人気のおすすめ折りたたみベッド5選!シングルやセミダブル、選び方など

おすすめの折りたたみベッドを5種類紹介! 人気のシングルやセミダブル、ダブルといったサイズをはじめ、アイリスオーヤマやエムールなどの有名ブランドからも厳選しました。シンプルでおしゃれなベッドや通気性のいいすのこベッド、リクライニングできる高機能タイプもピックアップ。選び方のポイントも解説します。

  • 26438
  • 125
  • 0
  • いいね
  • クリップ

折りたたみベッドは狭い部屋にもおすすめ!

※画像はイメージのため、紹介している商品とは異なります。

ベッドは家具の中でも大きく場所を取ってしまうため、使わないときは畳んで収納しておける折りたたみベッドがあると便利。狭い部屋も広々と使うことができるほか、キャスター付きでサッとしまえるものなら急な来客にも対応しやすくなります。

移動がラクラクなので模様替えも思いのまま。ベッドの下はホコリがたまりやすい場所ですが、折りたたみベッドなら掃除も気軽にできます。

簡易的ベッドのイメージがあるため、気になるのがやはり寝心地。低反発や高反発素材、通気性のいいすのこ製など、機能性の高いベッドを選ぶと◎です。折りたたみベッドの寝心地や選び方とあわせて、人気のおすすめベッドを紹介します!

折りたたみベッドの種類と特長

ベッド本体の種類│マットレス、すのこ、フレームタイプなど

折りたたみベッドとひと言でいっても、形状や素材によってさまざまなタイプがあります。ベッド本体のタイプは大きくわけて“マットレスタイプ”、“すのこタイプ”、“フレームタイプ”の3種類。

マットレスタイプ

マットレスタイプは、ベッドのフレームにマットレスが装着されているため広げたらすぐに使うことができます。ウレタン素材のマットレスが主流になっていますが、体が沈む低反発マットレスや硬めの高反発マットレスなど、好みの寝心地で選べます。

すのこタイプ

人間は、冬でも寝ている間にコップ1杯の水分を発しているといいますが、夏場はとくに蒸れやすく布団にカビが生えやすいもの。すのこタイプの折りたたみベッドは、通気性がいいため湿気やカビ対策におすすめです。

フレームタイプ

フレームタイプは、寝床がメッシュ状のフレームがそのままむき出しになっており、その上にマットレスをのせてから使います。マットレスタイプよりも布団を敷く手間が増えますが、折りたたんだときにとてもコンパクトになるため、場所を取らずに収納したいときにおすすめです。3タイプの中でも比較的軽量なので移動も簡単です。

高さの種類│ハイタイプ・ロータイプ

折りたたみベッドの高さもハイタイプとロータイプで特徴が異なってきます。

高さのあるハイタイプの折りたたみベッドは、ベッドの下に収納スペースをつくれるのがうれしいポイント。床から離れているため舞い上がったホコリも付着しにくいです。収納しないでそのまま置いておく場合にも、掃除がしやすくて便利ですよ。

また、ベッドから腰掛けるようにして乗り降りできるのもメリット。お年寄りや腰痛持ちの方にも使いやすいタイプです。

敷布団感覚で使用するロータイプの折りたたみベッドは、折りたたむ際も広げる際も圧迫感が少なく、空間を広く見せてくれます。寝心地が気になる場合は、ボリュームのある高級マットレスと組み合わせての使用も◎。

マットレスの種類│高反発・低反発

折りたたみベッドのマットレスは、高反発と低反発の2種類が主流になっています。

高反発マットレスは、弾力感が高くてはねる感じのイメージ。寝姿勢が崩れにくく、寝返りも打ちやすいでしょう。適度な体圧分散性も◎。

低反発マットレスは、体にあわせてゆっくり沈むためふんわりと柔らかな寝心地を好む方におすすめです。通気性が気になる場合は、除湿シートを併用して対策するといいでしょう。

失敗しない折りたたみベッドの選び方4つのポイント

ポイント1.サイズや使い方

せっかくコンパクトな折りたたみベッドを買ったのはいいけれど、「折りたたんでみたら思ったらよりも大きかった」「コンパクトすぎて寝心地が悪い」とならないために、きちんとサイズを確認しておきましょう。

折りたたみベッドは、シングル、セミダブル、ダブルが主流になっています。お部屋の広さや使う人、使用シーンに合わせて選んでみましょう。

シングル

シングルは一人暮らしや6畳部屋など、お部屋のスペースをあまり取りたくないときにおすすめ。来客用のベッドとしても管理しやすいサイズで、目安は約幅100×奥行195cmです。

セミダブル

セミダブルはシングルよりも幅が約20cm大きく、大柄な方やゆったりと余裕を持って寝たい方におすすめ。サイズの目安は約幅120×奥行195cmです。

ダブル

ダブルは2人用ながら、シングルを2台重ねるよりも幅が狭めに。コンパクトな方がよい方やすき間をつくりたくない方はダブルがおすすめです。子どもと一緒に親子で寝る場合も便利。サイズの目安は約幅140×奥行195cmです。

また、子供や小柄な方はセミシングルがコンパクトでおすすめ。シングルよりもやや小さめで、サイズは約85×奥行195cmです。

ポイント2.収納性

省スペースに収納できる折りたたみベッドは、タイプによって畳んだときのサイズが変わってきます。キャスター付つきはボリュームがありますが、折りたたんだ状態で移動させられるのがメリット。ハイタイプだとベッド下に収納スペースができるという点も魅力です。

