDが特徴的な木の香り漂うキャットハウス。 LDで一際目を引くナラを斜めに貼った寝室は、 壁と天井の間に隙間を設けることで、空間につながりを持たせます。 キッチン腰壁には杉の年輪パネルを凹凸が出るように貼り、 空間のアクセントに。 キッチンからは造作の本棚からキャットワークへ、 ぴょこんっと飛び移る猫ちゃんの姿が見えます。 窓いっぱいに設けた縁側に置かれたグリーンたちは、 たっぷりと陽の光を浴びてなんだか嬉しそう…。 重なる木の質感と香りに包まれた1LDK+WIC+Pプランの完成です。

    nuリノベーション
    • 6394
    • 38
  11. あたたかいけど、アーバンでクラシカル。ほっとする和モダンの庭。

    あたたかみのある木の家と、コンクリートのモダンな組み合わせがお好きなセンスのあるお客様。家まわりのお庭も木の柔らかな雰囲気を取り込みつつ、ステンやグレー系のクールな素材をバランス良くあわせ、モダンデザインをイメージしています。 メインには、玄関前にお住まいの顔として、こだわりのオリジナル門袖をつくりました。 木材とステンレスの表札が、シンプルでありながら存在感を出しています。 また、広々とした縁側スペースには、砕石を敷き、目隠しとして渋みのあるハードウッドをたててスリットに。鑑賞としても良いように築山にして和風に演出しています。

    カントリーガーデン
    • 5796
    • 28
  12. 回遊性のあるコンパクトな家「ツミキ」

    計画地は閑静な住宅街で、2面道路に接した角地にあります。古い家を建て替え、子育てを終えた夫婦で暮らす住宅を計画しました。間取りは1階に主要室をすべてまとめ、2階は収納と家族の帰省時に利用できるベッドルームを設けています。 家事動線をコンパクトにし、光庭を中心に回遊性のある動線となっています。光庭を設けることで、北側に配置された寝室に白い外壁に反射されたやわらかい南の光を運んでくれます。また、玄関・LDK・寝室・トイレと4室に光庭が面する事で、それぞれの空間に広がりや演出、換気など様々な効果をもたらしてくれます。延床面積29.5坪とコンパクトながらも狭さを感じさせないためにも光庭が重要な役割を果たしています。 コンパクトにまとめる中で、天井を低くして空間の高さも抑えています。通常よりもボリュームを抑えることで建築コストを圧縮し、仕上げなどにこだわるための予算を生み出すこともできました。また、窓や製作家具の配置で視線の方向をコントロールすることで、低さを感じないようにしています。 設計前に古家を調査した際、2階の窓から北西に泉ヶ岳を望むことを確認できました。建て主が育った家と同じ景色を新家でも見ることができたらと思い、2階のカウンター越しに窓を設けています。眺望の良い南側は屋根の上に出やすい窓として、屋根の上で過ごす時間もご提案しています。

    建築工房DADA
    • 2899
    • 25
  13. 縁側があれば自然と癒される!縁側がなければDIYしよう

    日本の家屋で憧れるスポットといえば「縁側」。縁側に座って、スイカを食べたり、お庭でBBQをしたり、はたまたお酒を飲みながらぼーっとする……。そんな暮らしをしてみたいと思っている人は多いのでは? 今回は、そんな縁側の魅力について、「縁側なび」の編集長もされている縁側愛好家の成瀬夏実さんからお話を伺いました。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 13482
    • 18

おすすめ

話題のキーワード

    61件中 1 - 20 件を表示