旅先・帰省先の荷物をコンパクトにする方法

旅行時・帰省時、荷物が少ないと良いことがたくさんあります。

軽い
カバンの中がごちゃつきにくい
軽いので家族が自分で荷物を持つようになる
後片付けが簡単

など。

という訳で、荷物をコンパクトにするコツをご紹介します。

  • 4211
  • 55
  • 0
  • いいね
  • クリップ

1 旅先の設備やアメニティの把握


一言で言うとこだわりを捨てる、と言うことかもしれません。

私も以前は「自分のこの枕じゃないと眠れない」とかこだわりがあったり、
多くの女性は、マイドライヤーやマイコテ、普段使いの化粧品、パジャマはホテルのは使いたくない・・などこだわりをお持ちの方もいらっしゃるかも。

そのこだわりの数だけ、荷物が増えていきます。

私は、コンパクトにしたいときは(車移動や実家帰省などコンパクトである必要がない時もあります)、なるべくこだわりを手放すようにしています!

荷物で一番かさばるのは衣類なので、
少なくとも旅先のホテルにパジャマがあればそちらを使うことで少しでも減らすようにしています^^

2 かさばる物は圧縮袋などで小さく

特に小さなお子さんがいて、オムツや替えの衣類が多い方は圧縮袋必須。

圧縮すると大体1/2のスペースが浮きます。

昨今はダイソーなどにも旅行用で可愛いものがたくさん並べられていますよ。

3 脱・トラベルポーチ

荷物よりも、荷物を入れるトラベルポーチがかさばっている、という噂もあります。

私はポーチではなく、基本透明のスライダーバッグを使っています。(荷物写真参照)
化粧品、アクセサリー、など全て。
中身が見えるので迷わないことも楽チンです。

4 帰宅後の片づけを楽にするための洗濯ネット

これがあればコンパクトになるのは、親のカバンだけかもしれませんが。

帰宅後の片付けを楽にするために、旅先ででた洗濯物は洗濯ネットに入れて持ち帰り、そのまま洗濯機にINします。

以前は家族の洗濯物をユニクロなどの大きな袋に家族分まとめて入れていたのですが、それだと、帰宅時に誰か(主に親)の荷物が増えてしまうのですよね〜。

そう、我が家のモットーは「自分の荷物は、自分で支度し自分で持つ」
もちろん片付けも自分で。

ということで、洗濯ネットの採用で、自分が出した洗濯ものも自分で最後まで持ち、片付けも自分ですることを促進させています。


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中!

  • 4211
  • 55
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

安心して羽ばたき人生を愉しんで戻る居場所作りをモットーに、ズボラでも快適に暮らせる工夫と、ママが2泊3日で家を空けても家族が困らない仕組みを発信します。LIVE…

おすすめのアイデア

話題のキーワード