【原状回復対応】MUJI長押を作ってみよう。

無印良品「壁に付けられる家具」シリーズに「長押」(なげし)というものがあります。
横長の板で上端に溝があり、ハンガーを掛けたり絵などを飾ることが出来るものです。
ここでは勝手に「MUJI長押」と呼ばせて頂きますが、これを安価な材料と原状回復対応フック「スノピタ▪ウラタイプ」で作成する方法を紹介致します。

  • 9947
  • 104
  • 0
  • クリップ

無印良品の長押

本家はこちらです。
建築用語で言う「長押」とは違い、原状回復が容易な壁掛け化粧板のようなものです。
無印良品らしいシンプルデザインですね。

写真はオーク材
価格は税込、長さ44センチ:1890円、88センチ:3490円(2018年4月6日時点)

(画像データは無印良品HPから転用してます)

写真上がMUJI長押です。

(画像データは無印良品HPから転用してます)

MUJI長押の真似っこのために

壁への取り付けは原状回復が容易なフックセット「スノピタ▪ウラタイプ」という商品を使用しました。
こちらはネットで購入出来ます。
ホームセンターで取扱っているところもあります。
スノピタの詳細は下記リンクを御覧頂けますでしょうか。

木材は杉材(貫)1820×90×13ミリを下記の寸法にカットしてもらいました。
▪800×90×13(正面板)
▪800×12×13×2個(上下枠)
▪54×12×13×2個(左右枠)

長さ20ミリの細いビスとボンドで組み立てました。
正面板の裏に下枠、左右枠、上枠の順に付けます。
下枠は正面板の下端に合わせて付けます。

スノピタ▪ウラタイプのフックを枠内上端左右に付けます。
フックを付ける際、フック受けを枠内に置いて付けると良いのですが、ちょっとトラブルが発生しました。
枠内の高さ寸法がキツキツなのです。
スノピタの無料取扱冊子に詳細寸法が記されてましたので、その数値を確認してフックの高さ38ミリ+フック受け高さ14ミリ、計52ミリ。
枠内高さは52ミリ以上必要ということになるので54ミリにしましたが、2ミリの余裕など無かったのです。

枠内高さ54ミリではフックを掛けるにはキツイ。

もう一度スノピタ寸法図をしっかり見ると

フックの高さは38ミリ

フック受けの高さは14ミリ

あれ!?

フック受けの高さ寸法とは、押しピン台座部分の寸法のようでした。
フック受けの高さを測ると約16ミリでした。
なぜ台座の寸法を表記してるのか謎です。

とりあえず、フックを枠に強く押し当てながらビス留めしました。

塗装して

フック受けを壁に付けて、そこに板を掛けて完成です。

壁ピタ!

まとめ

厚めの本など乗せられるように、もっと溝幅を大きくすべきでした。
今回、枠幅(=溝幅)は12ミリですが、プラス板厚13ミリ、計25ミリにして、フック取り付け位置に板を加えれば溝幅が広がります。

最後まで御覧頂き、ありがとうございました。

  • 9947
  • 104
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