カーテンレールを取り付ける時は「ネジの大きさ・形」にご注意。

カーテンレールをご自分で取り付けようと思った時。
天井などに直接ネジで固定する場合もあるかと思うのです。

それは「天付け」と呼ばれる方法なんですが…

その際に注意して欲しいポイントがあるのでお伝えいたします♪

  • 4301
  • 15
  • 0
  • いいね
  • クリップ

今回は「カーテンレールを取り付ける時」のお話。

どうもこんにちは!

あなたの暮らし応援アドバイザー。
北海道の標茶(しべちゃ)にある平田家具店、

店長の平田敬(たかし・弟)です!



カーテンレールを取り付ける時、
「天付け(てんづけ)」という方法と、
「正面付け(しょうめんづけ)」という2つの方法があるんです。


「天付け」とは、カーテンレールを直接天井などにネジで固定する方法のこと。
「正面付け」は、「ブラケット」という金具を壁に固定して、そこにカーテンレールを固定する方法。


ホームセンターさんなんかでカーテンレールを購入し、
ご自分で取り付けようとした時、正面付けの場合が多いと思うのですが…

もし「天付け」でカーテンレールを取り付けようとお考えでしたら、
ちょっと店長から注意点がありますのでお話を聞いてください!
っていうのが今日のお話です(笑)


ネジの頭の大きさにご注意を。

先ほどもお話した通り、
「天付け」とは、カーテンレールを
天井などにネジで直接固定する方法なんですね。

カーテンレールの中をのぞくと穴が開いてますので、
そこにネジを打ち込んで天井などに固定するわけなのです。


これは天付けされているカーテンレールを真下からのぞいた図。
赤い矢印をつけたところにネジが見えますよね?


こんな風にカーテンレールの隙間から天井側に向かって
ネジを打ち込んで固定するわけですが…

この時に使う「ネジの頭の大きさ」に注意していただきたいんですね。


ネジの頭が大きいとレールに傷が付いちゃう。

先日、店長はお客さまのお宅でカーテンレールの交換をしたわけなのです。

ちょっとその時に外した古いカーテンレールをご覧ください。


お客さまのお宅で外した古いカーテンレール。赤い矢印のところにご注目。


写真の赤い矢印のところにネジがありますよね。

このカーテンレールの中に入ったネジ。
なんか見るからに頭が大きくありませんか?(笑)


このネジ、カーテンレールの隙間よりも幅がありましてね。
それをお客さまが無理やり打ち込んだようなのです。


なので…


先ほどの写真をちょっと横から見た図。


赤い丸を付けたところのカーテンレールを見ると、
カーテンレールに傷がついているのがわかるかと思うんですね。

そして、頭の大きなネジを無理に入れたせいで
カーテンレール自体もヘコんでいるのがわかるかと思うのです。


赤い線をひいたところが「カーテンレールの隙間」ね♪


上の写真の赤い線をひいた「カーテンレールの隙間の幅」より
頭の大きなネジを無理に入れちゃうと、
カーテンレール自体がヘコんだり傷ついてしまったりするわけなのです。

この傷やヘコみが原因で、カーテンの動きがスムーズじゃなくなったりするんですね。


なので、写真で店長が持っているような
カーテンレールの隙間より小さいか、
またはピッタリくらいのネジを使うことをオススメしたいわけなのです!


ネジの頭は平べったい方がいい。

先ほど「ネジの頭の大きさ」のお話をいたしましたが、
ネジを選ぶ際にはもう一つ気をつけていただきたいことがありまして。

それが「ネジの頭の形」なんですね。


ネジには2種類の頭の形があるんです。


上の写真では文字がちょっと見づらいかもしれませんが…

店長がつまんでいる左のネジは「頭の丸く出っ張っているタイプ」で
右のネジは「頭が平べったいタイプ」なんですね。


カーテンレールを天付けする際にオススメしたいのは
右の「頭が平べったいタイプ」なのです。

左の頭が丸く出っ張っているタイプだと、
カーテンレールの中でカーテンを左右に動かすための
「ランナー」の邪魔をしちゃうことがあるのです。


なので、ネジは「頭が平べったいタイプ」を選んでね♪


本日のまとめ。

おそらくカーテンレールを購入した際、
ネジが付属されている場合は、
このカーテンレールの隙間よりも頭の大きいものは付属されていないと思います。
そして、ネジの頭が平べったいはずです。

なので、ネジが付属されていない場合に、
ネジをご自分で用意する際にお気をつけくださいね~!


ちょっとしたことなのですが、
取り付けた後の使用感に差が出ますよ♪

よかったら参考にしてみてくださいね!


さてさて。
それでは今回はこの辺で。

店長でした~!


カーテンの開け閉めがスムーズにできないのは「カーテンレールのキズ」が原因かも。

カーテンって普通はスムーズに開け閉めができますよね。 でも、何らかの原因でカーテンレールにキズがついてしまった場合、 カーテンの開け閉めがスムーズにできなくなることがあるんです。 大きな原因は「レールを折り曲げてしまった」というような場合。 そんな時にはカーテンレールの交換しかないかも…というお話。

ひらた家具店

カーテンレールのお話はこちらもオススメ♪

  • 4301
  • 15
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード