カーポートの隙間にポリカ板を使って雨よけ屋根をDIYしてみよう!

カーポートと外壁の間に幅700mm、長さ3,300mmほどの隙間があります。
普段は何も問題ないのですが、雨が降るとちょっと大変・・・
この隙間から雨が降りこんできて乗車、降車時に濡れてしまいます(T△T)

カーポートはコンクリートでできているので波板では見た目に合わず、
透明なポリカ板を取付けたい。
ただ木材を使うといずれ劣化するし見た目も少し違う・・・

そこでアルミフレームを使ってポリカ屋根を取付けました。
アルミフレームだとコンクリートの雰囲気にもマッチして
違和感はありません。

しかもポリカ板が取り付けやすく、耐久性も抜群です!
後は雨を流すための傾斜をどのように付けるかです。

しかしそこもアルミフレームの部品を使うことで傾斜を付けることができ、
雨も一か所に流すことができました。

一見するとDIYした屋根には見えませんが、
このような材料が手に入れば色んなDIYができると思いますよ。

  • 57515
  • 13
  • 2
  • いいね
  • クリップ

1. この隙間を何とかしたい・・・

カーポートと外壁の間に隙間があります。
幅700mm、長さ3,300mmほどの割と広い隙間です。

普段は何ら問題ないのですが、雨が降ると大変・・・
この隙間から雨がカーポート内に降りこんできます!!

そのため雨の日は乗車、降車時に雨に濡れてしまい、
しかもカーボート内は水浸しに。。。

この隙間をなくしたい!!
ということでカーポートと外壁の隙間に屋根をDIYします。

ただ早速、新たな悩みが・・・

カーポートと壁はコンクリートでできており統一感があります。
そこに木材や波板などは雰囲気と合わず使いにくい。

屋根材には透明のポリカ板を使いたいのですが、
それを固定する枠組みをどんな材料で作るか・・・

そこでアルミフレームを使って屋根を作ることにしました。
アルミは銀色なので透明ポリカ板との相性もよく、
またコンクリートに取付けていても違和感がありません。

アルミフレームで屋根を固定する枠組みを作り、
それをカーポートと外壁の間に設置して屋根にしたいと思います。

2. カーポート隙間屋根の構想

まずは隙間の寸法を計測したところ、幅700mm、奥行き3,300mmとなりました。
ただ調べたところ、ポリカ板を3,300mmの長さで購入することができません。
そこで幅700mm、長さ1650mm、厚み3mmの透明ポリカ板を2枚購入して
それをつないで作ることにします。

そしてアルミフレームの20mm角を使ってポリカ板を固定する枠組みを作って、
壁とカーポートの間に固定します。
固定方法はアンカーボルトを使ってLアングルを壁に固定して、
そこにアルミフレームをボルトで固定します。

屋根はカーポートから壁側に向けて雨水を流すように傾けます。
角度調整はアルミフレームの部品の中にあるものを使いました。

また屋根から流れた雨水がカーボートの中に入らないように
壁側(低い側)にはアルミのLアングルを使ってチャネルを作り、
そこに雨水を流すようにします。

これで雨がカーポートの中に入ってくることがなくります。
何だか形になりそうです。

3. カーポートの隙間屋根が完成!

早速、部品を注文して製作します。

ポリカ板はネジ止め用の穴が既に加工されているので
アルミフレームの上に載せてネジで固定するだけでOK。

アルミフレームは六角レンチでボルトを締めてフレームを
繋ぎ合わせれば簡単に作れます。

この作業で難しかったのは屋根の取付けです。
屋根の傾斜はある程度調整できるものの、
壁側の固定位置を組み上げた枠組みを使って合わせます。

アンカーボルトの取付けは壁側はまだ作業的によかったのですが、
カーポート側は上に位置するため少し作業しずらい場所でした。

これらの作業を行い、無事にカーポート隙間屋根が完成!

見た目はイメージ通りでカーポートの雰囲気にも合っています。
雨もカーポートの中に入ってこなくなり、
乗車の際に濡れる心配もありません。

また雨は壁側に向かい、その後左側に流れて雨どいを通して
地面に流しています。

これまでの悩みが解決して、これから雨の日でも快適です!

4. さいごに

アルミフレームとポリカ板を使ってカーポートの隙間に
屋根を作るDIYは如何だったでしょうか?

このようなちょっとした隙間は市販の屋根などを使うことが
できないため、基本的に一から作るしかありません。
当然、業者に依頼するとさほど大きな屋根ではありませんが、
高額な費用になってしまいます。

しかしアルミフレームを使えばこのような屋根もDIYできます。
設計さえしっかりできれば、後は組立てと取付けだけです。
部品もほとんどがメーカから一括で送られてきます。

今回の共同DIYではやはり設計に時間がかかりました。
より詳しい設計や使用した部品リストはブログで公開しています。

このようなDIYを1人でするのは慣れていないと難しいですが、
相談しながら2人で行えば良いアイデアも生まれて意外と作ることができます。
もし興味があればアルミフレームを検討されてみては如何でしょうか?

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

  • 57515
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

佐賀市に住む4人家族の40代の会社員です。家族旅行や車中泊、DIYを趣味に楽しんでいます。主にアルミフレームやアルミパイプを使ったDIYをしています。家庭DIY…

おすすめのアイデア

話題のキーワード