フリースをキッチンで再利用!?光熱費削減の救世主として大活躍するんです!

フリースの衣料は、暖かくてこれからの時期手放せませんね。
着なくなったフリース、処分する前に再利用しましょう。
体だけでなく鍋も温めてしまおうという工夫です。

  • 47702
  • 179
  • 0
  • いいね
  • クリップ

鍋を温める

我が家では、これからの季節、おでんの出番が多くなります。

おでんは、ぐつぐつ煮込むより
じっくり煮込んで、冷めていく過程で味が染みるといわれています。
ある程度火が通って味付けしたら
火を止めます。

このまま冷ましてもいいのですが
ここから保温していきます。

使う道具は3つ

一つは、フリース

軽くて暖かいフリースは
これからの寒い時期に大活躍しますね。

保温性に優れた素材の特徴を生かして
我が家では、子どもが着ていたフリースを
鍋を温めるのに再利用しています。

2つ目は新聞紙

新聞紙も保温効果に優れた素材です。

3つ目は、クーラーバッグ。


保温なのにクーラーバッグ?と思いますよね。
実は、クーラーバッグは冷やすだけではなく保温もできるんです。

では、この3つでおでん鍋を保温していきます。

いざ、実践

初めにフリースを広げます。

その上に新聞紙を乗せます。

そして、鍋を置きます。

鍋をじかにフリースに乗せると生地が溶けるかもしれないので
新聞を間に入れています。

このおかげで、より保温効果もアップすることになりました。

鍋を包んでいきます。

フリースが最適なわけ

包んでいくと、袖が余ります。

実は、この袖が良い仕事をしてくれるんです。

引っ張るようにして袖を交互にたたむと
鍋をしっかり包むことができます。

袖がないと、バラけてしまうので
何かで押さえないとなりませんが
フリースは伸縮性がるので
袖がちょうどよくホールドしてくれるのです。

クーラーバッグに入れます

この状態でクーラーバッグへ。

フリースに包んだままでもいいのですが
より熱を放出させないためにバッグに入れます。

忙しい日は、朝に仕込んで夕方帰ってきても
中の鍋が熱いくらいです。

それくらい保温効果があるんですね。

火にかけてコトコト煮ていると
そばについている時間かかり
光熱費がかかりますが
時短で節約になりますね。

取り出してみる

鍋が熱いままで、しっかり煮込まれています。

いい味にしみていました。

おいしいおでんの出来上がりです!

しまう時も一緒に

この3点セットは、一緒にしまっています。

カゴに入れ、棚の上に収納。

たまにしか使わないので天井近くの棚に入れていますが
取り出しやすいように、カゴの下に取っ手をつけてあるので
台に乗らなくても軽く取り出せます。

いかがでしたか?

フリースを別の用途で再利用することで
ごみ資源を減らすことができます。

保温効果が高いフリースは鍋も温めてくれます。

用途に合った使い方をすると
節約にもつながりますね。

クーラーバッグがないという方は
フリースと新聞だけでも十分効果がありますよ。

保温効果のある商品も販売されていますが
家にあるもので簡単にできるので
ぜひお試しください。




LIMIAからのお知らせ

エアコンクリーニングが大特価♡
・口コミ4.5点以上の高評価プロが作業!エアコンクリーニングプレミアム✨
・安心の再施工&保証サービス
・エアコンと水回りをまとめて頼むとさらにお得♪

  • 47702
  • 179
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

北海道札幌市でライフオーガナイザーとして活動しています。モノの片づけを通して生き方の整理整頓をお伝えしています。

思考の整理収納塾 田川瑞枝さんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード