ウォークインクローゼットの収納とおすすめグッズ♡

我が家も家を建てるときに流行に乗ってウォークインクローゼットを作ってはみたものの、初心者にはとても扱いづらい収納スペースでした。
そこで、試行錯誤を重ねた結果、ウォークインクローゼットをうまく活用していくポイントが分かったので、以下にまとめました。
これで家族みんなの衣類を無駄なくスッキリ管理できるようになりますよ。

  • 202029
  • 2301
  • 1
  • いいね
  • クリップ

まずは持ちスペースを決める

ウォークインクローゼットのメリットは広いことですが、その広さのせいで物が無限に増えていき、管理しきれなくなってきます。
そこで、まずは一人当たりの持ちスペースを決めてしまいました。

このように家族4人分のエリアを区別し、そこに入る分の衣類しか持たないことにしました。
このスペースに収まりきらなくなった時が、衣類の見直し時です。

ラベリングをすれば乱れない

それぞれのエリアが決まったら、パッと見て分かるようにラベリングしていきます。
どこに戻せばいいか分からないことが乱れていく原因になるので、収納を成功させるポイントは『誰が見ても分かるラベリング』です。
まずは人ごとに分け、その中でも季節ごとに分かれるようにラベリングしていきます。

無駄な空間は最小限に

以前はアパート時代から使っていたチェストを寄せ集めて使っていたので、サイズも色もバラバラで、その結果デットスペースがたくさんありました。
そこで、物を減らしたのを機にチェストも統一することにしました。
部屋の大きさをはかり、それにぴったりおさまるチェストを探し回った結果たどり着いたのはこちらのプラストシリーズでした。

このシリーズは横幅や段数も細かく選べて、見た目もシンプルでおすすめです。
そして、このチェストのいいところは普段は引き出しが抜け落ちないストッパー付きだけど、それを解除すれば引き出しごと抜き取れるところです。
我が家は普段着る子供服は1階に収納しているので、衣替えの時はこの引き出しごと1階へ持っていき、入れ替えることができて便利です。

↓プラストシリーズはこちらから買えます。

デッドスペースも有効活用

いくら採寸しても、わずかな隙間などはできてしまいます。そこの隙間も有効に活用!!

↓上の棚の物を取るときに使う踏み台を置いています。

↓一番奥のデットスペースには、使う頻度の低い除湿器を 

ウォークインクローゼットで使用中の便利アイテム

吊り下げ収納ボックスに帽子やカバンを入れておくと便利です♪

この部屋の窓には紫外線カットフィルムを貼って、衣類が変色しないようにしています。
蛍光灯からの紫外線もカットするので、窓付近に虫も集まってきません。

この部屋にはコロコロをおいておくと、すぐに床に落ちた糸くずなどを掃除できるし、洋服についたゴミなども綺麗にできてすごく便利です♪

仕組みを整えると楽になる♪

いかがでしたでしょうか?
収納・管理が難しそうに見えるウォークインクローゼットですが、便利なアイテムを活用していけばとても使い勝手のいい空間に早変わりです。
どの部分の収納に関しても言えることですが、大変なのは仕組みを整える最初だけで、一度整えてしまえば、あとは家族が自分たちで管理できるようになるので自分の負担がぐんっと減ります。
そんな自分がラクできる収納法も紹介していますので、ぜひこちらも読んでみてください。

  • 202029
  • 2301
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

テーマは“子どもと暮らす”(*˘︶˘*).。.:*♡   子どもがいても、すっきり片付いたおうちで、日々の暮らしを楽しみたい‼︎  仕事と育児を無理なく両立して…

おすすめのアイデア

話題のキーワード