ミニマリストご用達の敷布団、エアリーマットレスを使ってみました!

みなさん「アイリスオーヤマ」のエアリーマットレスはご存知ですか?

「必要なモノだけと暮らす」ミニマリスト界では有名なマットレスです。

著書「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」で有名なミニマリスト佐々木典士さんも絶賛するこのマットレス。

今回は使い心地をレビューしてみたいと思います。

  • 107224
  • 794
  • 0
  • いいね
  • クリップ

エアリーマットレスは95%が空気!

アイリスオーヤマのエアリーマットレス。

なんと、商品体積の95%が「空気」だそうです。

秘密はこの「エアロキューブ」構造。

中身が弾力性のあるチューブ状の繊維でできていますので通気性が抜群です。

昔ながらの固綿敷布団の37倍の通気性があり、そのおかげでなんと「布団干し」が不要なのです。

湿気が気になる時には風通しのいい室内で自立させたり壁に立てかけておくだけで湿気を飛ばすことができます。

中身が綿ではないということは、ダニやカビの心配が減るということ。

また、ホコリの原因となる綿が少ないので布団から出るホコリの量が激減しました!

毎朝の掃除の際にホコリの少なさを実感しています。

喘息のかたにもいいのではないでしょうか?

硬さも充分あるのに軽い!

エアリーマットレスには布団やマットレスに重ねて使える厚さ3.5センチのものを始め1枚でも使える5センチ、7センチ、9センチの種類があります。

固さも「ふつう」と「かため」の2種類ありますのでお好みのものを選ぶことができます。

我が家が購入したのは厚さ5センチの「かため」タイプのものです。


寝心地はベッドに使うスプリングマットレスのような感じで、弾力性があり、寝心地がよいです。

高反発なので届いた初日、子ども達はトランポリンのようにピョンピョンと跳ねて遊んでいました。

口コミを見ていくと、このマットレスを使って腰痛が改善したかたもたくさんいらっしゃるようです。

素材の特性なのか踏んだ時などに小さく「パリパリ」という音がしますが私はあまり気になりません。

裏表でリバーシブルの素材となっていて夏の暑い時期には通気性のよいメッシュ素材、冬はキルティングのような生地の面を使う事ができます。

また、95%が空気だけあってとても軽いので毎日の布団の上げ下げが楽になりました。

折りたたんだ状態で厚さ15センチですので折りたたむととてもコンパクトになります。

布団の中身まで丸洗いできる!

なんとこの商品、中身のエアロキューブまで丸洗いできるのです!

我が家はまだ子ども達が小さいので万が一のおねしょの時にも安心。

カバー類は洗濯機で、中身のエアロキューブはシャワーで丸洗いすることが可能です。

ちなみに、エアロキューブは風通しのよいところで3時間くらいで乾くそうです。

また、エアロキューブは3つに分かれていますので定期的に中身の場所を入れ替えることで極端なへたり防止にもなりそうですね。

まとめ

「こだわりぬいた少ないモノと暮らす」ミニマリスト達が絶賛するエアリーマットレスはやはり使い心地が良いものでした!

ぜひ、敷布団やマットレスを購入の時には参考にしてみてくださいね!

Fujinao(フジナオ)でした。

  • 107224
  • 794
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。  私の今の暮らしは転勤族の経験で学んだ「モノの少ない暮らし」。モノが少ないと家の中を心地よい風が通ります。…

おすすめのアイデア

話題のキーワード