☆DIY☆セリアの木箱でA4ブックスタンドにもなる自在引き出しシェルフ☆

セリアの木箱で引き出しシェルフ、第三弾!
A4サイズの書類や本の収納が欲しかったので、引き出しシェルフと合体させちゃいました^_^
引き出しは最大8個入れられ、いろんな使い方ができる引き出しシェルフです♪

  • 84964
  • 1363
  • 1
  • クリップ

セリアの木箱でA4ブックスタンドにもなる自在引き出しシェルフ↓

まずは、セリアで人気のあの木箱シリーズの復習から↓

材料はこちら♪

今回はセリアの木箱『NOW AT THE〜』の『2』のサイズを4コ使います。
最大8個入れることができるので、引き出しの数はお好みで^ ^


その他の材料はこちら↓

A 12mm厚合板
250mm×304mm・・・2枚

B 12mm厚合板
250mm×360mm・・・3枚

C 12mm厚合板
80mm×130mm・・・4枚
(引き出しの前面になる、木箱に貼る木材になります)

D 6mm厚板材
24mm×180mm・・・12枚


Dの細い板材はホームセンターのDIY木材コーナーにある6mm×24mmの細長い板材を使うと便利です♪

合板はホームセンターでカットしてもらっても良いですし、自分でノコギリや丸ノコでカットしても良いです。

※ちなみに私は丸ノコは持っていないので、手鋸かジグソーを使いますが、合板にジグソーはオススメできません。
切り口があまりキレイではないです(^-^;
(ちなみに今回は時間短縮のためジグソーを使いました笑)

では組み立てていきましょう♪

まず、材料ABCの塗装をします。
今回はセリアの水性塗料を使いました。
(容器が汚くてすみません^^;)

合板B3枚に、Cの細い板材を木工用ボンドで貼っていきます。
Cの板材は引き出しのレールの働きをします。

下の写真は側板となる2枚です。

Cの板材を貼る位置は、下の写真を参考にしてください。

今回は1番下の引き出しにはレールを付けないで作ります。

下から145mmのところに鉛筆で線を引いて、板材の上辺を合わせて貼ります。
片側は20mm開けます。
(20mm空けた側が引き出しの前面になります)

145mmの線から上に90mmのところ(下から235mm)に1枚、
さらに90mm上(下から325mm)に1枚貼ります。

上は35mm残ることになります。

中央の合板Bには、両面にCの板材を貼ります。

細い板材が固定できたら、合板AとBを組んでいきます。
側板と底板をビスで固定していきます。
ビスはスリムビス(呼び径3.3×30mm)を使っています。
下穴をあけてから打つと木割れしにくいのですが、
面倒な場合は、ビスを金槌で少し打って固定してから電動ドライバーで固定してください。

底板を固定したら、中央の仕切り板になる合板Bを固定します。
底板の中央は152mmです。
側板と中央の板の間は134mmになります。

中央に板がくるように、ビスを打つ前に鉛筆で縦に印を付けておきます。
そうすると、印を見て板を抑えながらビスを打つことができます。

底板と同じように天板もビスで固定します。

固定し終わったら、やすりがけをして表面を整えます。
やすりがけでエイジング加工もできます♪

こんな感じになれば、ほとんど完成です!

あとは、前回同様に木箱に板を貼って、塗装して、取っ手をつけるだけです♪

合板で組んだ外枠に引き出しを入れて、完成です(^o^)/

棚板のいらない引き出しなので、大きなものを入れたり、引き出しの位置で遊んでみたり、自由自在なシェルフになっています♪

私は板壁のところに置きたかったので、背板は付けなかったのですが、背板を付けても良いと思います。

A4のサイズになっているので、引き出しの木箱より奥行きがあるのですが、引き出しの前面に板を貼っているので、引き出しが奥に入ってしまうということもありません(^^)v
1番下にはレールを付けていないので、奥に入ってしまいますが…(o^^o)
それが気になる方は、1番下にもレールになる板を貼ってください♪

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!
みなさんのDIYの参考になればうれしいです(*^^*)


InstagramでもDIY作品を紹介しています♪

  • 84964
  • 1363
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード