【DIY】リメイクシートとMDF板で作る多機能サイドテーブル~自動点灯照明etc付き~

便利なだけでなくオシャレ感を演出するサイドテーブルをDIYで作りました。既製品にはないプラスアルファの機能を加えて…。100均のリメイクシートで高級感が出るように仕上げてみました!

  • 26321
  • 258
  • 2
  • クリップ

サイドテーブルとは?

ベッドサイドやソファーの横に置いて、リモコンや本、時には飲み物などをちょこっと置きできるのがサイドテーブルです。ナイトテーブルなどとも呼びますね。我が家では新婚時に某大手家具店で購入したものをベッドサイドに置いて使用しています。

広告通りお値段以上に活躍してくれたのですが、購入してからかなり月日が経過したこともあって経年劣化が目立つようになってきました。使用している間に不便な点などが多少あったため、それをクリアするものを自作することにしました。

さっそくサイドテーブルを作製する!

ホームセンターで12ミリ厚のMDF板を購入し、玄関先で作業開始です!

起こした図面に従ってパーツを切り出します。ある程度の厚さがあったほうが安っぽく見えないことと、釘やネジが利きやすくまた、接着面が増えるので強度面でも不安が少ないということで12ミリ厚を選びました。MDF板は加工しやすいのでオススメです。

パーツとパーツが接する面には必ず木工用ボンドを塗ります。MDF板はその性質上、釘やネジは補助的なものとして個人的には考えており、強度を出すうえではこの作業は必須です。

サイドテーブルをころころ移動できるように底面裏側にはキャスターを付けました。実家の物置からあさってきたのはここだけの話です(笑)←だからキャスターの種類が揃ってない。

キャスターが丸見えにならないようにサイドの板は床付近まで。前面は作るの忘れました^^;

大まかな形はほぼ完成しました。この後ネジ留めした部分などは木工パテで埋めて平らにしたり若干手を入れました。サイドテーブルの詳細は順を追って紹介します。

リメイクシートで高級風に変身。

木目のないMDF板はどうしてもそのままだと味気ないのでリメイクシートで高級感を出してみたいと思います。濃いブラウンの木目調のものをダイソーで購入しました。

パーツの大きさにカットして貼る、これだけです。基本裏側は貼りませんでした。家で使うものですし、あんまりお金掛けたくなかったですので。

上の写真のように分離しているパーツは簡単ですが、本体は結構大変(;´▽`A``コーナーはドライヤーなどで少し温めながら貼ると比較的きれいに仕上がります。あとは剥がれ防止のために貼る前に表面をよく拭いておくことが大事です。

リメイクシート貼り終わりました。内側や下の方は宣言通り節約のため貼ってません。単に面倒だった説も…(笑)

せっかくなので多機能にしてみた。

せっかく自作するので既製品で不便に感じていたことを解消すべく機能を追加していきます。すばぱぱままアイデアで2度目の登場、IKEAのお手軽人感センサー付き照明。詳しくは前回記事(下記リンクをクリック)をどうぞ!

続いてセリアで買ったガラストレー。

センサーライトは電池を入れた後、上面に開けておいた穴に下に向けてはめ込みます。ガラストレーは2枚並べてその上に敷きました。

そしてすば家にとって最大の機能改善!花粉症メンバーが多いのでこの機能は欲しかった~♪ティッシュボックスケースです。これまでのサイドテーブルだとティッシュボックスがすぐ下に落ちるので一体化しました!

完成したところで下段に観葉植物を置いて照明を点灯させてみました。それなりに形になったと思います!

実際に設置してみる。

さっそく完成品を使用場所であるベッドサイドに設置してみます。

高さはベッドに合わせてあります。

で、下段は観葉植物ではなく実際には息子に読み聞かせする絵本を置く本棚として使います。寝室の照明が暗めなので、手を入れた時にセンサーで照明が点くと少し見やすくなる仕様です。

まとめ

今回のDIYに掛かった費用は、MDF板が910x600x12が3枚で2000円ほど。100均で購入のリメイクシートが4枚で400円、ガラストレー2枚で200円、IKEAの照明が1個で約400円の計3000円ほどでした。キャスターやネジは手持ち品を使ってます。時間は切り出しと組み立てに3時間ほど、パテ埋めなどの表面均しに2時間ほど、以降のリメイクシート貼りに2時間ほど掛かりました。とは言っても一度にやった訳でなく、週末を利用してやったので完成したのは作り始めから3週間後でした。当初は100均のリメイクシートでの仕上がりに不安がありましたが、完成してみたらそれなりでした♪ただしリメイクシートは袋ごとに微妙に色味が違ったりしていました。生産ロットで多少差があるようですのでそのあたりは許容する必要がありそうです。もっとも、今回は濃いめの色調のものを使ったので差が目立ちましたが、通常の木目調のものならさほど気にならないレベルかと思います。

以前のサイドテーブルが9000円ほどしましたので、かなり安く多機能なサイドテーブルを作ることができました!←人件費無視

皆さまも(特にパパの週末を利用して)挑戦してみてはいかがでしょうか?

最後にすば家のブログもこちらからよろしければ。Web内覧会などやってます♪

最後までご覧いただいてありがとうございました(^^)v

  • 26321
  • 258
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード