ミルクペイントの空きボトルをミルク缶風にDIY!

100均塗料以外では、ターナー色彩さまのミルクペイントを使うことが多いのですが、空きボトルが少し溜まっていました。形が可愛いので、捨てるのも勿体なくて、そのまま飾ったりしていました。ある日、植物を飾るための適当な大きさの鉢を探していて、ミルクペイントのボトルを眺めていたら、ミルク缶のように見えてきました。そこで、ボトルの可愛い形を活かして、ミルク缶風にDIYしてみることにしました。

  • 13259
  • 79
  • 2
  • クリップ

ミルクペイントの空きボトルでミルク缶を作ってみよう

こちらのミルク缶風の雑貨は、ミルクペイントの空きボトルで作りました。
使い終わった後のペイントのボトルは、そのままでも可愛いけれど、ひと手間加えて飾って楽しい雑貨にしてみるのも楽しいですよ♪

用意するもの

こちらがBEFOREのミルクペイントの空きボトル、450ml(左)と、200ml(右)です。

【材料】
★ターナー色彩ミルクペイントの空きボトル(私は、450mlと200mlを使いました。)
★針金
★ラッカースプレー
★ミッチャクロンマルチスプレー
★ミルクペイント ビンテージワイン
★アイアンペイント アイアンブラック
★アイアンペイント アンティークシルバー

【道具】
★ステンシル用の筆
★はさみ
★目打ち
★ニッパーまたはペンチ(針金切断用)

作り方

ラベルが剥がせる場合は先に丁寧に剥がしておきます。

剥がれない場合または、自分で文字入れ等をする場合は剥がさなくてOKです。

ミッチャクロンマルチスプレーを良く振って、換気のいい場所で満遍なくスプレーします。

ミッチャクロンマルチスプレーが乾いたら(15~20分後)、シルバーのラッカースプレーを吹きます。

乾いたら、少しずつ向きを変えながら、満遍なくスプレーします。

蓋は、開けて使うこともあるため、蓋の裏側にもシルバーのラッカースプレーを吹いておきます。

錆び風塗装を付けていきます。

ミルクペイントのビンテージワインを上から垂れた感じ、底の方など、錆びそうなところに付けて・・・

その上から、アイアンペイントアイアンブラックを重ねます。

200mlボトルの方は、剥がしておいたラベルを切り取って貼り戻します。

ラベルの上も、ラベルが消えない程度に汚します。

450mlボトルの方は、最初にラベルが剥がれなかったので、ステンシルで文字入れをして変化を付けてみました。

上から、さらにアイアンペイントアンティークシルバーをところどころ重ねます。

ステンシル用の筆で叩くようにトントン載せていくのがコツです。

できあがり

ペイントで、ミルク缶風に生まれ変わりました。

このまま並べて飾るのも楽しいです。

もっとミルク缶っぽく

先ほどの状態で完成でもいいのですが、持ち手を付けてさらにミルク缶風にしましょう。

目打ちで、サイドに持ち手の針金を挿し込む穴を開けます。

針金をニッパーまたはペンチで適当な長さにカットします。

カットした針金を写真のように持ち手にしたい長さに曲げます。

先ほど目打ちで開けた穴に針金を挿し込んだら、できあがり♪

持ち手が付いて、さらにミルク缶っぽくなりました。

花瓶や鉢のようにして使ってもいいし、そのまま蓋を閉めて飾ってもいいですね♪


いかかでしたか?空きボトルを活かしたDIYになります。
よかったら、空き容器で素敵なミルク缶風を作ってみてくださいね♪



このDIYを含むいろんなDIYは、ブログでも詳しく書いています。
LIMIAに投稿していないものもありますので、気が向いたらブログにも遊びに来てください。





インスタグラム、ルームクリップもやっています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました(__)

いつもいいねやフォロー、コメントありがとうございます(__)

とても励みになってます。

  • 13259
  • 79
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード