引っ張るとおもしろい⁉千本くじみたいなディスプレイ木箱☆

ちょっと変わった木箱を作りたくて、思いついたのがお祭りで見かける千本くじのようなボックス!
紐の長さを変えたり、飾るものを変えたり…。
ディスプレイを楽しめるようにしました。

  • 12719
  • 30
  • 2
  • いいね
  • クリップ

まずはペイント

1×4で木枠を作ります。
組み立てる前に塗装しておきます。
WOODLOVEのオイルステイン(色はけやき)を塗りました。

このWOODLOVEのオイルステインは容器の見た目がオシャレなだけでなく、すごく塗りやすい!
スルスルっと木に染み込んでいき、乾くのが早いです。

次は組み立て

このまま木ネジを打ち込んでしまうと、ネジ頭が目立ってしまうので、ネジ頭を隠す方法で固定していきます。

まず6ミリのドリルビットで5ミリほどの深さの穴を開けます。
そこに木ネジを数ミリ打ち込んでから木枠を組んでいきます。
写真では手抜きしていて、下に何も置いていませんが、貫通してしまうと床が傷ついてしまうので、下に端材などを置くのをお忘れなく!

穴を埋めるのは削りカス

木枠を組んだ後、木ネジを打ち込んだ穴には、通常ダボなどを打ち込んでいきますが、最近は穴を開けたときの削りカスを使っています。ボンドを入れて削りカスをパラパラと入れて爪楊枝などで押し込むだけ。
すごく簡単です!

サンダーでやすりがけ

サンダーを使って面取りをしました。
削りカスで埋めた穴もサンダーをかけて仕上げればこのようにキレイになります。
この部分は後から色を塗って同化させます。

穴を開けて雑貨を飾る!

木枠の上になる部分の板に何個か穴をあけます。
この穴に麻ひもなどを通して雑貨を飾っていきます!

麻ひもでリメ缶&フェイクグリーンをディスプレイしてみました!
縦・横どちらでも使えます。

麻ひもを逆から入れれば壁掛けにもなります。

中に下げる紐の長さを変えたりフェイクグリーンをそのまま挿したりといろんなアレンジが楽しめそうです!

いつもの木枠に飽きたら、穴をあけるだけでちょっと一味違ったディスプレイを楽しめます(^-^)

閲覧いただきありがとうございました(^^)

  • 12719
  • 30
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

大人カフェ風インテリアを目指して築11年目のマイホームをセルフリノベーションで楽しく居心地のいい空間にしています。ホームセンターや100均グッズなどのお手軽素材…

おすすめのアイデア

話題のキーワード