ロータイプはコンパクトに収納できるタイプ。キャスターがない場合は持ち運びにやや手間がかかるものの、広げたときの圧迫感は軽減されますよ。ベッドを折りたたんだときのサイズ感や、どこに置いてどこに収納するかをイメージしてから選ぶと◎。

ポイント3.寝心地、マットレスの硬さ

マットレスには、硬めや柔らかめなどそれぞれ特徴があります。マットレスの硬さが体に合っていないと、不自然な姿勢となり、睡眠中にも体に負荷がかかりやすい状態になってしまいます。

好みもありますが、一般的には体格のいい方や男性には、耐久性もある高反発マットレスがおすすめ。安物のウレタンや低反発マットレスだとすぐにヘタって腰が沈んでしまうこともあるためです。

小柄な方や女性、子どもには、ウレタン系のマットレスを選ぶのもいいですね。硬めのマットレスや高反発マットレスで腰が浮いてしまうと、腰痛の原因になることがあります。どちらも体に合ったマットレス選びが大切です。

ポイント4.機能性

折りたたみベッドの魅力の1つが、便利な機能性! なかでもリクライニング機能は、ラクな姿勢でTVを見たりベッドの上で食事をしたりできるのが特長。年配の方の利用や介護の際にも便利です。

1段階のみの簡易的なものから、複数角度を調節できたり、自動でベッドを起こせたりする高機能のものまでさまざまなタイプがあります。

また、布団やマットレスをそのまま掛けられるタイプだと布団干しの手間がなくて楽ちん! そのまま外に出せば天日干しも可能です。

さらに、ソファベッドも折りたたみベッドの1つです。昼間はソファとして、夜はベッドとして使えるためお部屋をおしゃれに広々使うことができますよ。「ソファとベッドがほしいけど2つも置くスペース」がないというときにうれしいアイテムです。

折りたたみベッドのおすすめ人気商品5選

アイリスオーヤマ
折りたたみベッド シングル OTB-TR ブラック
21,780円(税込)
4
4 Stars
2804件)
一人暮らしにもおすすめなコンパクトサイズのベッド
『アイリスオーヤマ』の『折りたたみベッド シングル OTB-TR ブラック』は、畳んだ時のサイズが約幅75×奥行32×高さ111cmと省スペースなので収納もすっきり。高反発ウレタンマット付きのシンプルデザインで、ベッドを広げる際に指をはさみにくいよう設計されています。コンパクトながら5段階リクライニングつきと機能性にもすぐれたアイテムです。
アイリスオーヤマ
折りたたみベッド セミダブル OTB-SD ブラック
21,780円(税込)
3.8
3.8 Stars
141件)
14段階リクライニングがうれしいセミダブルサイズ!
『アイリスオーヤマ』の『折りたたみベッド セミダブル OTB-SD ブラック』。1人でゆったり寝たい時や子どもと添い寝をする方におすすめのセミダブルサイズは、寝心地を追求した素材を選ぶのがおすすめ。14段階リクライニング機能が付いたタイプなので好みの体勢にすることが可能です。薄型マットタイプなので、お気に入りの布団やマットレスを組み合わせて体に合った寝心地に調整できます。
アイリスプラザ
2つ折桐すのこベッド ダブル
10,000円(税込)
3.8
3.8 Stars
16件)
部屋干しもできる!ナチュラルなすのこの折りたたみベッド
『アイリスオーヤマ』の『2つ折桐すのこベッド ダブル』。雨の日でも部屋の中で布団を干すことができるのが、すのこベッドの魅力です。中心部を持ち上げてベルトで固定するだけで立てかけ完了。ロータイプのダブルサイズで、省スペースに収納できます。ナチュラルな木の雰囲気なので、使わずに置いておくときもインテリアになじみます。
エムール
組立不要 折りたたみベッド メホール セミシングルサイズ ハイタイプ
25,000円(税込)
耐荷重500kg!組立不要で寝心地を追求した折りたたみベッド
『エムール』の折りたたみベッド『メホール』は、コンパクトなセミシングルサイズながら耐荷重が500kg。組立不要で広げるだけなのもうれしいポイントです。スリムなだけでなく寝心地にもこだわったベッドで、5段階リクライニングやサイドに本やスマホを収納できるポケット付き。
ディノス
折りたたみショートベッド カバーなし 615214
26,900円(税込)
ちょっとしたスペースに置ける小さめ折りたたみベッド
『ディノス』の折りたたみショートベッド は、ちょっとしたスペースに小さめベッドを置きたい方におすすめ。マット幅85×奥行180cmの高反発折りたたみベッドです。コンパクトながら42段階のリクライニングに加えて、キルティング加工の肌触りのよいマットレスが採用されていて高機能! 1R、1Kの部屋をはじめ、リビングに子どものお昼寝スペースを確保したいときにもおすすめです。

折りたたみベッドで賢くスペースを活用しよう!

使いたい時にサッと出せる折りたたみベッドは、たたんでおけばお部屋が広く使える便利な寝具。リクライニング式や機能性が高いものも多く、上手に使えば欠かせない存在となりそうですね。

記事内で紹介したほかにも、『ニトリ』といったインテリア家具ショップからも、人気のすのこベッドやシンプルなデザインの折りたたみベッドが販売されています。お部屋に取り入れて、賢くスペースを活用してみてください!

※記事内の情報はLIMIA編集部の調査(2021年11月)に基づくものです。
※LIMIAの編集部が検証を行い、厳選した商品をご紹介しています。
※一部の画像はイメージです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「ハピすむ」♡
・3社見積もり比較で地元のリフォーム費用がすぐわかる!
・サービス満足度94%!見積もり依頼件数10万件突破!

  • 26438
  • 125
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

インテリア・家具のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード