初心者さんでも簡単!ニトリのインテリアシートを使った模様替えの効果

インテリアシートは数多くありますが、中でもニトリの大理石調シート同じ大きさが2枚も入っていて初心者さんにも扱いやすくとても簡単。
初めてだけどインテリアシートの模様替えに挑戦してみたいと考えている方、特別な道具もいらなければ、難しいことはもありません。
まずは扱いやすい柄を選んで始めてみましょう。

  • 55290
  • 336
  • 0
  • いいね
  • クリップ

初心者さんがインテリアシートを選ぶ時のポイント

ちょっと壁の雰囲気を変えてみたい時、最近はお手軽に使えるインテリアシートがたくさん販売されています。
中でもブログやインスタグラムでよく目にするのはレンガ調や木目調。
真っ白な壁紙に貼った場合はその変化が大きく、インテリアの模様替えとしては効果が大きいと思います。
ただ私にも当てはまるのですが、初心者さんにはこの柄物(レンガ調や木目調)の扱いが難しいと言われています。貼る直前の柄合わせの際に失敗が起きる可能性もあるので、最初は比較的柄が少ないシートで試してみるのをお勧めします。

柄合わせが簡単、ニトリの大理石調シート

ニトリインテリアシート大理石調 税込498円

私が選んだのはニトリから発売されているインテリアシート大理石です。
貼って剝がせる特徴は100円ショップなどの商品とほぼ同じですが、ニトリ商品の場合大きさが45センチ×100センチのシートが2枚入っています。
裏側は1センチ四方のマス目が入っているので、シートに線を引く作業もなく印をつけるだけでそのまま切ることができます。
大理石を選んだのは柄の出方がレンガ調や木目調と比べると一定ではないので、貼り合わせる時に簡単であること。
またシンプルが好みなので控えめなカラーで変化をつけてみたかったのです。


リメイク時の適切な場所と貼り方

リメイク前の壁紙です。

では貼り方の手順ですがその前に貼る場所が適切がどうか確認します。
ニトリ商品の場合、表面がザラザラしている場所、ぬれている場所、クロスが和製の場所は適していません。
この条件をクリアしたら、まずは貼る場所を一度綺麗に拭き取ります。
乾燥を待ちながら、その間にカッターもしくはハサミを使い、壁のサイズに合わせたシートを切っていきます。
(我が家の場合は長さが足りなく2枚のシートを使いました)
貼っていく時は乾いた布などでシートの真ん中から外側に向けて空気を出し、しっかりと貼っていけば完成です。
万が一失敗した場合はゆっくり丁寧に剥がし、再度貼り付けてください。
私は3回ほど貼り直しをしていますが途中で粘着力が弱まったりすることはなかったです。
100円ショップのものと比較した時、この辺りの違いが一番あるのではないでしょうか。




高級感ある大人インテリアの完成

完成した壁紙がこちらです。
フェイクといえども高級感のある雰囲気に仕上がりました。
色の出方がレンガや木目に比べると大人しいイメージですが、しっかりと変化はあります。
少し特別な空間というイメージも出来上がり、飾っているものも存在感が増した気がします。
気になっていた2枚のシートの付け足しですが、こちらもすぐ近くから見ない限りは継ぎ目がわかりづらくなっています。

まとめ

今は気軽にプチリフォームができる時代。
もしも今のインテリアに少し飽きてしまっていたら、壁紙を変えてみることから始めてみませんか。
まずは簡単な柄から挑戦して、慣れたらレンガ調や木目調に変えてみるのも良いですね。
とくにニトリは1コインのプチプラ価格でサイズも大きめ2枚入り。万が一失敗した時にも予備として使うことができます。
インテリアをまるで着せ替えのようなイメージで簡単、短時間で実現できるオリジナルティー溢れるお部屋作りをぜひこの年末でお試ししてはみてはいかがでしょうか?
視覚的効果が生み出す模様替えをぜひ楽しんでみてください。









  • 55290
  • 336
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北海道在住。収納インテリアブログ「ちいさなおうち」では暮らしに役立つ情報をメインにプチプラ収納インテリアを公開しております。誰もが簡単に手に入る物との生活で、暮…

おすすめのアイデア

話題のキーワード