古い農機具の処分方法・費用は?手間をかけずに安く処分する方法や買取サービスを紹介

古い農機具の処分方法はご存じですか? 農業に必要な農機具は、古くなり壊れてしまったり、農業をやめる場合に、どのように処分するのが賢い方法なのでしょうか。今回の記事は、古い農機具の処分の方法や費用など、農機具を正しく処分する方法を紹介します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 3292
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

古い農機具は無料回収してる?

出典: pixta.jp pixta.jp

古くなり動かなくなった農機具や、不用になった農機具の処分は、できるだけ費用をかけたくはありません。そこで、農機具は無料回収をおこなっているのでは? と考える方も多いはずです。

しかしながら、農機具を無料回収しているところは無く、動かなくなっている農機具などは、運搬や解体に費用がかかってしまいます

もし、まだ使用できる農機具であれば、知り合いの方に譲るなどの方法を考えてみましょう。

農機具の処分方法5選

古い農機具の処分にはどんな方法があるのでしょうか。おすすめの処分方法を5つ紹介します。

  1. 1.下取りする
  2. 2.農機具買取専門店に買取してもらう
  3. 3.JA(農協)で買取してもらう
  4. 4.鉄くず業者に引き取りしてもらう
  5. 5.不用品回収業者に依頼する

【1】下取りする

出典: pixta.jp pixta.jp

まず、新しく農機具購入を検討している方は、下取りを考えてみましょう。

農機具メーカーや、販売代理店などへ連絡をし、査定をしてもらいます。下取りが成立すれば、運搬の手間などを考える必要がなく、古い農機具を処分することができます。

しかし、下取りとなると、競合となる買取業者がいないため、見積額は低い傾向にあります。

メリット

デメリット

・手間をかけずに処分ができる

・見積額が低くなる傾向

【2】農機具買取専門店に買取してもらう

出典: pixta.jp pixta.jp

農機具を専門に買取をおこなっている業者があります。こういったサービスを利用するメリットは、相場に合わせた適正の価格で買取してもらえるとと、壊れたり、動かなくなった古い農機具も買取してもらえる場合があることです。

まずは問い合わせをし、査定をしてもらいます。電話、ネットで簡単無料査定をしているところもあり、事前におおよその見積もり額が分かります。

その際は、農機具のメーカや型番、年式などを把握しておくと、査定がよりスムーズです。出張料金が無料というところもあるため、業者を選ぶ際に確認し、比較検討してみましょう。

買取が成立すれば収入にもなりますし、買取の価格がつかない場合も、無料で引き取りしてくれる場合もあるため、農機具の処分は買取業者に相談するのがおすすめです。

しかし、農機具買取専門店で処分する方法はメリットしかないように感じますが、なかには買取が成立しても、支払いをしてもらえない、うその情報で安い見積額を出すなど、悪質な業者がいることもあり注意も必要です。

業者のHPなどで、「古物営業許可」を確認し、口コミなども参考にして選ぶようにしましょう。

メリット

デメリット

・適正価格で買取してもらえる ・古くなった農機具も買取してもらえる可能性がある

・悪質業者か見極める必要がある

【3】JA(農協)で買い取ってもらう

出典: pixta.jp pixta.jp

農業に必要な農薬や肥料などの資材、貯金や貸出など、幅広く農業に関することを取り扱っているJAは、農家と密な関係にあり、あらゆることをサポートしてくれます。

古い農機具も買取をおこなっており、農協のスタッフが査定に来てくれるため、手間をかけずに処分ができるメリットがあります。

ただし、中古の販売ルートをあまりもっていない、競合がいないなどの理由で、JAでの買取価格は期待できないところがデメリットでしょう。

メリット

デメリット

・手間をかけずに処分ができる

・買取価格に期待ができない

【4】鉄くず業者に引き取りしてもらう

出典: pixta.jp pixta.jp

壊れている、動かないなど、買取が難しい古い農機具は、残念ながら廃棄するしかありません。しかし、スクラップした農機具を鉄くずとして、買取してもらえる可能性があります。スクラップとは農機具を解体し鉄くずにすることです。

スクラップ業者に依頼をして、古い農機具をスクラップしてもらいます。そして、処理した鉄くずをスクラップ業者に買取してもらいます。

スクラップ業者までの運搬の手間や費用、スクラップ処理費用を考えると、鉄くずを買取してもらっても利益はあまり見込めない可能性もありますが、動かない古い農機具の場合には、処分方法の1つとして考えてみるのもいいですね。

【参考:日本鉄リサイクル工業会 / 価格推移表

メリット

デメリット

・農機具として価格がつかない場合も、鉄くずとして買取してもらえる可能性がある

・運搬に手間や費用がかかる ・スクラップ費用がかかる

【5】不用品回収業者に依頼する

出典: pixta.jp pixta.jp

古い農機具の処分を急ぎたい、農機具の他にも処分したいものがある場合などは、不用品回収業者へ依頼するのも手です。

ただし、「基本料金+農機具の処分代+出張料金などのオプション」となるため、他の処分方法より割高になる傾向があります。

また、不用品回収業のなかには、高額請求や不法投棄などをする悪質な業者もいるため、依頼する際は、しっかりと見極めて業者を選ぶ必要があります。

【参考:環境省/無許可の回収業者を利用しないように

メリット

デメリット

・急いで対応してくる ・農機具以外にもまとめて処分できる

・費用が高い傾向

古い農機具の処分にお困りなら業者に依頼しよう

出典:くらしのマーケット

古い農機具の処分に手間をかけずに済ませたいという人は、「くらしのマーケット」の利用がおすすめです。

古い農機具の処分から害虫駆除、水回りのトラブルまで、暮らしにまつわるサービスを掲載しており、さまざまな事業者の中から、口コミや料金で比較して気になったところを選ぶことができます。実際に利用したユーザーの声を参考にしながら事業者を選んで依頼することができるのがポイントです。

また、登録している事業者は全国にいるため、サービス毎の対応エリアが広いのも魅力の一つ。

古い農機具の処分にお困りの人は、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。

古い農機具の処分に関するQ&A

Q1. 壊れた農機具は買取してもらえる?

A. 壊れていたり、古い農機具も買取してもらえる可能性があります。

日本製の農機具は、丈夫で性能がいいため容易に直すことができたり、中古で農機具を購入する人は、メンテナンス前提で使用すると考えているところから、壊れている農機具も買取してもらえる可能性があります。また、壊れている農機具は、分解し海外に輸出するといったルートもあります。

Q2. 農機具は粗大ゴミで処分できる?

A. 農機具は粗大ゴミでは処分できません。

農機具はバッテリー、エンジンを搭載しているものが多く、解体に専門的な知識や技術が必要です。また、「適正処理困難物」の扱いのため、家庭用の耕うん機も含めて、自治体でおこなう粗大ゴミでの回収は受け付けていません。

処分に関するその他の記事もチェック

※記事内の情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年05月)に基づいたものです。
※画像の一部はイメージです。

  • 3292
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

不用品・遺品整理のデイリーランキング

おすすめのアイデア