寝具はベッドでなく布団派!という方に「すのこ型除湿マット」のご紹介

寝具はベッドでなく布団派!という人にはぜひ知っておいて欲しい、
すのこ型除湿マットをご紹介します。

  • 33796
  • 568
  • 4
  • いいね
  • クリップ

あなたはベッド派ですか?布団派ですか?

私は断然布団派(しかも昔ながらの綿布団)。

布団派である理由は・・

・1日の疲れた体を絶妙に柔らかく包み込んでくれる感覚が好き

・子どもが生まれて以来、長らく川の字になって寝る環境で、
限られたベッドのスペースからはみ出すことができないとか、
端の人(自分)が落ちないかとヒヤヒヤしながら寝るのが嫌

・マットレス(ベッド)は手入れが面倒そう(重い・かさばる)

・ベッドの下の埃が掃除しづらい

・ベッドは大型家具なので、成長や環境の変化に応じてレイアウトの変更をしづらい

将来的に子どもが自室でベッドで寝るようになったら、親の私たちもベッドにしようか・・と検討したものの、もはやずっと布団でいいかな、と思っています。

そんな布団派の人も多いのでは?

とはいえ、布団派にも懸念点やデメリットがあります

例えば、

・床が硬いので何かを敷きたいがいいものが見当たらない
・床に直接は、湿気でカビが生えそう(特に梅雨時、真夏の汗かき時、冬の結露時)
・冬は床からの冷気が寒そう
・結局すのこやマットレスなどが必要で場所をとりそう

などなど。

すのこや、マットレスだと、デメリットの中のいくつかを解消できても全ては解消できない場合がほとんどです。

そこでご紹介したいのが!

「すのこ型除湿マット」です。

ズバリ、一言で言うと、すのこと除湿マットのいいとこ取りをしている製品です。

どんな”いいとこどり”なのか、実際の製品でみてみると・・・

除湿・調湿機能がある素材でできている

素材自体が、除湿力が高い上に、写真のように、網目状になっているため通気性も高いマットであることが、すのこのいい点を兼ねそろえています。

ですが、すのことは違って素材的に床を傷つけないのもグッドポイント。

さらに!

マット1枚はコンパクト&超軽量

このように、パズルのピースのように取り外せます。

1枚(1パーツ)あたりが400g以下なので、500mlのペットボトルよりも軽いってことだ!

だから、使わない時に仕舞うのにも軽々&楽々。
省スペースでも済みますね。

マット自体は
4枚をつなぎ合わせ、伸ばすことでシングル布団1枚分の長さになります。

4枚を縮めた時はこんな感じ。

縮めた状態でおよそ100×120センチ。

実際に布団を敷いてみると

こんな感じです。

冬の床からの冷気も、直接布団には伝わらないようです。

底冷えしないのは女性にとっては大事大事!

そして、布団と床のこの隙間で、カビも防止が可能に!

すごい考えられている・・と感動。

忘れちゃいけない、お手入れ方法

伸縮できることで、縮めると、なんと洗濯ピンチに吊るして天日干しすることが可能です!

製品の素材自体に、防ダニ効果や、抗菌効果もありますが、定期的な天日干しが推奨されているようです。

一般的に、一晩にコップ1杯の寝汗をかくと言われているのだもの、

いくら吸湿機能があるとはいえ、やはり干したくなりますし、手軽に干せるのは魅力。

ベッドマットだと、このお手入れができない、しにくいのがネックですが、
布団だけでなく、ベッドにもこのマットは使えるのでは?と思いました。

いかがでしたか?

こんな方は、日々のお布団ライフが格段に楽になると思うのでぜひお試しください♪

・布団で寝ていて、寝ている時の湿気が気になる人
・カビが気になる人
・マットやスノコに不満がある人
・万年床になっている人
・ミニマリスト
・転勤や引越しが多くてなるべく荷物を減らしたい人

  • 33796
  • 568
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

安心して羽ばたき人生を愉しんで戻る居場所作りをモットーに、ズボラでも快適に暮らせる工夫と、ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みを発信します。LIVE…

おすすめ

話題のキーワード