カレーにはちみつを加えてとろみをつけたい!入れるタイミングや注意点は?

カレーは子どもから大人まで長年万人に愛されるメニューですが、お好みではちみつを入れる方も少なくありません。とろみがついてまろやかな味わいと口当たりになります。カレーにはちみつを入れる方法...

  • 0
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カレーの隠し味にはちみつがおすすめ!

今回は、カレーにはちみつを加える効果と方法について紹介をします。カレーといえば、万人に親しまれている人気メニューです。様々なレストランで提供されますし、レトルトなど手軽に家庭で楽しめるメニューとして定着している、定番の食卓メニューとなっています。

カレーの楽しみ方は人それぞれで、珍しいトッピングや隠し味を活用する方も少なくありません。その中で、はちみつを隠し味にして調理する方も多くいます。はちみつを加えることで、普段のおいしいカレーが一風変わった風味豊かでまろやかな口当たりになりおすすめです。

カレーにはちみつを加えるときに失敗しやすい点や、正しい分量のはちみつはどれくらいかなどについて解説をします。ぜひ普段のカレーにはちみつで隠し味を加えてください。

自然な甘みでスパイスを引き立てるはちみつ

カレーには、様々なスパイスが利用されています。カレーの味を決める大きな要素の1つですが、はちみつを加えることでスパイスの味わいが非常に引き立って感じることができるようになります。はちみつの優しいまろやかな甘みがカレーのスパイスと合わさってお互い引き立ちます。

カレーにはちみつを加える方法も簡単で、適量を調理中に入れるだけという失敗が少ないやり方です。カレーにはちみつを入れるタイミングなどをしっかりと理解し、正しく調理すれば、失敗も少なくおいしい隠し味を加えたとろみのあるカレーが簡単に出来上がります。

はちみつの自然な甘みがカレーのスパイスを引き立てます。カレーの辛さが苦手という方にももちろん、カレー本来のスパイスをより強く感じたい方にもはちみつはおすすめです。

はちみつはどのくらいカレーに入れるの?

カレーのスパイスをまろやかにしてとろみを生み出す隠し味のはちみつですが、どれくらいの分量を入れるのが適切なのでしょうか。もちろん、個人のお好みではちみつの分量は変えて問題はありません。しかし、まず最初は適切で一般的な量で試してみて味を確認しましょう。

カレーにはちみつを加えるレシピは多くのSNSやレシピ公開サイト、調理本などで紹介されています。情報源によって適切な量は異なりますが、一般的な量は大体同じです。とろみをより強くしたい方ははちみつの分量を増やすのもおすすめですが、まずは一般的な量で試しましょう。

カレーにはちみつを加えて調理するのは簡単で失敗が少ない方法です。適正な量、あるいは自分好みの量を正しく加えて、おいしいはちみつ入りカレーを楽しみましょう。

8皿分で大さじ1杯が目安

カレーにはちみつを入れる場合の一般的な適量としては、カレー8皿分に対してはちみつ大さじ1杯程度が目安とされています。案外少ないと感じて多く入れすぎる方も結構多いですが、隠し味としてはカレー8皿分に対してはちみつ大さじ1杯が一般的に適切な量です。

多くはない分量ですが、はちみつを加えることでカレーのスパイスの風味が際立ち、全体的にとろみがついてとても口当たりがやさしくなります。カレーの辛いスパイスが苦手という方でも、安心して食べることができるようになります。まさに隠し味といった感じの魅力的な方法です。

もちろん、一般的に適切な量とされている分量ですので、ぜひ自分好みのカレーとはちみつの分量を見つけてみてください。はちみつの分量でカレーの仕上がりは大いに変わります。

はちみつをカレーに加えるタイミングは?

カレーにはちみつを加える調理をする際には、分量に気を付けるだけでなく、加えるタイミングも重要になります。同じ分量でも、加えるタイミングを変えることで仕上がりがかなり変わってきます。正しい適切なタイミングを理解して、おいしい仕上がりを目指しましょう。

カレーに限らず、料理は細かい段取りが料理の印象を大きく左右します。カレーにはちみつを加える際にも、タイミングを誤ることでかなり印象の違う仕上がりになってしまいます。せっかく正しい分量のはちみつを入れても、タイミング次第で味が変わってしまうので注意しましょう。

人によってはカレーが完成してからトッピングのような感覚ではちみつを加える方も少なくありません。活用方法は人それぞれありますので、自分好みの方法を見つけましょう。

ルウを入れる前に具材と一緒に

カレーにはちみつを加えるおすすめのタイミングは、具材を煮込んでいる最中で、カレールーを加える前のタイミングです。もちろんお好みや調理手順によって考え方は異なりますが、一般的にはカレールーを入れる前に具材と一緒に煮込むタイミングがおすすめとされています。

はちみつを加える効用の1つであるとろみを十分に生み出すためにおすすめのタイミングとなります。カレールーと一緒のタイミングで入れてしまうと、とろみが損なわれてしまうことがあります。もしカレールーと一緒にはちみつを入れた場合は強火で沸騰させながら煮ましょう。

はちみつに含まれる酵素の1つが、とろみを生み出すデンプンを分解してしまう作用を持っているとされています。高熱で加熱すると働きを抑えられるので試してみましょう。

弱火~中火で20分以上煮込む

カレールーを入れる前のタイミングではちみつを加え、弱火~中火で20分程度煮込んで調理するのが一般的な方法とされています。しっかりと煮込むことで、とろみが強く生み出されやすくなります。カレーは煮込んで具材がトロトロになっている方が味が深くおいしくなります。

カレーにはちみつを加えるときは、一般的にスーパーなどで販売されている市販の商品で問題ありません。はちみつと一言でいっても様々なメーカーが思い思いの商品を製造販売しているので、様々な商品をカレーに加えてみて味わいの違いを感じてみるのも楽しくておすすめです。

はちみつの分量にしろ、カレーに入れるタイミングにしても、煮込み時間にしても、今回紹介したのは一般的なものなので、ぜひ自分好みの調理手法を見つけてみてください。

失敗?はちみつをカレーに加えてもとろみが出ない場合

もし、正しく調理したつもりでもとろみがしっかりと生み出されなかった場合はどのように対処すればいいのでしょうか。一度調理してとろみが出なかったら、失敗だったと諦めるしかないのでしょうか。実際はとろみを再度出すための対処方法があります。

カレーにはちみつを入れるタイミングを間違えた、入れる分量を間違えてしまったなどの要因で、期待していたとろみが出ないというケースももちろんあります。

調理の過程で誤りに気付いても、そのあとで挽回することができます。期待したカレーのとろみを生み出すために、最大限の努力をして対処しましょう。それほど難しい手法を用いることなく、うまくいくことも少なくありません。

まずはしっかり煮込む

カレーにはちみつを加えて調理したものの、思ったとろみが出ずに失敗だと感じても諦めることなく、まずじっくり煮込んでみることが大事です。少し火を強めて沸騰する程度まで加熱して、その後弱火にして10分程度追加で煮込んでみてください。とろみが出てくることがあります。

追加で煮込みをする場合は、鍋の底が焦げ付いて失敗にならないように、おたまなどでしっかりと底から混ぜることが重要です。カレールーはかき混ぜないと鍋の底から焦げ付いてきてしまうので、手間をかけてじっくりと煮込むときはしっかりと混ぜ合わせながら調理しましょう。

それでもダメなら小麦粉で

追加で煮込んでも、思ったとろみが生まれなかった場合は、最後の手段として小麦粉を使用するという手段があります。小麦粉を水で溶いて回し入れましょう。とろみを生み出すはずのデンプンが、はちみつの酵素により分解されてしまっている可能性があるのでデンプンを補充します。

鍋に小麦粉を加えたらすぐに再度沸騰が起こるまで火力を強め、ぐつぐつと煮込みます。そのあと弱火に戻して10分程度追加で煮込みます。この時も、しっかりと鍋の底から混ぜ合わせてカレーが焦げ付かないように気を付けましょう。

加える小麦粉は、強力粉でも薄力粉でもどれでも問題ありません。片栗粉を代用しても構いません。はちみつのとろみ効果を小麦粉などで補填してみましょう。

カレーにはちみつを加えればワンランク上の味わいに

以上、カレーにはちみつを加える方法について紹介をしてきましたがいかがでしたでしょうか。カレーにはちみつを加えることで、スパイスの風味が引き立ちまろやかさが生まれます。ぜひお好みの分量や調理方法を見つけて、普段のカレーの味わいを変えて楽しんでみてください。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

メディア・ライター

jouer[ジュエ]は毎日の暮らしを楽しむためのグルメやスイーツ、おでかけ情報を発信するライフスタイル情報サイトです。お家で楽しむグルメ・新作スイーツ情報や外食…

おすすめのアイデア

話題のキーワード